記事内にプロモーションが含まれます

【2024年1月版】web+(ウェブタス)が怪しい?評判は?特徴・料金・受講の仕方とメリットやデメリットも詳しく解説

web+(ウェブタス  メディアスクール)を受講した体験談を解説

「Xで見かけるけどウェブタス怪しくない?実際どうなの?」

こんな理由で気になっている人はいませんか?

SNS上でよくあるお話で怪しく感じますよね。

本記事では、web+(ウェブタス)が怪しくないか?その実態を明らかにするために、参加者の評判やWebライターコースの詳細、メリットやデメリットなどを解説しています。

本記事を最後まで読んでいただき、本当に怪しいのかご自分で判断してみてください。

それでは、どうぞ。

「プロモーション」
  1. web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの良い評判
    1. ①添削が丁寧で分かりやすかった
    2. ②一人じゃないから頑張れた
    3. ③実際にWebライターとして稼げた
  2. web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの悪い評判
    1. ①受講するための料金が高い
    2. ②1記事目が難しい
    3. ③SNSからの勧誘が多い
  3. 【体験談】受講生よんがweb+(ウェブタスメディアスクール)が怪しい原因を答える
    1. ①web+(ウェブタス)を受講して分かったこと
    2. ②web+(ウェブタス)が怪しいと言われる原因
  4. web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコースの参加者インタビュー
    1. ①web+(ウェブタスメディアスクール)を選んだ理由やきっかけがあったお話
    2. ②フリーランスになるために始めたお話
    3. ③学生のうちから収入源を増やしたいお話
  5. web+(ウェブタスメディアスクール)を受講する7つのメリット
    1. ①オンライン上ですべて完結できる
    2. ②受講者同士でつながりができる
    3. ③無期限でサポートが受けられる
    4. ④全額返金保証が付いている
    5. ⑤ノウハウが詰まったコンテンツが閲覧できる
    6. ⑥カリキュラム終了後に報酬が発生する
    7. ⑦月一回のコンサルが受けられる
  6. web+(ウェブタスメディアスクール)受講する2つのデメリット
    1. ①受講するための料金が高い
    2. ②1記事目を納品するまでの壁(体験談)
  7. web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできる人・向いている人
  8. web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできない人・向いていない人
  9. Webライターを育てるweb+(ウェブタスメディアスクール)とは
    1. ①基本情報 
    2. ②特徴と実績
    3. ③所在地
  10. web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの講師陣
    1. ①Webライター・ブロガーでも実績がある篠崎修一講師
    2. ②行動させる文章と言えば伊津大輝講師
    3. ③セミナーの司会をされている藤井亮太講師
  11. web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコース
    1. ①カリキュラム(1~6記事)
    2. ②添削が部分的に受けられる(記事完成前でも可能)
    3. ③SEOライティングスキルが学べる
    4. ④営業スキルが学べる
    5. ⑤ブランニングスキルが学べる
  12. web+(ウェブタスメディアスクール)に参加するまでの4つの流れ
    1.  ①公式サイトから無料相談に参加する*資料請求も可能
    2. ②公式サイトから無料相談を受ける日程を入力する
    3.  ③受講を申し込む
    4.  ④料金お支払いをする
    5.  ⑤受講をスタートする
  13. 【Q&A】web+(ウェブタスメディアスクール)のよくある質問
    1. Q.参加に必要な料金が高くないですか?
    2. Q.未経験者でも参加できますか?
    3. Q.スクールに通うのですか?
    4. Q.ほんとうに稼げるようになりますか?
    5. Q.返金の対応はありますか?
  14. まとめ.まずはweb+(ウェブタスメディアスクール)の資料をダウンロードしよう

web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの良い評判

web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの良い評判

まずは、web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの良い評判を、それぞれ見ていきましょう。

web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの良い評判
  1. 添削が丁寧で分かりやすかった
  2. 一人じゃないから頑張れた
  3. 実際にWebライターとして稼げた

①添削が丁寧で分かりやすかった

受講生よんの体験談

最初に担当してくれるweb+(ウェブタスメディアスクール)の添削官は、すごく丁寧に教えてくれる人が添削してくれるので、安心して初心者の方でも進められます。

中には厳しい添削官の方もいますが、後半までいかないと当たらないので、それまでにある程度のライティングスキルが身に付いています。

以上のように、添削官の中には、心に染みるくらい寄り添う添削コメントをしてくれる方がいます。

②一人じゃないから頑張れた

Webライターを始めても辞めていく人も多いため、X(旧ツイッター)などで仲間と頑張るのが長続きする秘訣です。

③実際にWebライターとして稼げた

上記を見ると、確実に収入が増えている様子が分かります。

ちなみに、収入を上げるには文字単価を上げるのが良いです。

以上を踏まえて、新しい案件に応募するときは文字単価1円以上を探しましょう。

web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの悪い評判

web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの悪い評判

続いては、web+(ウェブタスメディアスクール)の、3つの悪い評判を解説していきます。

web+(ウェブタスメディアスクール)の3つの悪い評判
  1. 受講するための料金が高い
  2. 1記事目が難しい
  3. SNSからの勧誘が多い

①受講するための料金が高い

web+(ウェブタス)は、他のスクールよりも受講するための料金が高いです。

まずは、自分に合っているか一度やってみると良いでしょう。

もし自分に合わなくても、45日間のお試し期間があるため途中で解約できます

②1記事目が難しい

web+(ウェブタス)では、いくつかのルールがあるため、記事を完成させるのに時間がかかります。ルールに慣れた頃には、SEOライティングスキルが身に付いているため、根気よく頑張って続けましょう。

③SNSからの勧誘が多い

上記の方は、Xからの勧誘があったようです。

web+(ウェブタス)の営業は、運営側と営業マンを別に考えておく必要があります。

営業マンは、何が何でも契約を取りにくるため、興味がない方はハッキリお断りしましょう。

【体験談】受講生よんがweb+(ウェブタスメディアスクール)が怪しい原因を答える

【体験談】受講生よんがweb+(ウェブタスメディアスクール)が怪しい原因を答える

ここでは、受講生よんがweb+(ウェブタスメディアスクール)が、怪しい原因を詳しく解説していきます。

【体験談】受講生よんがweb+(ウェブタスメディアスクール)が怪しい原因を答える
  1. web+(ウェブタス)を受講して分かったこと
  2. web+(ウェブタス)が怪しいと言われる原因

①web+(ウェブタス)を受講して分かったこと

受講する前までは、正直なところ怪しいお話だと思っていました。

受講を申し込んだ理由は、ひとつは全額返金保証がある部分と、独学でライティングスキルを勉強するのに限界を感じていたからです。

とりあえず、自分の目で確かめてみてから判断しようと受講しました。

実際に、丁寧に記事の添削やアドバイスなどもいただけて満足しています。その後も、web+(ウェブタス)つながりでWebライターの案件が獲得できたので、受講して良かったと思います。

②web+(ウェブタス)が怪しいと言われる原因

web+(ウェブタス)の営業マンから、SNSから勧誘を受けた人は多いでしょう。もちろん勧誘を受けた人はGoogleで「ウェブタス」で検索するはずです。

そのときに、「ウェブタス 怪しい」「ウェブタス 勧誘」などが表示されるため、本当に大丈夫なのか?と思ってしまいます。

実際に表示された記事を読み漁っても、実際はどうなんだろう?と思いながら、受講料金の高さがさらにハードルを上げている現状です。

web+(ウェブタス)が怪しいと評価されている一番の原因は、SNSを中心とした営業方法にあります。おもにXで積極的に活動していますが、Xではweb+(ウェブタス)以外の営業マンも多数いるため、どうしても「詐欺ではないか?」「怪しい」と思われます。

しかし、今でもweb+(ウェブタス)は健在で、そのサービス内容のクオリティも高くなっており、今年は値上げをするほど価値も上がっています。

一度受講すれば卒業という概念はないため、安いうちに受講しておけば、最先端の技術を永続的に入手できる最大のメリットがあります。

この点は、web+(ウェブタス)からすれば、受講生が増加する分だけ負担になるはずですが、そこはライター業界をホワイトにしたい気持ちが強く表れているように思います。

受講後に「やっぱり合わない」と思ったら、web+(ウェブタス)には、45日間の全額返金保証があるため、いつでも解約ができるのも安心できるポイントです。web+(ウェブタス)は、それだけ自社のサービスに自信があります。

以上のように、web+(ウェブタス)の質の高さは、教材や無期限のサポートから信頼できるスクールと言えます。

とはいえ、web+(ウェブタス)の営業スタイルだけは、世間からのネット社会への疑心が強いため、どうしても怪しいと思われてしまう点が今も課題になっているでしょう。

web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコースの参加者インタビュー

web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコースの参加者インタビュー

ここでは、web+(ウェブタス)のWebライターコースに、実際に参加された方のインタビューを紹介しています。

web+(ウェブタス)のWebライターコースの参加者インタビュー
  1. ウェブタスを選んだ理由やきっかけがあったお話
  2. フリーランスになるために始めたお話
  3. 学生のうちから収入源を増やしたいお話

①web+(ウェブタスメディアスクール)を選んだ理由やきっかけがあったお話

②フリーランスになるために始めたお話

③学生のうちから収入源を増やしたいお話

web+(ウェブタスメディアスクール)を受講する7つのメリット

web+(ウェブタスメディアスクール)を受講する7つのメリット

続いては、web+(ウェブタスメディアスクール)を受講する7つのメリットを、順番に解説していきます。

web+(ウェブタスメディアスクール)を受講する7つのメリット
  1. オンライン上ですべて完結できる
  2. 受講者同士でつながりができる
  3. 無期限でサポートが受けられる
  4. 全額返金保証が付いている
  5. ノウハウが詰まったコンテンツが閲覧できる
  6. カリキュラム終了後に報酬が発生する
  7. 月一回のコンサルが受けられる

①オンライン上ですべて完結できる

web+(ウェブタス)では、すべてオンライン上で受講が完結できます。

また、パソコン一台あれば海外からでも受講が可能なため、いつでもどこでも取り組めます。

ちなみに、携帯からでも可能ですが、操作がしにくいのが難点です。

②受講者同士でつながりができる

web+(ウェブタス)を受講したあとは、SNSでつながる機会があるため、X(旧ツイッター)で一緒に頑張れます。

もし、一人で悩んでモチベーションが下がったときは、他の受講生の活躍を見てモチベーションを上げたり、相談したりするのも良いです。

とくに、X(ツイッター)にはweb+(ウェブタス)のWebライターが多く活動されているため、まだ始めてない方は今すぐにアカウントを作成しておくと良いでしょう。

③無期限でサポートが受けられる

web+(ウェブタス)を受講する最大のメリットは、無期限でサポートが受けられるところです。

コース名サポート期間
Webライターコース永続
無期限

本業が忙しい方や諸事情で活動ができない方、家事や育児で時間が取れない方でも、自分のペースで進められます

④全額返金保証が付いている

他の講座やスクールでは、あまり見られない全額返金保証が付いています。

コース名全額返金保証期間
Webライターコース45日間

まずは、「Webライターコース」を45日間お試して体験してみて、自分に合うかやってみると良いでしょう。

⑤ノウハウが詰まったコンテンツが閲覧できる

web+(ウェブタス)の受講生だけが、閲覧参加できるコンテンツがたくさんあります。

初心者の方でも分かりやすく解説されているため、ひとつずつ覚えることが可能です。

実際にウェビナーに参加すると、他の参加者とのコミュニケーションが取れる機会があるため、仲間を作って頑張りたい方に向いています。

もし、リアルタイムで見逃しても、コンテンツの動画を視聴できるため、時間が合わない方も安心して視聴ができます。

ちなみに、数万円から数十万円するコンテンツが期限付きで閲覧できるため、Webライターコースはおすすめです。

⑥カリキュラム終了後に報酬が発生する

カリキュラム終了後は、web+(ウェブタス)と今後の執筆について、報酬が発生する料金説明があります。

ちなみに、web+(ウェブタス)で書いた記事は、執筆するごとに文字単価がアップする積み上げ方式のため、書けば書くほど報酬が上がっていきます。

web+(ウェブタススクール)で執筆した総記事数文字単価(2,000文字まで)記事単価
21~30記事まで0.4円800円
31~70記事まで0.6円1,200円
71~120記事まで0.8円1,600円
121~220記事まで1.0円2,000円
221記事以降1.5円3,000円
その他、規定を満たした場合2.0円6,000円

⑦月一回のコンサルが受けられる

月一回のコンサルは、予約を入れると受けられます。

月一回のコンサルでは、記事の執筆に関する悩みやブログに関する悩みなども、プロの講師陣が親身になって相談に乗ってくれます。

普通に考えたらコンサル料は安くないため、月に1回でも利用できるのは大きなメリットです。

web+(ウェブタスメディアスクール)受講する2つのデメリット

web+(ウェブタスメディアスクール)受講する4つのデメリット

ここでは、web+(ウェブタス)を受講する2つのデメリットを、体験談も含めて解説していきます。

【体験談】web+(ウェブタス)受講する2つのデメリット
  1. 受講するための料金が高い
  2. 1記事目を納品するまでの壁(体験談)

①受講するための料金が高い

他の講座やスクールに比べると、Webライターコースを受講するための料金が440,000円(税込み)と高く設定されています。

さらに、2023年11月に受講するための料金が上がっていますが、今後も上がる可能性はあるでしょう。

②1記事目を納品するまでの壁(体験談)

どうして1記事目を納品するまでが壁なのか、私の体験談をご紹介していきます。

1記事目を納品するまでの体験談

当時の私は、ワードプレスの使い方が分からず、キーワードとか見出しとか言われても分からない状態でした。

そんな中で、ワードプレスの使い方を覚えながら、何日もかけて記事を提出していました。

実際にweb+(ウェブタスメディアスクール)から渡される情報も、ペルソナ情報と検索意図のみでしたから、とにかく調べて書いていました。

ようやく記事が完成して提出しても、そのあとに添削が入り修正があるので、1記事を納品するまで苦労しました。

こんな感じで、1記事目を納品するまでに苦労しましたが、2記事目以降は慣れてきたせいか、少しずつ楽になっていきました。

web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできる人・向いている人

web+(ウェブタスメディアスクール)が向いている人

ここからは、web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできる人、向いている人を解説していきます。

web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできる人・向いている人
  1. Webライターを始めたい人
  2. Webライターで本気で稼ぎたい人
  3. Webライター仲間が欲しい人
  4. Webライター上級者を目指している人
  5. マイペースに進めたい人
  6. 分からないときにサポートを受けたい人
  7. ブログで稼ぎたい人
  8. お試しで始めたい人
  9. webライターの先を考えている人

上記の9つの項目に当てはまる人は、web+(ウェブタス)がおすすめです。

web+(ウェブタス)なら、ライティングスキルをとことん学ぶことが可能です。

webライターとして成長ができて、その先にあるディレクターやマーケターとしても、将来性が期待できます

web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできない人・向いていない人

続いては、web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできない人、向いていない人を解説していきます。

web+(ウェブタスメディアスクール)をおすすめできない人、向いていない人
  1. 受講料金を抑えたい
  2. 実践からはしたくない
  3. 短期間で終わらせたい

上記3つにあてはまる人は、こちら「あなたのライターキャリア講座」がおすすめです。

というのは、たった2ヵ月で文章を書くための思考力が身に付き、短期間で終わらせられるからです。

受講料金も、セルフコースなら49,800円(税込)で受けられます。プロの添削官から5回まで添削が受けられて、1年間は無料相談ができます。

卒業後は、提携先や受講先から案件の紹介もあるため、おすすめできるスクールです。

Webライターを育てるweb+(ウェブタスメディアスクール)とは

Webライターを育てるweb+(ウェブタスメディアスクール)とは

はじめに、Webライターを育てるweb+(ウェブタスメディアスクール)を、3つに分けて解説していきます。

Webライターを育てるweb+(ウェブタスメディアスクール)とは
  1. 基本情報
  2. 特徴と実績
  3. 所在地

①基本情報 

運営会社株式会社F.R.Will
所在地東京都中央区日本橋茅場町2-6-8 大湯ビル3F
代表取締役⽬代 拓也
受講の仕方オンライン
セミナーオンライン(事前にメールあり)
オフライン(メールで場所指定あり)
受講期間永続
追加費用一切なし
サポート添削など無制限
電話・ライン・メールでサポートもあり
案件案内募集あり
受講料金一括払いは、440,000(税込)
6回払いは、78,000(税込)
12回払いは、42,000(税込)
24回払いは、23,000(税込)
*分割払いは分割事務手数料が発生します
設立日2017年12月27日

②特徴と実績

web+(ウェブタス)とは、株式会社F.R.Willが運営するweb+Media School(ウェブタスメディアスクール)のことです。

web+(ウェブタス)では、Webライターコースとマイクロ企業コースを含めると、受講者数700名以上突破している実績があります。

受講される方は、Webライターを目指す人や起業したい人が多いのが特徴です。

実際に受講者の中から、副業から本業に移行し専属Webライターとして活躍されている方やディレクターになられた方、起業して自分のメディアを持つ方まで輩出してる実績があります。

③所在地

web+(ウェブタス)の所在地は「東京都中央区日本橋茅場町2-6-8 大湯ビル3F」にあります。

web+(ウェブタスメディアスクール)の所在地「東京都中央区日本橋茅場町2-6-8 大湯ビル3F」

web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの講師陣

続いては、web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの講師陣の中から、よく見かける3名をご紹介していきます。

web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの講師陣
  1. Webライター・ブロガーでも実績がある篠崎修一講師
  2. 行動させる文章と言えば伊津大輝講師
  3. セミナーの司会をされている藤井亮太講師

①Webライター・ブロガーでも実績がある篠崎修一講師

web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの篠崎修一講師
web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの篠崎修一講師
無料相談やコンサルを受けた経験談

私の場合は、ブログ記事も執筆していたので、破格の料金でコンサルも受けていました。

自分では気づかない点や考え方などを、時間をかけて丁寧に教えてもらえたので、すごく分かりやすかったです。

おかげで、Webライターとしてもブロガーとしても、理解を深めることができました。

②行動させる文章と言えば伊津大輝講師

web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの伊津大輝講師
web+(ウェブタスメディアスクール)のプロの伊津大輝講師
無料セミナーに参加した体験談

ここ最近で言えば、2023年12月に開催された行動科学の無料セミナーがありました。

記事中の細かい部分で、内容がガラリと変わることを実感できたのですが、教え方が上手くあっという間にセミナーが終わるほど面白かったです。

Webライターを目指す方は、ライティングスキルだけでなく、キャッチコピーなども学ぶのがおすすめです。

③セミナーの司会をされている藤井亮太講師

web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコース

web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコース

現在のweb+(ウェブタスメディアスクール)のライティングコースは、Webライターコースに変更されています。

Webライターコース」では、これまでのライティングコースの問題点を改善した形です。

また、Webライターとして活躍できるように新たに学べるスキルが2つ追加されています。

それでは、web+(ウェブタス)のWebライターコースを、5つに分けて解説していきます。

web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコースの詳細
  1. カリキュラム(1~6記事)
  2. 添削が部分的に受けられる(記事完成前でも可能)
  3. SEOライティングが学べる
  4. 営業スキルが学べる
  5. ブランニングが学べる

①カリキュラム(1~6記事)

ウェブタスのカリキュラム6記事の添削

web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコースでは、6記事目までに修了できる内容になっています。

最初は、キーワードと検索意図が用意されているため、自分なりにリサーチをかけて記事を執筆していきます。

そのときにワードプレスを使用するため、基本的な操作を同時に学ぶことが可能です。

はじめは、リサーチに時間がかかったり見出し作成に苦労したりしますが、続けていけばスムーズに書けるようになります。

②添削が部分的に受けられる(記事完成前でも可能)

ウェブタスなら無制限に添削が受けられる

Webライターコースでは、記事が完成していなくても、自分の苦手な部分だけ添削が受けられるシステムに改善されています。

実際に、部分添削をしてもらえる添削官は実績があるプロのため、安心して添削をお願いできます。

また、プロの添削官は一人ではないため、いろいろな視点からの添削が入り、視野を広げることが可能です。

Webライターとして活動するときに、いろいろな編集者さんから添削が入るため慣れておくのも必要です。

③SEOライティングスキルが学べる

ウェブタスならSEOに強いライティングスキルが学べる

SEOライティングの習得に、180ページ以上の教科書をもとに添削官から体系的に学びます。

初心者から上級者まで、とことんライティングスキルを磨けるように構成されているのが特徴です。

実際に、ライティングスキルが身に付けば、読者が求める情報を分かりやすい文章で書けるようになります。

他にも、Webライター以外で、ディレクターやマーケターとしても活躍できるため、web+(ウェブタス)はおすすめです。

④営業スキルが学べる

ウェブタスならWebライターとしてだけでなく営業スキルなども身に付く

営業スキルが身に付くと、コミュニケーション能力が向上し、提案する力が身に付きます。ちなみに営業スキルがないと、Webライターとしての活動は難しいです。

というのは、このWebライターコースに追加された営業スキルは、Webライターとして活動するときに、案件を獲得するための必須スキルになっているからです。

これからWebライターを目指す方は、営業スキルが学べるスクール選びが必要になります。

⑤ブランニングスキルが学べる

ウェブタスならWebライターとしてキャリアアップができる

ブランニングスキルは、自分の将来のキャリアアップやスキルアップを実現するために、具体的にどうすればいいのか考えるスキルです。

ブランニングスキルが身に付けば、将来に向けてどんな行動をとれば良いのか分かるようになります。

web+(ウェブタスメディアスクール)に参加するまでの4つの流れ

web+(ウェブタスメディアスクール)に参加するまでの4つの流れ

ここでは、web+(ウェブタスメディアスクール)の公式サイトから無料相談に参加し、受講するまでの4つの流れを解説していきます。

web+(ウェブタスメディアスクール)に参加するまでの4つの流れ
  1. 公式サイトから無料相談に参加する*資料請求も可能
  2. 公式サイトから無料相談を受ける日程を入力する
  3. 受講を申し込む
  4. 料金お支払いをする
  5. 受講をスタートする

 ①公式サイトから無料相談に参加する*資料請求も可能

まずは、公式サイトから無料相談に参加しましょう。

無料相談に参加は、web+(ウェブタスメディアスクール)の公式サイトの中央部に「今すぐ無料相談する」ボタンを押すと参加できます。

web+(ウェブタスメディアスクール)の公式サイトの中央部に、下記の表示がありますので探してみてくださいね。

ウェブタス公式サイトの中央部に「今すぐ無料相談する」ボタンを押すと参加できます。

②公式サイトから無料相談を受ける日程を入力する

web+(ウェブタスメディアスクール)の公式サイトから「今すぐ無料相談する」をクリックすると、下記の無料相談できる日程が表示されます。

ご自分のご都合に合わせて、無料相談を受けたい日にちを入力しましょう。*「〇」の部分が空いています。

ウェブタスの公式サイトから無料相談を受ける日程を入力する

資料請求をされる方は、入力フォームに氏名・メールアドレスを記入し「送信」を押せばOKです。入力したメールアドレスにデジタルパンフレットがすぐに届きます。

 ③受講を申し込む

web+(ウェブタス)の公式サイトの無料相談を受けて、受講を決めた方はそのまま電子契約を交わします。

資料請求からの受講は、入力フォームからコースを選び入会希望を選択肢し、必要事項を入力して「送信」したら申し込めます。

 ④料金お支払いをする

料金お支払いは、クレジットカード(PayPal)と銀行振込みがあります。

お支払い方法は、一括と分割でもお支払いが可能です。

 ⑤受講をスタートする

受講料金お支払いの確認が取れたら、すぐに受講をスタートできます。

はじめに、スタートミーティングに参加しますが、そこでカリキュラムの進め方を受けてください。

受講がスタートしたら、カリキュラムに沿って記事を執筆しながら、ライティングスキルを学んでいきます。

【Q&A】web+(ウェブタスメディアスクール)のよくある質問

ここでは、web+(ウェブタスメディアスクール)を検討している方からのよくある質問をまとめています。

Q.参加に必要な料金が高くないですか?

他のスクールと比べると高いです。

しかし、Webライターコースでライティングスキルと仕事を獲得する方法が学べるため、参加費を回収できる可能性は十分にあります。

まずは、無料体験から始めてみて、Webライターの可能性を体感してみてください。

Q.未経験者でも参加できますか?

もちろん未経験の方も参加できます。

独学で頑張ってる方や、やり方が分からない方にもWebライターコースは特におすすめです。

Q.スクールに通うのですか?

いいえ、すべてオンラインで受講が可能です。

インターネット環境とパソコンがあれば、いつでも自分の好きな場所で勉強ができます。

さらに、Webライターコースでは参加者同士でコミュニケーションも取れるため、仲間と一緒に頑張れるでしょう。

Q.ほんとうに稼げるようになりますか?

Webライターコースでは、ライティングスキルや営業するためのノウハウを学べますが、そこから先は本人の行動次第で稼げるようになります。

Q.返金の対応はありますか?

返金の対応は可能です。

Webライターコースには45日間の全額返金保証があります。

返金方法は、メール1通の申請で参加費用全額が返金されます。

まずは、Webライターコースのサービスを実感してみてください。

まとめ.まずはweb+(ウェブタスメディアスクール)の資料をダウンロードしよう

本記事では、web+(ウェブタスメディアスクール)の受講生よんが、Webライターコースの内容や7つのメリットとデメリット、特徴や受講の仕方なども解説しました。

生活を豊かにするために、少しでも稼ぎたいと思う人は多いですよね。その手段としてWebライターがありますが、基礎から学びたい方は、web+(ウェブタスメディアスクール)のWebライターコースの体験から始めるのがおすすめです。

もし、お試しで自分に合わない方は、45日間なら全額返金保証が付いていますので、その期間ならノーリスクで利用が可能です。まずはどんな感じなのか体験してみてくださいね。

探したい内容公式サイト(PR)
Web+のスクールを探したいwebライターを目指す方や起業を目指す方の「web+ Media School」資料請求
未経験でも頑張れるスクールを探したいあなたのライターキャリア講座
未経験からWebライターの仕事を探したいクラウドワークス
Webライターでもっと仕事を探したい日本最大級クラウドソーシング クラウディア
Webライターで高単価の仕事を探したいTVCMで話題のココナラ
この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
Webライター転職
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました