記事内にプロモーションが含まれます

【まとめ】転職先の面接でいつから働けますか?と聞かれたら採用フラグ?答えるポイントを解説

【まとめ】転職先の面接で「いつから働けますか?」と聞かれたらを解説

「いつから働けますか?と聞かれたら採用フラグ?」

こんなお悩みを抱えていませんか?

在職・離職中によっては返答に困りますよね。

この記事では、面接で採用フラグが立ったときの答え方を紹介しています。

この記事を読めば、面接でいつから働けますか?と聞かれても答えられるようになるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

いつから働けますか?と転職先の面接で聞かれたら採用のフラグ?

いつから働けますか?と転職先の面接で聞かれたら採用のフラグ?

求人企業の面接で「いつから働けますか?」と、入社可能日を聞かれる場面があります。

もし、面接担当者からその質問が聞かれたら、採用のフラグである可能性が高いです。

というのは、求人企業側は人材を採用したあとの具体的な研修や、人員配置などを検討しているからです。

採用フラグの可能性がある質問
  • 求人企業側の返事が早い
  • 一次審査からの間隔が短い
  • 職場の雰囲気を見させてもらえる
  • 最短の入社可能日を聞いてくる
  • 具体的な入社した後の話をされる

上記のような反応があったときは、採用フラグが高いため期待しても良いでしょう。

在職中の方で「いつから働けますか?」と転職先の面接で答えるポイント

在職中の方で「いつから働けますか?」と転職先の面接で答えるポイント

在職中の方は、応募先企業の面接で「いつから働けますか?」と聞かれたら、即答できるようにしておきましょう。

まずは、入社可能日をしっかり伝えてください。求人企業側は入社可能日が曖昧だったり、先延ばしにしたりするとマイナスイメージを持ちます。

というのは、求人企業側は応募者の希望の入社日が明確なのか、入社意欲が高いのか、計画性を持って転職活動をしているのか見ているからです。

以上のことを踏まえて、採用担当者から聞かれたときは、具体的に答えられるようにしておきましょう。

離職中の方の「いつから働けますか?」の転職先の面接で聞かれて答えるときのポイント

離職中の方の「いつから働けますか?」の転職先の面接に聞かれて答えるときのポイント

離職中の方は、求人企業側に希望の開始時期を伝えると良いでしょう。ちなみに開始時期は早ければ早いほどプラスイメージにつながります。

ただし、希望の開始時期が1カ月以上になるときは、採用担当者に理由を話す必要があります。

その理由は、本来なら離職中のため、すぐにでも仕事ができるはずだからです。

もし、開始時期が遅れる理由がなければ、採用担当者は「働く意思があるのか」「他社の結果待ちをしているのか」などと、マイナスイメージを持つ可能性が高くなります。

在職中なら「いつから働けますか?」と転職先の面接で聞かれて4ヵ月先と伝えても大丈夫?

在職中なら「いつから働けますか?」と転職先の面接に聞かれて4ヵ月先と伝えても大丈夫?

在職中なら現職の引継ぎがあったり、次の転職先で仕事を始める準備もあったりして、退職するまでに時間がかかります。

もし、面接官から「いつから働けますか?」と聞かれたら、現職を退職するために必要な1~3ヵ月かかる話をしても問題はありません。

しかし、本来なら1~3ヵ月程度のため、4ヵ月先になるとリスクになる可能性が高いです。

例えば、求人企業側から内定の取り消しや、4ヵ月先になる理由が曖昧で不採用になるケースもあります。

実際には、現職を簡単に辞められないケースも多くあるため、ひとりで解決できない人は退職代行サービス「【退職代行ガーディアン】 」や「即ヤメ」を活用すると良いでしょう。

【まとめ】面接で「いつから働けますか?」と聞かれたら期待しましょう

【まとめ】面接で「いつから働けますか?」と聞かれたら期待しましょう

本記事では、面接時に「いつから働けますか?」と、採用フラグがたったときの答えるポイントを解説しました。

求人企業との面接は、採用が決まる重要な場面のため、しっかり受け答えができるようにしておくことです。

もし、質問の中で「いつから働けますか?」と聞かれたら、採用フラグが立った可能性があります。

しかし、入社可能時期を先伸ばしにするとマイナスイメージを持たれるため、事前にどうするのか考えておきましょう。

関連記事転職1社目で内定が貰えた後に転職活動を続ける理由と確認すること

関連記事【転職活動で現職に残る3つの理由や失敗した経験談を詳しく解説

関連記事転職活動で甘い言葉に惑わされやすいポイントとその対処法を解説!

関連記事【転職活動であっさり内定は逆に不安、内定保留のリスクも解説

関連記事【【初心者必見】転職活動を始めるときの4つのポイントを紹介 】

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました