記事内にプロモーションが含まれます

転職活動中につなぎバイトをする3つのポイントや私のオススメ職種3選と5つのメリットなども解説

転職活動中につなぎバイトをする3つのポイントや私のオススメ職種3選と5つのメリットなども解説

「つなぎでバイトをしながら転職先を探そう」

こんなお悩みはありませんか?

転職活動中は時間とお金がかかりますよね。

本記事では、転職活動中につなぎバイトをする3つのポイントを解説しています。

本記事を読めば、つなぎバイトのメリットやデメリットと、おすすめの職種も分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

転職活動中につなぎバイトをする3つのポイント

転職活動中つなぎバイトをする3つのポイント

今現状をなんとか切り抜けるために、つなぎバイトを探している人も多いでしょう。

つなぎバイト上手くやってけるか不安だけどやるしかないな😌

馬酔木小町(@Poison_applePri)2020年9月1日

こんな方に向けて、転職活動中でつなぎバイトをする3つのポイントを解説していきます。

転職活動中につなぎバイトをする3つのポイント
  1. 身体的・精神的に負担の軽い仕事を選ぶ
  2. 短期間のバイトを選ぶ
  3. フルタイムで働かない

①身体的と精神的に負担の軽い仕事を選ぶ

身体的と精神的に負担の軽い仕事なら、日中は転職活動に力を入れて、夜にバイトをすることができます。

例えば、夜間の警備員の場合、何か起きない限り巡回しかないため、身体的にも精神的にも負担がかかりません。

他にも、フードデリバリーでは働きたいときに働けるメリットがあります。

以上のことを踏まえて、転職活動する体力を残しつつ、お金を稼げる仕事を見つけることが重要です。

②単発・短時間のバイトを選ぶ

続いて、つなぎのバイトを選ぶときは、単発もしくは短時間の仕事を選ぶことが重要になります。

というのは、転職活動する時間が確保できなければ、つなぎのバイトをする意味がないからです。

具体的には、宅配や試供品の配布、交通量の調査なら、単発かつ短時間で終わるためおすすめできます。

上記のとおり、あくまで転職活動が中心になるため、つなぎのバイトで時間が無くならないようにしましょう。

③フルタイムで働かない

転職活動をするうえで、つなぎバイトとしてフルタイムで働くのはおすすめしません。

なぜなら、フルタイムで働くと転職活動をする時間がなくなり、身体的にも負担が大きくなるからです。

このような働き方は、正社員と変わらないため、つなぎのバイトとは言えません。

しかし、フルタイムで働くつなぎのバイトが、正社員を目指せる可能性があるなら良いでしょう。

転職活動中につなぎバイトをする5つのメリット

転職活動中につなぎバイトをする5つのメリット

続いては、転職活動中につなぎバイトをする、5つのメリットを解説していきます。

転職活動中につなぎバイトをする5つのメリット
  1. 自分のやりたい仕事が見つかるまで探せる
  2. 収入があるから安心できる
  3. 失業給付金を気にしなくて良くなる
  4. 新しい発見がある
  5. 正社員になれる可能性がある

①自分のやりたい仕事が見つかるまで探せる

転職活動では、タイミングによっては、自分のやりたい仕事が見つからない可能性があります。

例えば、企業によっては12月くらいから募集をかけて、4月1日から入社日を設定している企業も多いです。

上記を踏まえて、つなぎバイトならタイミングが来るのを待てるため、大きなメリットと言えるでしょう。

②収入があるから安心できる

転職活動中は、生活資金が心配という方も少なくありません。

というのは、転職活動中でも、食事代や交通費など見えないところで出費がかかるからです。

その状況下では、生活資金が不安で自分のやりたい仕事を妥協する可能性が高くなります。

しかし、つなぎのバイトをすれば、収入があるため焦る必要がありません。

③失業給付金を気にしなくて良くなる

すでに退職しながら転職活動をしている方は、貯金や失業給付金で生活をしています。

ところが、貯金も失業給付金もいつまで持つか分かりません。

しかし、つなぎのバイトをすれば、失業給付金を気にしなくて良いため、焦って転職する必要がなくなります。

中には、失業給付金の一部をもらいながら、つなぎのバイトをしている方もいるため、この方法が一番理想と言えるでしょう。

④良い経験になる

転職活動でつなぎバイトをすると、良い経験になり視野が広がります。

というのは、つなぎバイトでいろいろなお仕事を経験するため、知識やスキルが身に付くからです。

もしかすると、ほんとうに自分がやりたかったお仕事に、気付けるチャンスでもあります。

このように、短い時間でもつなぎバイトをすると、良い経験になるためおすすめです。

⑤正社員になれる可能性がある

転職活動中のつなぎバイト先で、そのまま正社員になれるかもしれません。

その理由は、バイト先で働きぶりが評価されたら、正社員になれるチャンスがあるからです。

とくに、バイト先が人手不足の企業や優秀な人材を探している企業なら、働き方次第で十分に正社員になれる可能性はあります。

以上を踏まえて、つなぎのバイト探しは、正社員も視野に企業を見つけると良いでしょう。

転職活動中につなぎバイトをする3つのデメリット

転職活動中につなぎバイトをする3つのデメリット

転職活動を続けるために始めたつなぎバイトが、そうじゃなくなる人も多いでしょう。

ここからは、転職活動中につなぎバイトをする、3つのデメリットを解説していきます。

転職活動中につなぎバイトをする3つのデメリット
  1. つなぎバイトを辞められない
  2. 転職する意識が低下する
  3. 失業給付金が受け取れない

①つなぎバイトを辞められない

短期間で時給の高いつなぎバイトだと、転職先が決まったときに辞めにくくなります。

ほかにも、バイト先の責任者に辞めることを言いにくい人も少なくありません。

その結果、時間だけが経過していき、現状から抜け出せない人も多いです。

本来の目的である転職を思い出し、思い切って辞める意思を伝えましょう。

②転職する意識が低下する

転職活動をするためのつなぎバイトが、転職する意識を低下させる可能性があります。

というのは、つなぎバイトの収入で生活ができてしまっているからです。

他にも、つなぎのバイト先で正社員になれる可能性があると、そのまま働き続けます。

このような状況にならないように、つなぎバイトをする目的を明確にしておきましょう。

③失業給付金が受け取れない

前職を退職してから転職活動をする人は、働き方に注意しておかないと失業給付金が受け取れなくなります。

その理由は、失業給付金を受け取るには条件があるからです。

具体的には、期間の定めがなく雇用される場合や、雇用期間が31日以上である場合などが挙げられます。他にも1週間の所定労働時間が 20 時間以上である条件もあります。

【参考】厚生労働省雇用保険の加入手続はきちんとなされていますか!適用基準及び加入手続

以上を踏まえて、失業給付金が受け取れるようチェックしておきましょう。

転職活動中のつなぎバイト歴は履歴書や職務経歴書に記載が必要?

転職活動中のつなぎバイト歴は履歴書や職務経歴書に記載が必要?

転職活動中に、つなぎのバイト期間が3ヵ月以上になるなら、履歴書や職務経歴書に記載しましょう。

というのは、履歴書に3ヵ月以上のブランク期間があると、採用担当者からマイナスイメージを持たれる可能性があるからです。

ちなみに、つなぎバイトが3ヵ月未満でも転職と関連のあるお仕事なら、逆にアピールできるため書いておくと良いでしょう。

一方で、関連のないつなぎのバイトの期間が、3ヵ月未満なら書かなくても問題はありません。

転職活動中つなぎバイトにおすすめの職種3選と口コミ情報

転職活動中つなぎバイトにおすすめの職種3選と口コミ情報

ここでは、転職活動中の方がつなぎバイトをしている、おすすめの職種3選と口コミ情報を解説していきます。

転職活動中つなぎバイトにおすすめの職種3選と口コミ情報
  • 警備員
  • 派遣
  • 工場

①警備員

警備員なら覚える仕事がほとんどないため、転職活動中でも無理なく稼げます。

「コロナで無職になりました」とかありますが、警備員ならいくらでも求人あります。次の仕事が見つかるまでのつなぎとしてバイトすれば生きていけますよ。
でも最近当社に入った人、数人に聞いたのだけどブラックな警備会社が多いです。
我社は本当にホワイトです。奈良県にお住まいなら相談OKです

—のぶ @英語学習37ヵ月目
(@nativecamper_n)Nov 20, 2021

コロナウイルスが流行してからは、警備員の求人も増えているため、つなぎバイトとして見つけることは難しくないでしょう。

②派遣

派遣なら単発のお仕事が多くあり、いろいろな求人を紹介されるため、気分転換になるかもしれません。

最近つなぎで単発バイトやってて
前回行ったところは自分と他の単発さんが2人で
中々楽しかったからまた同じところ来たんだけど
今日一緒になった2人は無愛想で感じ悪かったな〜😅😅
同年代くらいの女の子なんか私のやってる作業無言で横取りするし気分悪かったな〜

ーポラリス
(@Polaris262)Aug 25, 2022

このように、派遣なら同年代の方と一緒に仕事をする機会もあります。

つなぎバイトをとおして、いろいろな仕事を経験してみるのも良いでしょう。

③工場

工場も、つなぎバイトとして人気がある仕事の一つです。

失業保険だけではやっていけないのでつなぎバイト(`・ω・´)おにぎり工場で流れ作業しまーす

ーsleeepy panda
(@dickeybow)Dec 11, 2014

上記のように、次の転職先が決まらず失業保険だけでは厳しいため、つなぎバイトをしている方もいます。

工場専門の求人サイトがあります。【コウジョブ】 よろしければご覧ください。

工場なら安定的に収入が得られるため、転職活動もゆっくり進めることが可能です。

つなぎバイトしながら転職先が見つかる転職エージェント3選

つなぎバイトしながら転職先が見つかる転職エージェント3選

転職活動をしている方で、自分のやりたい仕事が見つからず、困っている人もいるでしょう。

続いては、つなぎバイトをしながら転職先が見つかる、転職エージェント3選を解説していきます。

つなぎバイトしながら転職先が見つかる転職エージェント3選
  1. doda(デューダ)
  2. リクルートエージェント
  3. マイナビエージェント

①doda(デューダ)

dodaは、パーソナルキャリアが運営する、転職サイトと転職エージェントがある会社です。

doda(デューダ)では、登録会員数700万以上突破しており、転職者満足度No.1の実績を持つ特徴があります。

また、求人募集は職種や業種を幅広く取り扱っており、エンジニア、メディカル、営業などに特化した専門サイトから求人を探せます。

doda(デューダ)なら、20代から30代の登録が多く支持も高いため、強くおすすめできます。

運営会社パーソルキャリア株式会社
所在地東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
公開求人数14万件以上
(出典元:https://doda.jp/)

【関連記事】doda(デューダ)が転職者満足度No.1になった理由や人気の秘密を解説

②リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、リクルートが運営する転職支援No.1の実績を持つ転職エージェントです。

リクルートエージェントでは、スキルがない20代や未経験でも応募ができる求人を取り揃えています。

特徴としては、公開求人246,000件以上あり、非公開求人284,000件以上を取り扱う圧倒的な求人数を保有しているのが強みです。

実際に利用すると、各業界に特化したキャリアアドバイザーが、あなたにピッタリな求人を紹介してくれます。

ちなみに、応募書類や面接対策、面談日の調整から内定後のフォローまで、全面的にサポートが受けられるためおすすめできます。

運営会社株式会社リクルート
所在地東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
公開求人数24万件以上
(出典元:https://www.r-agent.com/)

【関連記事】リクルートエージェントが選ばれる3つの理由とメリットも詳しく解説

③マイナビエージェント

マイナビエージェントは、最大手マイナビが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントでは、転職エージェント満足度No.1の実績があり、20代からの支持が高いです。

求人内容では、エンジニア、営業、不動産、医療などの職種や業種を紹介しています。

実際に取り扱っている募集には独占求人もあるため、マイナビエージェント独自の求人もチェックしておくと良いでしょう。

会社名株式会社マイナビ 紹介事業本部
所在地東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10F
営業時間【 平日 】9:30~20:30
【土曜日 】9:30~17:30(日曜日、祝日を除く)
問い合わせ【フリーダイヤル】0120-11-4189
(出典元:https://mynavi-agent.jp/)

【関連記事】マイナビエージェントの電話面談の内容や伝え方3つの注意点を解説

転職活動で転職先が決まったら、つなぎバイトを辞めよう

転職活動で転職先が決まったら、つなぎバイトを辞めよう

転職活動で転職先が決まったら、バイト先の責任者に辞める意思を伝えましょう。

ちなみに、バイト先の責任者に報告するときは、直接か電話で伝えることが重要です。

気を付ける点は、転職先が決まっているのに報告が遅れると、引継ぎ業務や退職の日程調整ができない可能性が出てきます。

以上のことを踏まえて、責任者に退職の意志表示を伝えるのは、つなぎのバイトであっても引継ぎ業務などがあるため、遅くとも1~2ヵ月前にはしておきましょう。

まとめ.転職活動中はつなぎバイトで乗り切ろう

本記事では、転職活動中につなぎバイトをする3つのポイントや、オススメの職種3選と5つのメリットや3つのデメリットなども解説しました。

転職活動中のつなぎバイトは、あくまで転職するためのお仕事です。

転職活動に支障がないつなぎバイトを、求人を出している「リクルート」「マッハバイト」「マイナビエージェント」から見つけて、収入を得ながら自分に合う企業を探しましょう。

以下に、業種別の公式サイトを載せていますので、よかったら活用してくださいね。

探したい内容公式サイト(PR)
アルバイトをマッハバイトで求人を探したいアルバイト求人情報マッハバイト
派遣でアパレル業界の求人を探したいアパレル派遣なび
不動産業界の仕事を探したい不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】
在宅の仕事を探したい時間に縛られない在宅バイト「コールシェア」
工場・製造業の仕事を探したい【コウジョブ】工場・製造業のお仕事に特化した求人情報サイト
知りたい内容関連記事(サイト内)
転職活動で内定が決まった後の活動が知りたい転職1社目で内定が貰えた後に転職活動を続ける理由と確認すること
転職活動で現職に残る理由などが知りたい転職活動で現職に残る3つの理由や失敗した経験談を詳しく解説
求人を探すときに気を付けたいポイントが知りたい転職活動で甘い言葉に惑わされやすいポイントとその対処法を解説!
あっさり内定が取れたときの対処法が知りたい転職活動であっさり内定は逆に不安、内定保留のリスクも解説
転職活動を始めるときのポイントが知りたい【初心者必見】転職活動を始めるときの4つのポイントを紹介
この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました