記事内にプロモーションが含まれます

いまさら聞けない非公開求人で探すメリットやデメリットと企業が秘密にしたい4つの理由も解説

いまさら聞けない非公開求人で探すメリットやデメリットと企業が秘密にしたい4つの理由も解説

「Web上で見かける非公開求人ってなんですか?」

このように気になっている人はいませんか?

普通に公開して求人募集すればいいのに、なんで非公開なんだろう?と思いますよね。

本記事では、Web上で見かける非公開求人をわかりやすく解説しています。

本記事を読めば、非公開求人で探すメリットやデメリットと企業が秘密にしたい4つの理由が分かるようになるため、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「プロモーション」

非公開求人とは

非公開求人とは

非公開求人とは、企業が一般公開せずに、転職エージェントの紹介で公開している求人のことです。

取り扱っている求人は、一般に公開されている求人とは別のため、普通に探しても見つからない求人があります。

仕事内容は、一般に公開されている求人と変わらないですが、事情により非公開にしている企業が多いです。

もし、自分に合う仕事が公開求人で見つからなくても、非公開求人で見つかる可能性があるため、チェックしておきましょう。

非公開求人で探すメリットとデメリット

非公開求人で探すメリットとデメリット

続いては、非公開求人で探すメリットやデメリットを解説していきます。

非公開求人で探すメリットとデメリット
  • 非公開求人で探すメリット
  • 非公開求人で探すデメリット

非公開求人で探すメリット

非公開求人は、キャリアアップしたい人やスキルアップしたい人に、大きなメリットがあります。

というのは、非公開求人の多くは、企業が即戦力として経験やスキルを求めているため、ステップアップにつながるからです。

非公開求人で探すデメリット

非公開求人のデメリットは、申し込みが必要だったりアドバイザーから紹介が必要だったり、いつでも応募ができないところです。

他には、求められる経験やスキルが高くて、応募ができない求人もあります。

企業が非公開求人にする4つの理由

企業が非公開求人にする4つの理由

ここでは、企業が非公開求人にする4つの理由を解説していきます。

企業が非公開求人にする4つの理由
  • 企業側の採用ルートを秘密にしたい
  • 採用の効率化を図るため
  • 企画やプロジェクト計画を秘密にしたい
  • 役員などの人材雇用を秘密にするため

①企業側の採用ルートを秘密にしたい

大手企業の求人募集は、求人雑誌やハローワークであまり見かけないですよね。

企業によっては、他社に採用ルートを知られたくないため、非公開求人で人材募集をしています。

実際に求人雑誌やハローワークで探しても、大手企業の求人はほとんど公開されていないため、その企業に興味があっても面接する機会すらありません。

このように、採用ルートを秘密にしている企業もあるため、求人募集で見つからないときは非公開求人で探してみてください。

②採用の効率化を図るため

知名度の高い大手企業が求人募集をかければ、応募者が殺到する可能性があります。

もし応募者が殺到すると、採用担当者の処理が追いつかなくなるため、効率よく採用ができません。

上記を踏まえて、非公開にして採用の効率化を図っている大手企業は多いです。

③企画やプロジェクト計画を秘密にしたい

もし企業が一般公開で求人募集をすれば、競合の他社に企画やプロジェクト計画を知る機会を与えます。

常に企業間では競争している状態のため、小さな情報でも他社に漏れてしまったら、企業にとって致命的になる可能性があるでしょう。

非公開求人なら、競合他社に知られずに求人募集ができるため、企業側にとってもメリットがあります。

④役員などの人材雇用を秘密にするため

企業の上層部クラスの採用となれば、社内の社員を不安にさせたり、競合他社に知られたりしないように、秘密裏にしなければなりません。

もし、社内の社員が求人募集を見つけてしまったら、たちまち噂が立ちます。

競合他社からも、上層部クラスの人が辞める情報が広がり、何かと問題が起こります。

このような問題を避けるために、非公開求人で秘密裏に人材雇用をしている企業も多いでしょう。

まとめ.非公開求人も見ておきましょう

今日の記事では、非公開求人で探すメリットやデメリットと、企業が秘密にしたい4つの理由を解説しました。

非公開求人に応募する手間はかかりますが、自分に合った求人が見つかる可能性もあります。

応募者の中で、キャリアアップやスキルアップをしたい方は、非公開求人もチェックしておきましょう。

【関連記事】【失敗しない】自分に合う転職先の探し方・見つけ方を紹介

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました