記事内にプロモーションが含まれます

介護職へ転職するなら今がチャンス!最短ルートで人手不足で狙い目の介護職に転職する2つの方法などを解説

介護職へ転職するなら今がチャンス!最短ルートで人手不足で狙い目の介護職に転職する2つの方法などを解説

「介護職は人手不足で狙い目なの?」

介護職に転職をお考えの方はいませんか?

現時点で、ほとんどの介護施設は人手不足で狙い目なのは間違いありません。私の介護施設でも人手不足のままです。

本記事はこんな人におすすめ
  • 無資格・未経験から介護職員になれるか知りたい方
  • 介護職に転職する時期や年代も知りたい方

本記事では、人手不足で狙い目の介護職員に最短でなる2つの方法を解説しています。

本記事で分かること
  • 無資格の方や未経験の方でも介護職員になれる2つの方法が分かる
  • 自分に合わせた転職時期や年代も分かる

本記事を読めば、無資格・未経験の方でも、不安なく転職できることが分かるようになります。ぜひ最後まで読んでみてから転職を考えてみてくださいね。

「プロモーション」

人手不足で狙い目の介護職員に最短でなる2つの方法

人手不足で狙い目の介護職員に最短でなる2つの方法

はじめに、人手不足で狙い目の介護職員に最短でなる2つの方法を解説していきます。

人手不足で狙い目の介護職員になるには?
  1. 介護施設で働きながら研修を受ける
  2. 介護職員初任者研修を取得する

それぞれ見ていきましょう。

①介護施設で働きながら研修を受ける

介護施設によっては、無資格・未経験の方でも採用してくれます。入社したあとは、介護職員初任者研修を受けるように言われるでしょう。

その理由は、介護施設側は人手不足のため、とにかく資格がなくても雇用して、雇用後に介護職員初任者研修を取得してもらう流れでも良いからです。

そういった介護施設を探すのが重要なポイントですが、人手不足の今なら見つけやすいでしょう。

介護施設で働きながら初任者研修を受ければ、仕事と学びを両立できるため、効率的に資格取得を目指せます。

実際に、介護現場で経験を積みながらスキルを向上させられるため、専門性を高められ実践的な学びを通じて、さまざまな課題に迅速かつ適切に対処する能力も養われます。

②介護職員初任者研修を取得する

介護職員初任者研修は、介護現場で働くときに必要な基礎知識やスキルを身につける研修です。

この介護職員初任者研修が必要な理由は、介護施設側が求めているのもありますが、ご自身が安心してお仕事に取り組めるようになることも含まれています。

このように、介護施設側が介護の基本的な知識や技術を習得している介護職員初任者研修を取得していると分かれば、最低限の採用基準を満たし、あとは面接時のあなたの印象などで採用が決まります。

まして、人手不足の介護施設なら介護職員初任者研修を持っているだけで優遇されるため、最優先で取得するべきと言っても良いでしょう。

もし、介護職員初任者研修をスクールで取得しようとする方は、受けるスクールによっては実質無料になるため、探してみてくださいね。

人手不足で狙い目の介護職に転職する時期は?

人手不足で狙い目の介護職に転職する時期は?

介護職へ転職を考えている方は、転職する時期が重要になります。人手不足が深刻化している狙い目の介護職では、転職のタイミング次第で良い条件で転職できる可能性があります。

続いては、人手不足で狙い目の介護職に転職する時期を3つ解説していきます。

人手不足で狙い目の介護職に転職する時期は?
  1. 賞与をもらったあとに合わせる
  2. 採用活動が活発な時期に合わせる
  3. 深刻な人手不足の介護施設ならいつでも

上記3つを見ていきましょう。

①賞与をもらったあとに合わせる

多くの企業が年末や夏季に賞与を支給するため、このタイミングの転職活動は資金面やキャリアの評価としても有利です。

転職時期では、賞与を受け取った後に転職活動を始めるケースと、賞与を受け取った翌月に退職するケースがあります。

前者では、賞与を受け取ったあとも退職するまでに数ヶ月かかります。後者では、賞与の受け取りに合わせて退職するため、退職日を参考に翌月から働ける人手不足の介護施設を探せます。

介護職に転職をされる方は、どちらも経済的な安定感があるため、今の会社で賞与がいつ支給されるのか調べてみて、1つの目安として転職活動を始めましょう。

②採用活動が活発な時期に合わせる

介護施設に限らず、新年度からスタートできるように、1月頃から採用活動が始まります。

この時期に合わせて転職活動を始めれば、人手不足の介護施設なら競争率は低いため、採用されやすく狙い目と言えます。

このタイミングで転職を考えている方は、4月から介護現場でスタートできるように調整が必要です。

③深刻な人手不足の介護施設ならいつでも

深刻な人手不足の介護施設では、いつでも求人情報が出ています。

このような介護施設の求人内容は、時期を問わず、給与や福利厚生などの待遇面も良好な場合が多く狙い目です。

介護職に転職を考えている人は、人手不足が深刻な介護施設を優先的に探すと良いでしょう。

人手不足で狙い目の介護職なら年代は気にしない

人手不足で狙い目の介護職なら年代は気にしない

本来なら、年代に応じて求められるスキルが違いますが、人手不足の介護職ではそこまでハードルは高くありません。

ここでは、人手不足で狙い目の介護職で年代が気になる方に向けて2つ解説していきます。

人手不足で狙い目の介護職で年代が気になる方
  1. 20代
  2. 30代~60代

上から順番に見ていきましょう。

①20代

20代の方が介護職に転職すると、若さを活かした働き方や自己成長できる将来性にも期待が持てます。

介護施設側は、その辺りのポテンシャルを重視して無資格でも採用する可能性が高いです。

また、20代から介護職で働くことで社会貢献にもつながり、良いキャリア形成になるでしょう。

②30代~60代

30代から60代の方が介護職に転職すると、これまでの経験を活かした働き方ができます。

この年代の方は、多くの人間関係やコミュニケーションを経験しているため、問題解決能力が高いです。

人手不足の介護施設では、多職種が連携して働いているため、コミュニケーション能力や問題解決能力が求められます。

この年代で、安定性を求めて再スタートやキャリアチェンジを考えている方は、介護職が自己実現できる場所になるかもしれないため、人手不足の介護施設に転職は狙い目と言えます。

まとめ.人手不足の介護職は狙い目です

本記事では、人手不足で狙い目の介護職に転職する2つの方法や、転職時期と年代も解説しました。

無資格・未経験の方でも、人手不足の介護施設なら採用してもらえる可能性が十分にあります。採用後に介護職員初任者研修を受けることになりますが、対して難しくないためご安心ください。

現職で働きながら、先に介護職員初任者研修を取得するのも良いです。

あとは、転職する時期を考えてスケジュールを組んでいけば、人手不足の介護職に転職できるでしょう。

介護職の関連記事をご紹介

介護職の関連記事のご紹介

介護職に関する情報をもっと知りたい方に、以下の関連記事をご紹介します。

知りたい内容関連記事(サイト内)
無資格から介護職員になるための研修が知りたい無資格の方や未経験の方でも介護職員になれる2種類の研修とステップアップできる3種類も解説
介護職員初任者研修を詳しく知りたいいまさら聞けない介護職員初任者研修とは?3つのメリットとステップアップする方法を解説
介護職員初任者研修を働きながら通信で取れないか知りたい介護職員初任者研修は働きながら通信でも取れる?スクールの選び方や4つの注意点を解説
履歴書に書く介護職員初任者研修の書き方が知りたいいまさら聞けない履歴書に書く介護職員初任者研修が分からない方に正しい書き方を解説
ハローワークで介護職員初任者研修が取れるか知りたいハローワークなら介護職員初任者研修が無料になる?求職者支援制度の活用や費用を抑える方法を解説
初任者研修の次の実務者研修も知りたい介護職の実務者研修の科目を免除できる?所持研修別に修了科目に認定されるか費用面も解説
介護職が向いているか知りたい介護職が向いている人の5つの特徴や性格は?向いていない人はどうしたらいいのか詳しく解説
おすすめの介護職の転職サイトが知りたい介護職の転職サイトおすすめ6選!求人サイトの特徴や選び方と求人数や対応エリアなどもご紹介
この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
介護職介護職員
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました