記事内にプロモーションが含まれます

【原因と対処法あり】仕事がうまくいかない人の12個の特徴を紹介

困っている女性

「仕事がうまくいかない」「対処法が分からない」と、悩んでいませんか?

仕事を頑張っているのに、「いつも空回り」「仕事が遅い」といった悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?

この記事では、仕事がうまくいかない人の特徴、原因や対処法を紹介しています。

この記事を読めば、今抱えている仕事の悩みの原因や対処法が分かるようになり、悩みが解消できるかもしれません。身近に相談できない人には、無料相談ができる情報も載せていますので、ぜひ最後まで読んでいただけたら幸いです。

「プロモーション」
  1. 仕事がうまくいかない人の12個の特徴
    1. ①基礎的なことができていない
    2. ②整理整頓ができていない
    3. ③仕事の優先順位が分からない
    4. ④自分の役割がわかっていない
    5. ⑤周囲とコミュニケーションをとらない
    6. ⑥上司との関係がうまくいってない
    7. ⑦自分一人で考え込んでしまう
    8. ⑧他人と比べてしまう
    9. ⑨感受性が強く敏感な人
    10. ⑩生活習慣が乱れている
    11. ⑪時間にルーズ
    12. ⑫理想が高く完璧主義
  2. 仕事がうまくいかない悩みを紙に書き出してみましょう
  3. 仕事がうまくいかない原因と対処法
    1. ①経験不足
    2. ②体力不足
    3. ③些細なミスを繰り返す
    4. ④仕事が不得意な分野
    5. ⑤人間関係がうまくいかない
    6. ⑥職場環境が悪い
    7. ⑦仕事がいつもギリギリになる
    8. ⑧段取りよくできない
    9. ⑨完璧主義
  4. 仕事がうまくいかないときに試して欲しい5つの選択肢
    1. ①しっかり休息を確保する
    2. ②栄養のある食事をする
    3. ③趣味に打ち込む
    4. ④運動する習慣をつける
    5. ⑤「そんなもんだ」と割り切る
  5. 仕事がうまくいかないときに、やってはいけない5つのこと
    1. ①暴飲暴食
    2. ②プライベートでも仕事のことを考える
    3. ③自分を責める
    4. ④周囲に怒りをぶつける
    5. ⑤すぐに転職する
  6. 対処法を試しても仕事がうまくいかないときの2つの手段
    1. ①長期休暇を取る
    2. ②部署移動を申し出る
  7. どうしても仕事がうまくいかないときは転職を考える
  8. 【まとめ】仕事がうまくいかないときは、まずはエージェントに相談しよう

仕事がうまくいかない人の12個の特徴

仕事がうまくいかない人には12個の特徴があります。実際にどういった特徴があるのか以下で紹介します。

仕事がうまくいかない人の12個の特徴
  1. 基礎的なことができていない
  2. 整理整頓ができていない
  3. 仕事の優先順位が分からない
  4. 自分の役割がわかっていない
  5. 周囲とコミュニケーションをとらない
  6. 上司との関係がうまくいってない
  7. 自分一人で考え込んでしまう
  8. 他人と比べてしまう
  9. 感受性が強く敏感な人
  10. 生活習慣が乱れている
  11. 時間にルーズ
  12. 理想が高い

①基礎的なことができていない

仕事をはじめたばかりの人、仕事の基礎をおろそかにしている人は、仕事がうまくいかずミスが出やすいです。

仕事の基礎ができないままだと、周囲からも仕事ができない人と思われます。

②整理整頓ができていない

仕事がうまくいかない人の特徴として、整理整頓ができていないことが挙げられます。

整理整頓ができていないと、探し物をするときにすぐに見つけられず、無駄な時間を費やしてしまいます。

無駄な時間を無くさなければ、仕事ができない人と思われてしまいます。

③仕事の優先順位が分からない

仕事の優先順位が分からない人は、仕事がうまくいかないという特徴があります。

優先順位が分かっていないと、急ぎの仕事でも後回しにしてしまう可能性があり、ミスにもつながります。

④自分の役割がわかっていない

仕事がうまくいかない人は、自分の役割がわかっていない特徴があります。

役割とは、リーダー・サブリーダー・育成係・備品係などの、ポジションのことです。

仕事は協力し合って回すことが多いので、自分の役割が分かっていないと、仕事ができない人と思われます。

⑤周囲とコミュニケーションをとらない

仕事がうまくいかない人は、周囲とコミュニケーションをとらない特徴があります。

周囲とうまくコミュニケーションをとらないと、情報の共有ができず、ミスやトラブルに発展する可能性が出てきます。

⑥上司との関係がうまくいってない

上司との関係がうまくいっていないことも、仕事がうまくいかない特徴です。

上司に対して苦手意識があったり、相性が悪かったりすることもあるでしょう。

しかし、会社で働いている以上は上司との関係もうまくやらなければ、必要なときにサポートが受けられず仕事に支障が出ます。

⑦自分一人で考え込んでしまう

仕事がうまくいかない人は、自分ひとりで考え込んでしまう特徴があります。

自分ひとりで作業を終わらせようとしたり、問題が起きても自分ひとりで解決しようとしたりする人です。

結果的に仕事が片付けば良いですが、そうでなければ仕事がうまくいかない結果になります。

⑧他人と比べてしまう

仕事がうまくいかない人は、他人と比べてしまう傾向があります。

他人が褒められていたり業績が上がったりすると、自分は仕事ができていないと落ち込み、作業効率も落ちて仕事が手につかなくなります。

同僚の成績を見て、「どうすれば同僚と同じくらいに自分の成績が上がるのか」と考えるくらいであれば、仕事の効率が上がることもあります。

⑨感受性が強く敏感な人

感受性が強く敏感な人も、仕事がうまくいかない人の特徴です。

自分が原因ではないのに、自分を責めてしまう傾向が強く、仕事に支障が出てしまうケースです。

⑩生活習慣が乱れている

仕事がうまくいかない人は、生活習慣が乱れて、規則正しい生活をしていない特徴があります。

息抜きのために、飲酒や夜更かしをするのはストレス解消になりますが、体調を崩してしまうと仕事に悪影響が出ます。

⑪時間にルーズ

仕事がうまくいかない人は、時間にルーズな人も含まれています。

時間にルーズだと、決められた時間内に仕事が終わらず、周囲にも迷惑をかけてしまいます。周囲からは、仕事ができない人と判断されるでしょう。

⑫理想が高く完璧主義

仕事がうまくいかない人は、理想が高く完璧主義の人も含まれます。

理想が高いと、完璧にしようとして時間がかかり過ぎたり、周囲がついて来れなかったりします。

結果的に、仕事がうまく回らず、思い通りにもならなくて、モチベーションが下がるでしょう。

仕事がうまくいかない悩みを紙に書き出してみましょう

仕事がうまくいかない悩みを紙に書き出してみましょう

なぜ、仕事がうまくいかないのか、具体的に分からないと悩みは解決できません。

悩みを解決するために、、まずは自分の悩みを紙に書き出してみましょう。

紙に書き出すことで、自分の悩みが具体的になりますので、対策もたてやすくなります。

実際に書き出したら、次の章からその悩みの原因に対して対処法を紹介していますので、このまま読み進めてください。

仕事がうまくいかない原因と対処法

仕事がうまくいかない原因と対処法

仕事がうまくいかない自分の悩みを紙に書き出したら、その原因に対して対処法を見ていきましょう。

仕事がうまくいかない9つの原因と対処法
  • 経験不足
  • 体力不足
  • 些細なミスを繰り返す
  • 仕事が不得意な分野
  • 人間関係がうまくいかない
  • 職場環境が悪い
  • 仕事がいつもギリギリになる
  • 段取りよくできない
  • 完璧主義

①経験不足

「始めたばかりの仕事」「1つの仕事に時間がかかる」のは、経験不足が原因です。

対処法は、「業務内容を再確認」「分からないところを同僚に聞く」と、大体のことは解決できるでしょう。

意外と時間が解決してくれるケースもあります。

②体力不足

体力が不足していると、仕事にも支障が出てきます。身体的・精神的な負担も大きくなり悩む人も多いでしょう。

対処法は、日頃から運動する習慣をつけることです。たとえば、ウォーキングを1日30分するだけでも全然変わってきます。

運動する習慣を続けていくと、体力に余裕ができて仕事の効率も上がります。

ただし、いきなり激しい運動はしないことです。徐々に慣らしていき体力を付けていきましょう。

③些細なミスを繰り返す

些細なミスを繰り返す人は、なかなか改善できず悩みにつながります。

対処法は、「メモを取る」「なぜミスをしたのか考える」と、改善できるかもしれません。

メモを見ることで、忘れていた仕事に気付ければミスを防げます。

メモで解決しない場合、しっかりミスをした原因を考えて、対策を立てる必要があります。

対策を立てるときは、一人で考えないことがポイントです。「職場の人」「家族」「友達」に相談してみましょう。

④仕事が不得意な分野

たとえば、パソコン操作が苦手な人が、パソコンを使うお仕事をしている場合です。不得意なお仕事なので、大体うまくいきません。

対処法は、「自分に合ったお仕事を探すこと」が一番の解決策です。

ただし、何か事情があり、不得意なお仕事を続けているかもしれません。

その場合は、パソコン関連の本を読んだり、講座を受けたりして苦手分野を克服する方法もあります。

⑤人間関係がうまくいかない

人間関係がうまくいかないと、仕事がスムーズに行かず、ミスも増えますし報告も遅れて良いことはありません。

最悪な場合、居心地が悪くなり仕事を辞めたい気持ちになります。

対処法は、仕事の報告・連絡・相談を、しっかりすることです。些細なことでも報告するようにして、何かあったらすぐに相談してみてください。

しっかり報告などしておけば、周囲との連携も取れてきて、人間関係が良くなることもあります。

⑥職場環境が悪い

「協力する雰囲気がない」「悪口が多い」と、悩んでいる人は多いでしょう。

対処法は、すでに出来上がっている悪い環境なので、改善は難しいです。一人で頑張っても認められず、逆にターゲットにされます。

選べる選択肢は、そのまま我慢するか転職するかの二択です。

⑦仕事がいつもギリギリになる

スケジュール管理ができていないと、仕事が予定通り終わらず時間に追われることになります。繰り返し続いてしまうと、心身ともに疲れ果てるでしょう。

対処法は、カレンダーに記入・携帯アラームなどを活用することです。

カレンダーに記入することで、計画的に進められるところと、仕事が被らないようにできるメリットがあります。

携帯アラームは、仕事の予定時間が迫ったときに鳴りますので、余裕を持って設定しておけば、仕事がギリギリにならずに済むでしょう。

⑧段取りよくできない

目の前の仕事の優先順位が分からず、悩んでいる人も多いでしょう。

対処法は、「今やるべきか」「あとでやっても問題ないか」を考えることです。

中には判断が難しい場合もありますので、同僚や上司に相談して仕事を進めると良いでしょう。

⑨完璧主義

「責任感の強い人」「完璧でないと無理な人」に多く、やりすぎてしまうところで、悩んでいる人もいますでしょう。

対処法は、「完璧を目指さない」「100%の仕事をしない」ことです。

完璧にするのは素晴らしいですが、80%くらいでも問題ないので、慣れるまで繰り返してみましょう。

80%くらいで慣れてきたら、時間に余裕が持てるようになるので、他の仕事に時間を回すこともできます。

仕事がうまくいかないときに試して欲しい5つの選択肢

仕事がうまくいかないときに試して欲しい4つの対処法

仕事がうまくいかないときに、ぜひ試してほしい5つの選択肢がありますので、以下を見ていきましょう。

仕事がうまくいかないときに試す5つの選択肢
  • しっかり休息を確保する
  • 栄養のある食事をする
  • 趣味に打ち込む
  • 運動する習慣をつける
  • 「そんなもんだ」と割り切る

①しっかり休息を確保する

心身ともに疲れていると、作業効率も下がりますので、しっかり休息する時間が必要です。

休息をとることで、気持ちよく仕事ができて、作業効率も上がりミスも減ります。

②栄養のある食事をする

脳や身体に栄養が行き届いてなければ、良い仕事はできません。

日頃から栄養のある食事を心掛けることで、仕事がスムーズになることもあります。

③趣味に打ち込む

仕事で溜まったストレスを解消するために、趣味に打ち込むのは効果があります。

ただし、趣味に打ち込みすぎて体調を崩さないように、リフレッシュしましょう。

④運動する習慣をつける

運動する習慣とは言っても、ウォーキングで十分に効果は出ます。

ウォーキングをすることで、新陳代謝が良くなり健康にもつながります。

健康になってくると、体調も崩さなくなり、仕事にも集中できるようになるでしょう。

⑤「そんなもんだ」と割り切る

仕事がうまくいかないときは、「そんなもんだ」と割り切ると良いでしょう。

割り切ることができれば、次の仕事に移るときに引きずらなくて済みます。

仕事がうまくいかないときに、やってはいけない5つのこと

仕事がうまくいかないときに、やってはいけない5つのこと

仕事がうまくいかないときに、やってはいけないことが5つありますので紹介します。

やってはいけない5つのこと
  • 暴飲暴食
  • プライベートでも仕事のことを考える
  • 自分を責める
  • 周囲に怒りをぶつける
  • すぐに転職する

①暴飲暴食

仕事がうまくいかないときに、暴飲暴食する人は健康を害する可能性があります。

ストレス解消のために、飲みすぎる人や食べ過ぎる人は注意してください。

一時的なストレスは解消できても、身体的に不健康になると状況が悪化します。

②プライベートでも仕事のことを考える

プライベートの時間まで仕事のことを考えていると、良いアイデアも思いつきません。

良いアイデアは、ふと思い浮かぶものなので、仕事を忘れてリラックスできる時間を作りましょう。

③自分を責める

仕事がうまくいかないときに、自分を責めてしまう人は考え方を変えましょう。

まずは、仕事がうまくいかなかったときに「原因を突き止めよう」「詳しい人に相談しよう」「今できることはなんだろう」と、前向きな考え方にする必要があります。

④周囲に怒りをぶつける

仕事がうまくいかないときに、周囲に怒りをぶつけたくなる人もいるでしょう。

しかし、怒りを周囲にぶつけても事態は良くなりません。

さらに人間関係を壊す原因にもなりますので、まずは冷静になってから解決策を考えてみましょう。

⑤すぐに転職する

仕事がうまくいかないときに、転職が頭に浮かぶ人もいるでしょう。

まずは、冷静に考えてみて転職する必要があるのか、状況を整理してみてください。

対処法を試しても仕事がうまくいかないときの2つの手段

対処法を試しても仕事がうまくいかないときの2つの選択肢

これまで紹介してきた対処法でも、仕事がうまくいかない人は、以下の2つを試してみてください。

①長期休暇を取る

仕事がうまくいかないのは、仕事に対してプレッシャーや、ストレスが原因になっているかもしれません。

しばらく長期休暇をとり、仕事から離れて趣味に没頭したり、旅行にいったりしてリフレッシュすると良いでしょう。

長期休暇をとることで、心に余裕ができて現状をどうするべきか、考えることができるようになります。

②部署移動を申し出る

何をやっても仕事がうまくいかない人は、今の仕事が合っていない可能性があります。

可能であれば、直属の上司や人事部と相談して部署移動を申し出てみましょう。

環境が変わることで、本来の実力が発揮できることも考えられます。

どうしても仕事がうまくいかないときは転職を考える

すべて試しても仕事がうまくいかないときは転職を考えましょう

ここまで、すべて試しても仕事がうまくいかなかった人は、転職を考えても良いでしょう。

転職するメリットとしては、0からスタートできるので、自分に合った仕事なら評価も上がりやすいです。一方で、勤続年数がリセットされるので、退職金や企業年金が減ってしまうデメリットがあります。

さらに、仕事がうまくいかない原因が「物事にルーズ」「周囲とのコミュニケーションが苦手」といった性格的なものだと、転職をしても同じ状況になる可能性があります。

その状態では転職活動も難しいので、第三者の目線からアドバイスをもらった方が良いです。おすすめは、プロの転職エージェントに無料相談することです。仕事がうまくいかない悩みを親身になって一緒に考えてくれます。

【まとめ】仕事がうまくいかないときは、まずはエージェントに相談しよう

【まとめ】仕事がうまくいかないときは相談しよう

今日の記事では、仕事がうまくいかない人の特徴、原因と対処法を紹介しました。

本記事を通して、仕事がうまくいかない人の9つの原因が分かり、「経験不足」「人間関係」「仕事が合っていない」「自己管理ができていない」「職場環境」に対しての対処法も分かりましたね。

ご紹介した対処法でも改善しないときは、自分に合った仕事に、転職を考えるタイミングかもしれません。転職後は、0からスタートになるので、正当な評価が得られる可能性はあります。大変な部分はありますが、現状に限界を感じている人は、一つの選択肢として有効です。

身近に相談する人がいない人は、プロの転職エージェントが無料で受け付けているカウンセリングがありますので、転職を考えている人におすすめです。まずは、ご自分で対処できそうなところから始めてみてくださいね。

【関連記事】転職先の仕事についていけないと感じる3つのことと対処法5つを解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました