記事内にプロモーションが含まれます

学歴フィルターで面接が落ちるの?転職活動で見分ける2つのポイントや企業がチェックしている3つのポイントなども解説

学歴フィルターで面接が落ちるの?転職活動で見分ける2つのポイントや企業がチェックしている3つのポイントなども解説

「学歴フィルターで面接が落ちるの?」

転職活動している方で、こんなお悩みはありませんか?

私は学歴が問題で、面接で落された経験があります。

本記事では、学歴フィルターの可能性がある業界や業種を解説しています。

本記事を読めば、企業が見ている3つのポイントなども分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

学歴フィルターがある理由とは

学歴フィルターがある理由とは

企業によっては、学歴フィルターに引っ掛かると面接で落とされます。

というのは、業界や業種によっては一定以上の学力が求められるため、学歴も含めて検討しているからです。

たとえば、金融業界や保険業界では、中途採用者の経歴や学歴からも判断している可能性は高いでしょう。

このように、業界や業種によっては学歴フィルターがあるため、採用基準が厳しいのも事実です。とはいえ、絶対に採用はないとは言い切れないため、学歴に不安を感じている方は自分の強みやスキルを熱意を持ってアプローチしていきましょう。

応募先の業界や業種で学歴フィルターを見分ける2つの方法

応募先の業界や業種で学歴フィルターを見分ける2つの方法

続いて、転職先の業界や業種によっては、学歴フィルターの有無が大体分かります。

下記に、学歴フィルターがある可能性が高い業界と、低い業界に分けて解説していきます。

①学歴フィルターがある可能性が高い業界

転職先の業界によっては、学歴フィルターがある可能性があります。

その背景には、業界や業種によって課題解決能力や情報収集能力、論理的思考力や文章構成能力などを、企業が求めている人材だからです。

下記は、求められる能力が高く、学歴フィルターがある可能性が高い業界です。

求められる能力が高く、学歴フィルターがある可能性が高い業界
  1. 金融
  2. 保険
  3. 教育 

②学歴フィルターがある可能性が低い業界

続いては、学歴フィルターがある可能性が低い業界を見ていきましょう。

学歴フィルターがある可能性が低い業界
  1. サービス業界
  2. 飲食業界
  3. 介護業界

上記の3つは、学歴フィルターがある可能性は低いです。

例外として、転職活動から入社して役職から就任する人は、応募段階で学歴が見られるかもしれません。

学歴フィルターがある可能性が低くても、自分の経験やスキルを採用担当者に熱意を伝えましょう。

学歴フィルター以外に企業側が見ている3つのポイント

学歴フィルター以外に企業側が見ている3つのポイント

ここからは、学歴フィルター以外で企業側が見ている、3つのポイントを解説していきます。

学歴フィルター以外で企業が見ている3つのポイント
  1. 経験やスキルが重視される
  2. コミュニケーションスキルが必要
  3. 実績が見られる

①経験やスキルも重視される

企業側は、学歴以外に経験やスキルも重視しています。

その理由は、即戦力になる人材を確保したいため、経験やスキルも重視しているからです。

ちなみに、企業で活躍できる経験を持っているのか、スキルは足りているのか知りたいため、職務経歴書に細かく書いておくと良いでしょう。

②コミュニケーションスキルが必要

面接でも入社したあとも、コミュニケーションスキルは必要です。

そのため、採用担当者はコミュニケーションが取れる人材なのか、細かい部分まで見ています。

たとえば、コミュニケーションが取れなかったり、身だしなみが乱れていたりすると、不採用になる可能性が高いです。ちなみにビジネスマナーも判断基準のひとつになっています。

このように、コミュニケーションは必須のスキルになっているため、油断せずにしっかり準備して受け答えをしましょう。

③実績が見られる

これまで、どんな成果を出してきたのか実績を見られます。

というのは、企業側は実績を見てから、どんな活躍ができるのか見極めたいからです。

具体的には、これまでどんな役割を担っていたのか、どれだけ業績を伸ばせたのか、自分が貢献してきた実績を見られます。

学歴フィルター以外で企業側にアピールする2つのポイント

学歴フィルター以外で企業側にアピールする2つのポイント

転職では、学歴フィルター以外で企業側に自分をアピールする必要があります。

ここでは、学歴フィルター以外の部分で、企業側に的確にアピールする2つのポイントを解説していきます。

学歴フィルター以外で企業側にアピールするポイント
  1. 自己分析してアピールポイントを明確にする
  2. 転職先で役立つスキルを身に付ける

①自己分析してアピールポイントを明確にする

これまで積み上げてきた自分の経験を、もう一度自己分析をしておきましょう。

今自己分析をする理由は、今の自分の強みやスキルが明確になるため、アピールポイントが明確になるからです。

具体的なやり方は、これまで積み上げてきた経験を紙に書き出し、掘り下げていく方法があります。

しっかり自己分析ができれば、自分の強みやスキルが整理されるため、企業側にアピールポイントが的確に伝えられるようになるでしょう。

②転職先で役立つスキルを身に付ける

転職先では、役に立つスキルを身につけておきたいと思う方も多いでしょう。

一般的に役立つスキルは、転職経験のある男女500人が回答したBiz Hitsのアンケート調査で、第一位はOAスキルです。ちなみにOAスキルとは、パソコンスキルやエクセル、ワードなどの操作スキルを示します。

具体的には、エクセルで表や図面を作成したり、ワードなら文章や報告書を作成したりします。

上記のOAスキルは、転職先で役に立つ可能性が高いため、身に付けてアピールポイントにしましょう。

Q&A.学歴フィルターでよくある質問

ここからは、学歴フィルターでよくある質問に回答しているため、個別に見ていきましょう。

なんで学歴フィルターがあるの?

学歴フィルターとは、人材を採用するときに、学歴を基準に選別している企業です。

学歴で選別する理由は、難関大学へ入学するための努力や忍耐も、採用選考の一つにしているからです。

学歴フィルターの最低ラインは?

学歴フィルターの最低ラインは、企業によって違いがありますが、偏差値50がボーダーラインと言われています。

一般的には、国立なら偏差値55以上、私立なら偏差値60以上あると言われています。

ちなみに、ボーダーラインを下回る大学は、学歴フィルターに引っ掛かり、採用選考で不利になる可能性が高いです。

まとめ.学歴フィルターがあっても熱意を持ってチャレンジしよう

本記事では、学歴フィルターを見分ける2つのポイントや、企業が見ている3つのポイントとアピールポイントなども解説しました。

転職活動では、自分に合う企業に応募しますが、学歴の段階で落とされる可能性もあります。

もし面接まで行けたら、企業が見ている3つのポイントや、自分のアピールポイントを熱意を持って伝えましょう。

【関連記事】転職活動は無事終了?転職先の仕事についていけない人が感じる3つの悩みや5つの対処法と再転職先を探す3つの方法も解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました