記事内にプロモーションが含まれます

20代が海外で転職活動する3つの理由とは?海外で転職を成功させる3つのポイントも解説

20代が海外で転職活動する3つの理由とは?海外で転職を成功させる3つのポイントも解説

「20代のうちに海外で仕事がしたい」

海外で転職活動を考えていませんか?

筆者も一度は、海外で仕事をしてみたいと思ったことがあります。

本記事では、20代が海外で転職活動する3つの理由を解説しています。

本記事を読めば、20代が海外で転職を成功させる3つのポイントが分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

20代が海外で転職活動する3つの理由とは?

20代が海外で転職活動する3つの理由とは?

はじめに、20代が海外で転職活動する3つの理由を解説していきます。

20代が海外で転職活動する3つの理由
  1. 海外で働きたい
  2. 海外で英語を身に付けたい
  3. 海外でキャリアを積みたい

①海外で働きたい

海外で働きたい理由では「自己成長のため」「異文化人と働きたい」などの、海外で働くことに関心を持つ人も多くいます。

実際に、海外で働いている日本人が増えているのは事実です。

しかし、海外で働くにはある程度の英語力がなければ、コミュニケーションが上手く取れず長続きしません。

それらを踏まえて、海外で転職活動する人は、ある程度の英語力を身に付けておく必要があります。

②海外で英語力を身に付けたい

20代の若さを活かして海外で英語を覚えようとすると、個人差はありますが3年も経てば英語力が身に付きます。

その理由は、日常的に英語のコミュニケーションがある海外なら、英語力の上達が早くなるからです。

もし、海外で転職活動をする人は、事前に英会話で学習しておくと良いでしょう。

事前に学習しておけば、日常レベルの英語力が身に付くため、海外で活動するときに早く馴染めます。

③海外でキャリアを積みたい

海外でキャリアを積んで「英語力が必要な仕事に活かしたい」と考える方もいますよね。

海外では、日常から英語を使いコミュニケーションをとります。

そのため、日本での暮らしと違い育った環境や文化も違うため、すべての経験が自分自身のキャリアアップにつながります。

20代のうちに海外で転職活動を成功させる3つのポイント

20代のうちに海外で転職活動を成功させる3つのポイント

続いては、20代のうちに海外で転職活動を成功させる、3つのポイントを解説していきます。

20代のうちに海外で転職活動を成功させる3つのポイント
  1. 会話レベルの英語力を身につける
  2. ある程度の実績を積んでいる
  3. 求人募集のタイミング

①会話レベルの英語力を身につける

20代のうちに、日本で会話レベルの英語力を身につけておきましょう。

というのは、海外で転職活動をするときに、ある程度の英語力が必要だからです。

実際に海外の面接で内定を狙うためには、会話レベルの英語力だけでなく、熱意やジェスチャーも上手く使います。

上述のように、ただ英語がしゃべれるだけでは、海外の面接を突破するのは難しいため、熱意とジェスチャーも交えてアピールしましょう。

②ある程度の実績を積んでいる

ある程度の実績を積んでおくと、海外で面接するときに印象は良くなるでしょう。

例えば、社会経験を積んでいる実績や、過去に海外インターンの実績などがあります。

過去に海外でインターン経験がある人なら、その企業で良い評価を受けていれば、採用される可能性が高くなるでしょう。

③求人募集のタイミング

海外に向けた転職活動も、求人募集のタイミングが良ければすぐに決まります。

そのため、こまめに求人情報をチェックしておく必要があります。

いつ求人募集が見つかってもいいように、海外向けの応募書類や面接対策もしておきましょう。

20代のうちに海外で転職活動が成功するとどうなる?

20代のうちに海外で転職活動が成功するとどうなる?

ここでは、20代のうちに海外で転職活動が成功すると、どうなるのか解説していきます。

20代のうちに海外で転職活動が成功するとどうなる?
  1. 視野が広がる
  2. ネイティブな英語力が身につき自信がつく
  3. 英語を使う仕事に就職、転職しやすい

①視野が広がる

20代のうちに海外でキャリアを積むと、考え方や知識の幅が広がり、多方面から物事をみる力も早く身に付きます。

というのは、海外でも自分と違った意見が多く存在するため、他人に対して偏見や考え方も受け入れられるようになるからです。

具体的には、他人に対して偏った見方や思い込みが少なくなるため、物事や自分の置かれている状況を的確に判断ができるようになります。

このように、転職活動が成功すると、20代のうちに海外でキャリアを積めて視野も広がり、大きく自己成長を遂げられるでしょう。

②ネイティブな英語力が身につき自信がつく

海外での経験は、自分自身の市場価値を大きく変化させるため、英語力が身に付き自信が持てるようになります。

その理由は、実際に英語力が必要な環境の中で、積み上げられた経験は自分自身の自信につながるからです。

ちなみに、英語力に自信がつくと、ネイティブな英語のコミュニケーションが楽しめるようになります。

ゆえに、英語力を求める企業に対しても、自信を持って自己アピールできるでしょう。

③英語を使う仕事に就職、転職しやすい

海外の経験は、グローバル企業などに評価されやすいため、就職や転職できる可能性が高くなります。

例えば、英語の先生や講師としても目指せるため、仕事に就ける幅も広がります。

以上のように、英語を使う仕事なら海外で身に付けた経験を武器に、転職活動を有利に進められるでしょう。

英会話を身に付けたい方におすすめのスクール

英会話を身に付けたいと考えている方は、筆者が確認済の「NOAH Online English Lesson」がおすすめです。

自分のレベルに合わせて4つのコースから選び、自分のペースで学習ができます。

まずは無料体験から始めて、どんな様子か見てから決めると良いでしょう。

詳しくは、以下からスクールのサイトが見れますので、ご自分の目で確かめてみてくださいね。

>>無料体験はこちらから

まとめ.20代のうちに海外で転職活動を始めよう

本記事では、20代が海外で転職活動する3つの理由と、海外で転職を成功させる3つのポイントなども解説しました。

海外で転職活動を成功させると、海外で実績が積めるためネイティブな英語力が身に付きます。

正直なところ海外の面接では、ある程度の英語力や熱意と、ジェスチャーでなんとかなるケースもあるため、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

【関連記事】NOAH Online English Lessonの評判は?サービス内容やレッスン開始からの流れなども解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました