記事内にプロモーションが含まれます

介護職のストレス症状とは?ストレスが溜まると出る3つの症状や原因と3つの予防策なども解説

介護職のストレス症状とは?ストレスが溜まると出る3つの症状や原因と3つの予防策なども解説

介護職で働くとストレス症状が出る?

実際に介護職でストレスを抱えている人もいるでしょう。

本記事では、介護職でストレスが溜まると出る3つの症状や原因、ストレスを溜めない3つの予防策も解説しています。

介護職は、心の健康に気を配ることはとても大切です。この記事でストレス症状や原因と予防策の理解を深めていきましょう。

「プロモーション」

介護職でストレスが溜まると出る3つの症状

介護職でストレスが溜まると出る3つの症状

介護職は、多くの人たちが関わるお仕事のため、ストレスが溜まりやすいです。

まずはじめに、介護職でストレスが溜まると出る、3つの症状を解説していきます。

介護職でストレスが溜まると出る3つの症状
  1. うつ病
  2. 燃え尽き症候群(バーンアウト)
  3. 適応障害

①うつ病

うつ病は、気分が一日中落ち込んだり、何に対しても意欲がなくなったり、心や身体にさまざまな形で症状が出る病気です。

うつ病の主な症状は、「ボーっとする」「眠れない」「おっくうになる」などがあります。

ちなみに、うつ病になると「頑張ってね」などの応援する言葉が逆効果になるため、安心できるような言葉を選ぶことが大切です。

②燃え尽き症候群(バーンアウト)

燃え尽き症候群は、誰よりも頑張って働いていた人が、ある日を境に突然やる気が無くなり、無気力状態になる心の病です。

主な症状としては、「寝れない」「食欲がない」「やる気が出ない」などの症状があります。

燃え尽き症候群になると、仕事が手につかなくなり、そのまま仕事を辞める人も少なくありません。

③適応障害

適応障害は、職場の環境に慣れない人や一人でストレスを抱えている人で、その人にとって耐えがたい状況が続いたときに発症しやすいです。

適応障害の主な症状は、「緊張が高まり汗をかく」「どきどきする」「感情面の起伏が激しくなる」などの症状が出ます。

もし、適応障害になったら、まずストレスから離れることが一番の治療法です。

介護職でストレスが溜まる3つの原因

介護職でストレスが溜まる3つの原因

ここまでは、介護職でストレスが溜まると出る症状を見てきました。

続いては、ストレスになっている原因についても詳しく解説していきます。

介護職でストレスが溜まる3つの原因
  1. 人間関係に疲れた
  2. 人手不足で業務量が多い
  3. いつまでも給料が上がらない

①人間関係に疲れた

介護施設の人間関係には、上司や同僚だけでなく、利用者やその家族も含まれています。

現場によっては、「上司と合わない」「介護職員同士の派閥」や、「利用者や家族からのクレーム」などがあり、ストレスを感じる職員も少なくありません。

そのまま我慢して働き続けると、ストレス症状が出る可能性が高まります。

②人手不足で業務量が多い

介護施設では、慢性化した人手不足の現場も多くあります。

そのような現場で働いてしまうと、一人ひとりの介護職員の業務量が多いため疲れ果てます。

さらに、その状況が慢性的に続いてしまうと、現場職員のストレスが蓄積されていくでしょう。

③いつまでも給料が上がらない

介護職員の給料を上げるのは難しいでしょう。

というのは、介護施設が介護保険が適用されるサービスから介護報酬を得ているからです。

具体的には、利用者に提供した介護保険サービスに対して、国保連から介護報酬が支払われますが、利用者が利用する介護保険には上限が設定されています。

以上のように、介護保険制度が変わらなければ、介護職員の給料も上がらないでしょう。

介護職員がストレスを溜めない3つの予防策

介護職員がストレスを溜めない3つの予防策

ここまでは、介護職のストレスの原因を解説しました。

ここからは、介護職員がストレスを溜めない3つの予防策を解説していきます。

介護職員がストレスを溜めない3つの予防策
  1. 定期的にストレスチェックをする
  2. ポジティブに考える
  3. 転職も視野に入れる

①定期的にストレスチェックをする

介護職でストレスを溜めないようにするには、自分のストレスレベルを知ることが大切です。

というのは、自分でストレスの引き金となるものを、正確に把握するのは難しいからです。

もし、今ストレスを感じている人は、3分でストレスレベルが分かるチェック表があるため、下記から一度お試しください。

【3分で分かるストレスチェック記事】今さら聞けない介護職でもストレスチェックが義務化!?定期的にやっておくべき3つの理由を解説

上述のように、ストレスの原因を正確に把握し、どう対処するかを認識することが非常に重要になります。

②ポジティブに考える

介護職は、利用者の身体介助や栄養補給など多岐にわたり、決して楽な仕事ではありません。

しかし、介護職の仕事が社会に与える影響を考えれば、気持ちが楽になるでしょう。

今も高齢化が進んでおり、介護を必要とする人が増えています。子どもが高齢者の面倒を見なければならないケースも多いです。

もしそこで、介護職が高齢者の介護を引き受ければ、子どもは自分のやりたいことを続けられます。

このように、介護職は世の中の生活に大きな役割を担っているため、その貢献を意識すればポジティブになれるでしょう。

【ストレス解消法が分かる記事】介護職で人間関係が悪くなる3つの原因と私のおすすめストレス解消法も解説

③転職を視野に入れる

すぐにストレスが溜まる人は、転職を視野に入れるのも一つの選択肢です。

介護施設の多くは、慢性化した人手不足の現場も多いため、ストレスを溜めないようにしても余計にストレスが溜まることもあります。

そういった状況なら、他の職場に転職する可能性を検討して、今より良い労働環境に切り替えたほうが良いでしょう。

まとめ.介護職でストレス症状が出る前に予防しよう

本記事では、介護職の3つのストレス症状や3つの原因、ストレスを溜めない3つの予防策を解説しました。

介護職員のストレスが溜まりやすい背景には、職場で正当な評価を得られなかったり、自分の考えを無視されたりすることも挙げられます。

また、介護職は「人の役に立ちたい」思いから、身体的・精神的にもストレスの多い仕事をこなしています。そのため、日頃からストレスを軽減し、長く働けるように努めることが大切です。

知りたい内容関連記事(サイト内)
介護職のストレスに対して理解と対策が知りたい【まとめ】介護業界全体のストレスって?その理解と対策なども解説
介護職のストレスサインと向き合う方法を知りたい介護職員が病気になる前に気付くべき3つのストレスサインとストレスと上手に向き合う5つの方法や3つの原因も解説
介護職のストレスを相談できる窓口が知りたい介護職の現場でストレスを抱えているけど誰にも相談できない方に2つの相談窓口をご紹介
介護職でストレス解消法のアンケート調査が知りたい私が独自に介護職員18人に聞いたストレスを感じる瞬間やストレス解消法のアンケート調査を解説
介護職でストレスチェックをする理由が知りたい今さら聞けない介護職でもストレスチェックが義務化!?定期的にやっておくべき3つの理由を解説
介護職で良い人間関係の作り方とストレス解消法が知りたい介護職で人間関係が悪くてストレスになる3つの原因や良い人間関係の作り方と私のストレス解消法も解説
介護職でストレスが限界に達する前に対策が知りたい介護職で私がストレスで限界に達した3つの理由と3つのストレスサインやストレスを溜めない3つの対策を解説
おすすめの介護職の転職サイトが知りたい介護職の転職サイトおすすめ6選!求人サイトの特徴や選び方と求人数や対応エリアなどもご紹介
この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
ストレス介護職
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました