記事内にプロモーションが含まれます

無資格の方や未経験の方でも介護職員になれる2種類の研修とステップアップできる3種類も解説

無資格の方や未経験の方でも介護職員になれる2種類の研修とステップアップできる3種類も解説

「無資格で未経験だけど介護職員に種類とかあるの?」

こんなお悩みはありませんか?

はじめての人は、どんな種類があるのか分からないですよね。

本記事はこんな人におすすめ
  • 無資格・未経験でも介護職員になれるか知りたい方
  • 介護職員になれる種類の研修が知りたい方

本記事では、無資格・未経験から介護職員になれる2種類の研修を解説しています。

本記事で分かること
  • 無資格の方や未経験の方でも介護職員になれる2種類の研修が分かる
  • 介護職員になったあとで、そこからステップアップできる3種類も分かる

本記事を読むと、無資格・未経験からでもチャレンジできる種類が分かり、2種類のどちらかを取得すれば介護職員として働けるようになります。そこからステップアップできる3種類もご紹介しているため、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「プロモーション」

無資格・未経験から介護職員になれる2種類の研修

無資格・未経験から介護職員になれる2種類の研修

はじめに、無資格・未経験から介護職員になれる2種類の研修を解説していきます。

無資格・未経験から介護職員になれる2種類の研修
  1. 認知症介護基礎研修
  2. 介護職員初任者研修

順番に見ていきましょう。

①認知症介護基礎研修

無資格の方や未経験の方は、まずは難易度が低い、認知症介護基礎研修を取得すると良いです。

というのは、認知症介護基礎研修なら1日で取得できるため、すぐに働きたい方におすすめだからです。

就職先としては、おもに病院内で看護師の看護助手としてサポートや、患者さんの生活援助が中心のお仕事になります。

生活援助というのは、患者さんに直接触れることがない、シーツ交換や配膳などの業務です。

認知症介護基礎研修は、こちらの関連記事「介護職で無資格の人は働けなくなる?義務化された研修を受けるべきか解説」で申請方法などを解説しているため、よろしければご覧くださいね。

②介護職員初任者研修

介護施設で働きたい方は、介護職員初任者研修を取得しましょう。

その理由は、介護職員初任者研修を取得すれば、高齢者さんに直接触れられる身体介助ができるようになるからです。

介護施設では、おもに排泄介助・入浴介助・移乗介助など、高齢者さんに直接触れる場面が多いため必要な種類の研修になっています。

介護職員初任者研修を取得するには、約1ヶ月から4ヶ月はかかります。より詳しく知りたい方はこちらの記事「介護職員初任者研修とは?」をよろしければご覧ください。

介護職で実務経験を積んだらステップアップできる3種類

介護職で実務経験を積んだらステップアップできる3種類

続いては、介護職で実務経験を積んだ場合に、次にステップアップできる3種類も解説していきます。

介護職で実務経験を積んだ場合にステップアップできる3種類
  1. 実務者研修
  2. 介護福祉士
  3. 介護支援専門員

それぞれ見ていきましょう。

①実務者研修

実は、無資格・未経験の方でも、実務者研修を受けられます。

その先にある介護福祉士の国家資格まで考えている人は、最優先に取得しましょう。

実務者研修を取得すれば、介護福祉士の受験要件を満たし、サービス提供責任者としても活躍できます。

実務者研修を受けたい方は、こちらのスクール「ユースタイルカレッジ」がおすすめです。よろしければご覧ください。

②介護福祉士

介護現場で3年以上の実務経験を積んだら、受験要件のひとつを満たし、実務者研修を修了していたら受験資格が得られます。

国家試験は決して簡単ではありませんが、介護現場で働きながらコツコツ勉強をしていたら、合格できる可能性は十分にあります。

介護福祉士を取得すれば、役職手当てが支給されます。介護現場で努力が認められれば、管理者に抜擢されるケースも少なくありません。

もし転職することになっても、どの介護施設でも資格要件を満たせるため、転職活動を有利に進められます。

③介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護福祉士の国家資格を取得してから、介護職で5年の実務経験を積むと、介護支援専門員の受験資格が得られます。

介護支援専門員は国家資格ではないですが、試験問題は簡単ではありません。試験に合格したら実務研修を受けることで資格が交付されます。

おもな業務は、高齢者さんのためにご家族様を含め、介護職や看護職などの多職種が、スムーズに連携が取れるように調整します。あとは担当者会議で決まった内容を、ケアプランにまとめて作成していきます。

とても忙しいお仕事ですが、やりがいは十分にあるため、目指してみるのも良いでしょう。

まとめ.無資格・未経験から介護職員になれる2種類の研修を目指しましょう

本記事では、無資格の方や未経験の方でも介護職員になれる2種類の研修と、そこからステップアップできる3種類も解説しました。

介護職に興味があっても、無資格の方や未経験の方では、資格を取得するのに時間がかかります。

認知症介護基礎研修なら1日で取得できますが、介護職員初任者研修は数ヶ月後になります。

今は、働きながら介護職員初任者研修が取得できる「かいご畑 」などがあるため、最短で1ヶ月~4ヶ月くらいで取得が可能です。介護職に興味がある方はぜひ検討してみてくださいね。

介護職の関連記事をご紹介

介護職に関する情報をもっと知りたい方に、以下の関連記事をご紹介します。

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
介護職介護職員
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました