記事内にプロモーションが含まれます

パートから介護職の志望動機を書くポイントや2つの注意点と面接で押さえておく2つのポイントも解説

介護パートの志望動機を面接官に伝えるポイントや注意点、具体例も解説

パートで介護職で働きたいけど、志望動機が書けない

こんなお悩みはありませんか?

いざ志望動機を書こうとしても、具体的にうまく書けないですよね。

この記事では、介護パートで志望動機を書く4つのポイントや、注意点を解説します。

最後まで読めば、パートから介護職の志望動機が書けるようになるため、ぜひ介護パートを希望する方は最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

介護パートの志望動機を書く4つのポイント

介護パートの志望動機を書く4つのポイント

介護業界で介護パートの面接を受ける方は、以下の4つのポイントを含めて志望動機に書いてみてください。

介護パートの志望動機を書く4つのポイント
  • 面接官の視点で志望動機の文章構成を分かりやすく書く
  • 介護職に興味を持った理由を具体的に書く
  • 介護職で活かせる経験やスキル、実績を具体的に書く
  • 応募先の企業を選んだ理由を具体的に書く

面接官の視点で志望動機の文章構成を分かりやすく書く

介護パートの志望動機は、面接官に分かりやすい文章構成で書きましょう。

面接官に、やる気や仕事への気持ちを伝えるため、分かりやすい文章構成で書く必要があるからです。

書き方としては、最初に結論から書き、次に理由、そして具体例を書くと分かりやすくなります。

志望動機を書いたあとは、読みやすい文章構成になっているか、声に出して読んでみましょう。

介護職に興味を持った理由を具体的に書く

なぜ介護職に興味を持ったのか、具体的に理由を書きましょう。

興味を持った背景や理由を志望動機に書ければ、面接官に介護に対する関心や熱意が伝わり、説得力のある志望動機になるからです。

例えば「身内に介護が必要な親がいる」や、「職場体験で自分も利用者さんを支援したい」などが挙げられます。

以上のように、介護職に興味を持った具体的な理由を書ければ、面接官に熱意が伝わり採用率を上げられます。

介護職で活かせる経験やスキル、実績を具体的に書く

介護パートの志望動機は、介護職に活かせる経験や実績を、具体的に書くのがポイントです。

志望動機に経験や実績を具体的に書ければ、面接官が採用後のイメージができるため、即戦力として歓迎される可能性が高まります。

おすすめは過去のエピソードです。経験や実績にまつわる過去のエピソードを、具体的に伝えると良いでしょう。

このように、経験や実績を過去のエピソードとして具体的に書ければ、面接官が採用後のイメージがしやすくなるためおすすめです。

応募先の企業を選んだ理由を具体的に書く

介護パートの志望動機に、なぜその企業を選んだのかを、具体的に書けると良いでしょう。

応募先の求人に合致している内容があれば、それが企業を選んだ理由として書けますが、具体的に書けると尚良いです。

具体例として、「9時~12時まで」などを具体的に書くと、子育てと家事が両立しやすい理由として書けます。加えて、自分の経験や実績なども、活かせる部分を書いておくと良いでしょう。

上記のように、企業を選んだ理由を明確に志望動機に書ければ、面接官にやる気がある人だと印象が残ります。

介護パートの志望動機で注意する2つのポイント

介護パートの志望動機で注意する2つのポイント

介護パートの志望動機の内容で、注意する2つのポイントがあるため、それぞれ解説していきます。

介護パートの志望動機で注意する2つのポイント
  • 給料面や家から近いなどの理由は避ける
  • 前職の不満は書かない

給料面や家から近いなどの理由は避ける

介護パートの志望動機には、給料面や家から近いなどの理由は避けましょう。

というのは、面接官にマイナスイメージを与えてしまう可能性があるからです。

例えば、志望動機が「給料が良い」「家から近い」などが挙げられますが、面接官から「給料面や家が近ければ、どこの会社でも良いのだろう」と採用に影響が出る可能性があります。

以上を踏まえて、志望動機を書く内容に給料面や家から近いなどの理由は控えましょう。

前職の不満は書かない

履歴書に書く志望動機には、前職の不満は書かないようにしましょう。

面接官にマイナスな部分を伝えてしまうと、「採用しても同じように不満を持つかもしれない」と思われる可能性があるからです。

志望動機だけでなく、面接で退職理由を聞かれても、前職の不満を言わないようにしましょう。

上述のように、志望動機に書くときや面接で退職理由を聞かれても、ポジティブな内容に変えて伝えましょう。

介護パートの面接で押さえておくべき2つのポイント

介護パートの面接で押さえておくべき2つのポイント

ここからは、介護パートの面接を受けるときに、押さえておくべき2つのポイントを解説していきます。

介護パートの面接で押さえておくべき2つのポイント
  • 清潔感のある服装にし、身だしなみも整える
  • 明るい声ではっきりと目を見て受け応えをする

清潔感のある服装にし、身だしなみも整える

介護パートの面接も一発勝負です。そのため第一印象が重要と言えます。

介護の世界では、清潔感のある服装や身だしなみが大切であるため、面接官から見られます。

例えば、スーツ以外で受ける方、香水をつけて受けている方は、面接官からマイナスに見られている可能性が高いです。

介護の世界では、とくに清潔感のある服装や身だしなみに厳しいため、あてはまっている方は気を付けましょう。

明るい声ではっきりと目を見て受け応えをする

面接官との受け答えでは、明るい声ではっきりと目を見て答えましょう。

介護職では、コミュニケーションが重視されるため、あなたの明るさやはっきり受け答えができるか見られています。

もし、面接でコミュニケーションに問題があると思われたら、採用は難しくなるでしょう。

そうならないように、面接官との受け答えでは自信を持って挑みましょう。

まとめ:介護パートの志望動機も具体的に書きましょう

この記事では、介護パートの志望動機の書き方と、2つの注意点を解説しました。

今日のまとめです。

未経験の方や復帰される方などさまざまですが、志望動機を具体的に書ければ面接官により伝わります。実際の面接では、明るい声で面接官の目を見てはっきり受け答えをしましょう。

以下は、介護職の志望動機に関する記事をまとめていますので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

>>【まとめ】介護職の志望動機が思いつかない!2つの対処法や4つのポイント、注意点なども解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
介護職志望動機
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました