記事内にプロモーションが含まれます

転職活動で迷ったらとりあえず応募するのが正解!3つのメリットやデメリットと3つの注意点も解説

転職活動で迷ったらとりあえず応募するのが正解!3つのメリットやデメリットと3つの注意点も解説

「気になる企業に応募するか迷っている」

こんなお悩みはありませんか?

気になる企業を見つけたら、つい保留にしてしまいますよね。

本記事では、転職活動でとりあえず応募する、3つのメリットなどを解説しています。

本記事を読めば、とりあえず応募する3つの注意点も分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

転職活動で迷ったらとりあえず応募するのが正解

転職活動で迷ったらとりあえず応募するのが正解

転職活動では、少しでも気になる企業を見つけたら、とりあえず応募するのが正解です。

とりあえず応募する理由は、自分に合うかもしれない企業の募集が、すぐに終了してしまう可能性があるからです。

他にも、とりあえず応募してみないと、何も始まらないというのもあります。

このように、転職はタイミングもあるため、応募するチャンスがあったら積極的に応募していきましょう。

転職活動でとりあえず応募する3つのメリット

転職活動でとりあえず応募する3つのメリット

続いては、転職活動でとりあえず応募する、3つのメリットを解説していきます。

転職活動でとりあえず応募する3つのメリット
  1. 採用されるチャンスにつながる
  2. 選考や面接になれる
  3. 採用される人の傾向と相性がわかる

①採用されるチャンスにつながる

転職活動では、気になる企業を見つけたら、とりあえず応募を強くおすすめします。

というのは、とりあえず企業に応募すれば、採用されるチャンスにつながるからです。

実際に応募しなければ、採用されるチャンスはありません。

以上のように、少しでも企業に興味があれば、とりあえず応募してみると良いでしょう。

②選考や面接になれる

転職活動で応募回数を重ねると、選考や面接に慣れてきます。

その理由は、選考や面接に慣れてくると、自分の本来の力を発揮できるようになるからです。

具体的には、選考基準が見えてきたり、面接時の受け答えがスムーズになったりします。

このように、とりあえず企業に応募すると、選考や面接にも慣れてくるため、内定をもらえる可能性が高くなります。

③採用される人の傾向と相性がわかる

とりあえず応募を続けると、採用される人の傾向や相性が分かるようになります。

応募を続ける理由は、採用される人の傾向や相性が分かれば、応募先の内定率を高められるからです。

さらに、採用側の視点が見えてくれば、企業対策もスムーズにできるようにもなります。

以上のように、とりあえず応募すると、転職活動ではさまざまなメリットが得られます。

転職活動でとりあえず応募する3つのデメリット

転職活動でとりあえず応募する3つのデメリット

ここでは、転職活動でとりあえず応募する、3つのデメリットを解説していきます。

転職活動でとりあえず応募する3つのデメリット
  1. 複数の応募書類が必要になる
  2. スケジュール管理が必要になる
  3. 不採用でモチベーションが下がる可能性がある

①複数の応募書類が必要になる

とりあえず応募したい企業が複数ある人は、企業別に応募書類を揃える必要があります。

その理由は、企業によって応募書類が違うからです。

具体的には、例えば履歴書の志望動機や、企業に合わせた職務経歴書の作成が必要になります。

このように、複数の応募書類を揃えるには、手間と時間が必要になる点がデメリットです。

②スケジュール管理が必要になる

転職活動で企業に応募する数が増えてくると、スケジュール管理が必要になります。

というのは、他の企業との面接日に、被らないようにする必要が出てくるからです。

もし、他の企業と面接日が被ってしまうと、どちらか一方をキャンセルすることになります。

そうならないためにも、スケジュール管理が求められますが、応募数が多くなると大変になる部分がデメリットです。

③モチベーションが下がる可能性がある

とりあえず応募を続けていると、モチベーションが下がる可能性があります。

モチベーションが下がる理由は、応募した数が多いほど、不採用になる回数も多くなるからです。

実際に不採用が続くと、メンタルが弱い人は、とりあえず応募するのが苦痛に感じてきます。

以上を踏まえて、メンタルが弱い人はモチベーションが下がらないように、応募する間隔を空けて転職活動を進めると良いでしょう。

転職活動でとりあえず応募する3つの注意点

転職活動でとりあえず応募する3つの注意点

転職するために、とりあえず応募するときにも、社会人としてのマナーは守りましょう。

具体的には、応募書類や企業研究など、企業ごとにしっかり取り組むことです。

ここからは、転職活動でとりあえず応募する、3つの注意点を解説していきます。

転職活動でとりあえず応募する3つの注意点
  1. 応募条件を満たしていなかった
  2. 応募書類や企業研究がおろそかになる
  3. 面接で受け答えができない

①応募条件を満たしていなかった

転職活動では、企業の応募条件を確認してから応募しましょう。

応募条件を確認する理由は、そもそも応募条件を満たしていなかったら、応募した意味がないからです。

具体的には、資格要件や実務経験などが挙げられます。

上記のように、応募条件を満たしていなかったら、応募書類を作成した手間と時間が無駄になるため、必ず応募条件を確認しておきましょう。

②応募書類や企業研究がおろそかになる

転職活動に慣れてくると、応募書類や企業研究がおろそかになってきます。

というのは、複数の企業にとりあえず応募した結果、応募書類や企業研究の内容が薄くなるからです。

ちなみに、採用担当者は内容の薄い応募書類を見抜きます。

以上のように、複数の企業に応募するのは有効ですが、応募書類や企業研究の内容がおろそかになると、採用のチャンスを逃す可能性があるため注意が必要です。

③面接で受け答えができない

とりあえず応募しても、面接で受け答えができなかったら良い結果は期待できません。

その理由は、本番の面接で受け答えができないと、不採用になる可能性が高いからです。

一例を挙げると、「企業を選んだ理由」や「転職する理由」などがあります。

以上を踏まえて、とりあえず応募したら企業に合わせて面接対策を考えておきましょう。

まとめ.転職活動で迷ったらとりあえず応募しよう

本記事では、転職活動で迷ったらとりあえず応募する、3つのメリットやデメリットと3つの注意点を解説しました。

転職活動では、良さそうな応募を見つけても、つい保留にしてしまいます。その度に採用のチャンスを逃している可能性は高いです。

そうならないように、もし気になる企業を見つけたら、とりあえず応募をしてから考えてみてください。

【関連記事】転職活動で1社目が内定しても続ける3つの理由と必ず確認する3つのポイントなどを解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました