記事内にプロモーションが含まれます

駆け出しWebライターから経験者までを対象におすすめのクラウドソーシング24社を5つに分けて解説

駆け出しWebライターから経験者までを対象におすすめのクラウドソーシング24社を5つに分けて解説

「クラウドソーシングを教えて」

こんなお悩みを抱えていませんか?

クラウドソーシングでお仕事を探したいけど分からないですよね。

本記事では、すべてのWebライターにおすすめのクラウドソーシングを多数紹介しています。

本記事を読めば、自分に合ったクラウドソーシングが分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

駆け出しWebライター向けクラウドソーシング7選

駆け出しWebライター向けクラウドソーシング7選

はじめに、駆け出しWebライター向けの、クラウドソーシング7選を解説していきます。

駆け出しWebライター向けのクラウドソーシング7選
  1. クラウドワークス
  2. ライターステーション
  3. ママワークス
  4. 在宅ワークス
  5. REPO
  6. WorkAnyPRO
  7. シュフティ

①クラウドワークス

クラウドワークスは、業界No.1の登録ユーザー数480万人以上が利用する、最大手のクラウドソーシングです。

大企業をはじめ利用企業は78万社以上あり、カテゴリーは200種類以上の中からお仕事を選べる特徴があります。その他、下記に依頼形式などを表でまとめています。

依頼形式システム利用料
プロジェクト(固定報酬制)
プロジェクト(時間単価制)
コンペ
タスク
「10万円以下」の部分:契約金額の20%
「10万円超20万円以下」の部分:契約金額の10%
「20万円超」の部分:契約金額の5%

ちなみに、クラウドワークスではWebライター検定1~3級まで受けられます。その中でWebライター3級は無料で受けられるため、まずは気軽に受けてみるのも良いでしょう。


Webライター検定があれば、企業からオファーが増えたり報酬単価が上がったりします。

以上のように、駆け出しライターや初心者の方の利用が多いため、クラウドソーシングに迷ったらクラウドワークスに登録しておくと良いでしょう。

公式ページはこちら⇒クラウドワークス

②ライターステーション

ライターステーションは、在宅で執筆できるライターを募集しているクラウドソーシングです。

ライターステーションでは、記事を書きたい意欲のある人なら、未経験の人でも編集部がサポートしてくれるため楽しみながら稼げます。

ちなみに、仕事は直接発注になるため、執筆依頼が途切れる心配はありません。

腕に自信のある経験者は、単価の高い仕事もあるため応募してみてください。

③ママワークス

ママワークスは、主婦のために在宅ワークのお仕事を紹介しています。

ママワークスでは「自分に合ったペースで在宅から働ける」「初めてでも安心!未経験OK」など、ママさんが働きやすい内容になっているところが特徴です。

また、ママさんに紹介できる求人数の多さや、スキマ時間でも仕事が多数あります。加えて在宅ワークを始めるための機能も充実しているのも人気の理由です。

ちなみに、ママではなくても利用できるため、お仕事をお探しの方は登録しておきましょう。

④在宅ワークス

在宅ワークスは、自宅で稼げるお仕事を紹介しています。

在宅ワークスでは、毎月数千円から数万円を稼げる案件を、多数取り揃えているのが特徴です。

主な仕事の種類は、ライティング・文章作成、データ入力・修正や文字起こしなどがあります。

また、応募時に熱意とやる気を伝えることで、優先的にお仕事を提供してもらえるため初心者におすすめです。

⑤REPO

REPOは、PCやスマホからでもライティングができる、クラウドソーシングサービスです。

REPOでは、17万人の会員が活躍しており、初心者からでも歓迎しています。また記事の修正ポイントもサポートしてくれるため、次の記事作成に活かせます。

また、多彩なジャンルの案件が多数あるため、自分の好きな案件に募集が可能です。

お小遣い稼ぎがしたい方やガッツリ稼ぎたい方は、登録しておきましょう。

⑥WorkAnyPRO

WorkAnyPROは、職種やスキルを登録するだけで、副業が探せるマッチングプラットフォームです。

WorkAnyPROでは、手数料が無料のため安心してお仕事ができる特徴があります。

加えて、案件の中には直接契約も可能な企業があるため強くおすすめです。

実際に記事の受注では、分かりやすく「初級」「中級」「上級」と案件に表示されているため、初心者でも見つけやすい設計になっています。

⑦シュフティ

シュフティは、株式会社うるるが運営する、スキマ時間に自分のペースで仕事ができる会社です。

シュフティでは、主婦の在宅ワーカーさんが多数活躍している特徴があります。

在宅ワークが初めての人も歓迎しており、簡単なアンケートのお仕事も取り扱っています。

このように、スキルも不要で1日10分程度のお仕事があるため、無理なく始めることが可能です。

フリーランス向けWebライターおすすめクラウドソーシング4選

フリーランス向けWebライターおすすめクラウドソーシング4選

次に、フリーランス向けWebライターにおすすめの、クラウドソーシング4選を解説していきます。

フリーランス向けのクラウドソーシング4選
  1. 複業クラウド(旧アナザーワークス)
  2. クラウドテック
  3. ワークシップ
  4. Anycrew

①複業クラウド(旧アナザーワークス)

複業クラウドは、副業やフリーランスのための、求人検索と仕事探しに特化したマッチングプラットフォームです。

複業クラウドでは、手数料が無料で企業とのやり取りができる特徴があります。

また、企業との直接契約ができるため、フリーランスのWebライターにおすすめです。

お仕事探しに困っている方は、求人検索と仕事探しに特化した複業クラウドで探してみましょう。

②クラウドテック

クラウドテックは、エンジニアやデザイナーを中心とした、フリーランスエージェントサービスです。

クラウドテックでは、圧倒的な登録数72万社と、豊富に案件がある特徴があります。

さらに、登録された方に対して個別にサポートしているため、企業に言いづらい悩みを聞いてくれたり交渉をしてくれたり、クラウドテックが間に入り対応してくれます。

ちなみに、契約締結や案件提案などは、すべてオンラインで完結できるのも強みです。

③ワークシップ

ワークシップは、フリーランスや副業向けのマッチングサービスです。

ワークシップでは、リモート案件が週1日から可能なお仕事があり、柔軟な案件が豊富にあるのが特徴です。

さらに、公式アプリもリリースされているため、「App Store」と「Google Play」ともにダウンロードできます。

また、案件が成約時にお祝い金などもあり、賠償責任保険も無料でついているため、安心してお仕事ができるのが強みです。

④Anycrew

Anycrewは、仕事で人脈を活かしたフリーランスや副業でマッチングできるサービスです。

Anycrewでは、Facebookアカウントがあれば、すぐにでも始められます。

サービスの特徴は、リモートや在宅からでもお仕事があり、週1からの副業も可能です。

加えて、ITコンサル系の高単価の案件も取り扱っているため、興味のある方は応募してみるのも良いでしょう。

好きなジャンルで執筆したいWebライターにおすすめクラウドソーシング5選

好きなジャンルで執筆したいWebライターにおすすめクラウドソーシング5選

続いては、Webライターが好きなジャンルで執筆できる、クラウドソーシング5選を解説していきます。

好きなジャンルで執筆できるクラウドソーシング5選
  1. クラウディア
  2. ココナラ
  3. ランサーズ
  4. EDILENT
  5. ビズシーク(Bizseek)

①クラウディア

クラウディアは、会員数100万人以上の日本最大級のクラウドソーシングです。

クラウディアでは、業界最低水準の手数料(3%)で、シーン別で選べる多彩な取引ができる特徴があります。

シーツ別の取引形式システム利用料仮払いシステム
タスク
コンペ
プロジェクト
時間制
「1円~5万」の部分:15%
「5万1円~10万円」の部分:10%
「10万1円~100万円」の部分:5%
「100万1円以上」の部分: 3%
時間制の場合:一律10%
あり

取引にかかる手数料は、ライターの報酬から引かれますが、高いところで約20%引かれます。

公式ページはこちら⇒日本最大級クラウドソーシング クラウディア

②ココナラ

ココナラは、個人の知識やスキル、経験を可視化して必要とする人に繋げるプラットフォームです。

ココナラでは、いろいろなスキルを持った専門家が、個人同士で受発注ができるのが特徴です。

サービス利用料
「1円〜5万円以下」の部分:手数料27.5%
「5万円超〜10万円以下」の部分:手数料22%
「10万円超〜50万円以下」の部分:手数料16.5%
「50万円超」の部分:手数料11%

ココナラなら、募集している案件に応募したり、記事を書いて欲しい人を探したりすることができます。ちなみに自分で募集をかけるときは、紹介文を丁寧に書くのがポイントです。

公式ページはこちら⇒TVCMで話題のココナラ

③ランサーズ

ランサーズは、経験豊富なプロに直接頼めるマーケットのクラウドソーシングです。

ランサーズでは、350種類以上のカテゴリーの中からお仕事を選べる特徴があります。

依頼方式サービス利用料ランク制度
プロジェクト
コンペ
タスク
求人
・金額が20万円超部分について・・・5%
・ 金額が10万円超~20万円以下の部分について・・・10%
・ 金額が10万円以下の部分について・・・20%
認定ランサー
シルバー
ブロンズ
レギュラー

上記のランク制度は、活動実績を積み重ねていくとバッジが付与されます。このバッチは信頼度にもなるため、認定ランサーを目指すWebライターも多いです。

④EDILENT

EDILENTは、得意なジャンルや分野で稼ぎたいライターと、編集者専門のお仕事マッチングプラットフォームです。

EDILENTでは、自分の業務経験や職歴、資格やスキルなど幅広くプロフィール機能に登録できます。

お仕事の内容は、記事の編集やライティングに関するものまで様々です。

依頼形式依頼内容
オファー
公募広告
ネーミング・キャッチコピー、紹介文・説明文
商品カタログ、コラム・マガジン、メールマガジン
レポート、How to記事、SNSテキスト
プレスリリース、ニュース記事、ホワイトペーパー・DL資料
ビジネス資料、マニュアル・説明書

上記の公募広告は、Webライターが公募にエントリーして、クライアントが指名してから発注します。

オファーでは、クライアント側がライターを探すため、ポートフォリオがあれば直接指名をされやすいです。

⑤ビズシーク(Bizseek)

ビズシークは、システム手数料が業界最安のクラウドソーシングサービスです。

ビズシークでは、ライター側は自分のやりたい仕事を提案して、採用されるのを待ちます。

ちなみに、仕事の見積もりや発注、決済までインターネット上で完結できるため、効率よく手続きが可能です。

また、お仕事は自分の得意な案件も見つけられるため、提案して採用されるまでの間に探すのも良いでしょう。

高単価の案件があるWebライターにおすすめクラウドソーシング4選

高単価の案件があるWebライターにおすすめクラウドソーシング4選

ここでは、Webライターにおすすめしたい、高単価の案件があるクラウドソーシング4選を解説していきます。

高単価の案件があるクラウドソーシング
  1. フォークラス
  2. サグーワークス
  3. Shinobiライティング
  4. カカセル

①フォークラス

フォークラスは、WEBコンテンツ制作やWEBコンサルなどの、メディア運営をしている会社です。

フォークラスのお仕事は、ウェブサイト制作やメディア向けコンテンツ制作、美容系や旅行系の記事制作などがあります。

登録ライターは2,500名以上在籍しており、Webライターやフリーライター、編集者やディレクターなど幅広く活躍されています。雇用形態に正社員やアルバイトもあるため、安定して稼ぐことも可能です。

ちなみに、記事単価は0.5円から20円まで幅広く高単価案件もあるため、がっつり稼ぎたい人におすすめできます。

②サグーワークス

サグーワークスは、株式会社ウィルゲートが運営する、Webライティングを仕事にしたい方の記事作成代行サービスです。

サグーワークスでは、独自のプラチナライターテストに合格すれば、1文字1円以上の案件が豊富にあるためガッツリ稼ぎたい人におすすめできます。

依頼形式ランク制度
タスク
専属
レギュラー
ゴールド
プラチナ

上記のランク制度は、ランクが上がると高単価の案件になっていくため稼ぎやすくなります。また専属案件のオファーがくるようになるため、ランク制度を活用するのも良いでしょう。

③Shinobiライティング

Shinobiライティングは、CROCOが運営する編集者&ライター専用求人があるプラットフォームです。

Shinobiライティングでは、業界最大級の登録ライター数50万人を超える特徴があり、フリーターから主婦まで幅広く募集しています。

これまでの累計記事数は、5,255,024記事(2018年9月時点)のため、安心してお仕事を探せます。

中でもおすすめなのは、取材ライターです。取材記事1件あたり10,000円以上のため、一度やってみるのも良いでしょう。

④カカセル

カカセルは、Webライターのための高単価案件がたくさんあるクラウドソーシングです。

カカセルでは、掲載案件の約77%が文字単価2円以上で、システム利用料がかからない特徴があります。

ちなみに、クライアントからライティングスキルが高いと認識されたら、単価の高い案件を紹介してもらえる可能性が高いです。

また、記事の編集や構成などのお仕事もあるため、興味のある方はチャレンジしてみると良いでしょう。

経験者向けWebライターにおすすめクラウドソーシング4選

経験者向けWebライターにおすすめクラウドソーシング4選

次に、経験者向けWebライターにおすすめの、クラウドソーシング4選を解説していきます。

経験者向けのクラウドソーシング4選
  • Webライターズバンク
  • Wantedly
  • Time Ticket(タイムチケット)
  • FOB HUB(ジョブハブ)

①Webライターズバンク

Webライターズバンクは、株式会社ファーストブランドが運営する会社です。

Webライターズバンクでは、インターネット上でメディアサイトを数多く運営しているため、毎日多くのコンテンツを配信している特徴があります。

Webライター募集は、今すぐ執筆ができる方や長期的に執筆が可能な方を募集しています。他にもフリーライターや副業ライターもたくさん募集しているため、気になる方は応募してみてください。

ちなみに、ライティングのお仕事を増やしたい方、Webのお仕事をしてみたい方、空いた時間で稼ぎたい方にもおすすめです。

②Wantedly

wantedlyは、300万人のプロフィールと37,000社の募集と、出会いやつながりを深めるお仕事のSNSです。

wantedlyでは、しっかり作られたプロフィールからオファーがくるため、お仕事につながる可能性が高い特徴があります。

もちろん自分からクライアントに応募することも可能です。

実際に私も利用していますが、学歴や経歴のほかに、自分がやりたい仕事などを具体的に書いておくとオファーが来やすいため、しっかりプロフィールを作り込んでおくと良いでしょう

③Time Ticket(タイムチケット)

タイムチケットは、自分の知識やスキルと経験を売買するマーケットプレイスです。

タイムチケットでは、自分の時間をチケットにしてお仕事を受注する特徴があります。

実際にチケットをクライアントが購入し、お仕事を依頼する流れですが、あらかじめチケットのタイトルや時間、価格などを決めておきます。

取引のときは、タイムチケットが仲介するため安心して取引が可能です。

④FOB HUB(ジョブハブ)

ジョブハブは、パソナグループ株式会社パソナJOBHUBが運営するアウトソーシングです。

ジョブハブでは、パソナグループの40年の実績と信頼があるため、安心してお仕事ができます。

加えて、一般募集はせずに実績と経験をもとに、登録者へ声掛けしお仕事をしてもらうのが特徴です。

ちなみに、非公開案件や継続案件も多数あるため、一度見ておくと良いでしょう。

まとめ.気軽にクラウドソーシングを利用してみましょう

本記事では、いろいろなクラウドソーシング24社を、5つに分けて解説しました。

クラウドソーシングに登録するときは、しっかりプロフィールを作り込んでおくと、企業からオファーが来やすいです。

また、複数のクラウドソーシングに登録しておけば、お仕事のオファーも増やせるためおすすめします。

探したい内容公式サイト(PR)
Webライターのスクールを探したいwebライターを目指す方や起業を目指す方の「web+ Media School」資料請求
未経験でも頑張れるスクールを探したいあなたのライターキャリア講座
未経験からWebライターの仕事を探したいクラウドワークス
Webライターでもっと仕事を探したい日本最大級クラウドソーシング クラウディア
Webライターで高単価の仕事を探したいTVCMで話題のココナラ
この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
Webライター転職
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました