記事内にプロモーションが含まれます

【まとめ】介護職を辞めたい理由と8つの対処法!退職するタイミングも解説

介護職を辞めたい理由と8つの対処法!退職するタイミングも解説

今の気持ちは介護職を辞めたいだけど、とりあえず対処法が知りたい」こんなお悩みはありませんか?

介護職は、身体的・精神的にきつい仕事のため、辞めていく方も少なくありません。

筆者は現役の管理者兼施設長ですが、過去に何度も考えたことがあったので、その気持ちが分かります。

本記事では、介護職を辞めたい理由や8つの対処法、退職するタイミングを解説しています。

本記事を最後まで読めば、辞めたい理由に対して対処法が分かり、今の介護現場を続けるべきか判断ができるようになるでしょう。他に退職するタイミングも分かるので、ぜひ読んでみてくださいね。

「プロモーション」

介護職を辞めたい12個の理由

介護業界は、さまざまな理由で辞めていく方が多い職種です。

はじめに、介護職を辞めたい12個の理由を解説していきます。

人間関係で疲れた・つらい

介護現場の人間関係で、疲れた人やつらい人もいるでしょう。

その理由は、周囲とのコミュニケーションをとる場面が多いからです。

人間関係が良くないと、周囲とのコミュニケーションが取れなくなったり、ささいな仕事もミスしてしまう場面が増えたりします。

このように、人間関係が原因で疲れやつらい気持ちが蓄積され辞めたくなるのです。

結婚・出産・育児のイベントがある

介護職を辞める方の中には、結婚・出産・育児で悩み辞める人もいるでしょう。

というのは、家庭と仕事の両立が難しくなるからです。とくに女性の場合は、出産や育児のタイミングで仕事を続けるのが難しくなります。

男性の場合でも、結婚や育児のタイミングで長期休暇を取得したり、給与の高い会社に転職したりする方もいます。

上記のようなイベントがあると、仕事と私生活のバランスを保つために、介護職を辞める選択肢も考えるのです。

給料が低いと感じ不満がある

介護職で働く方の中には、給料が低いと不満に感じる方もいるでしょう。

まず介護職の給料に対する不満は、重労働や夜勤の長時間労働に見合わない賃金が原因です。

給料が良ければ、重労働でも頑張れる人はいるでしょう。

このように、変わらない給料に不満がたまり、仕事を辞めたいと思うようになるのです。

身体的・精神的な負担が大きい

介護職の仕事は、高齢者の身体介助が中心となるため、身体的・精神的な負担が大きいです。

とくに入浴介助や排泄介助では、高齢者の身体の一部を支える場面があるため、腰を痛める方も中にはいます。

他にも、職員間や利用者とのコミュニケーションがうまくいかず、精神的に負担を感じる方もいるでしょう。

上記のように、介護者の多くは身体的・精神的な負担を我慢しながら働いているため、いつか限界が訪れて辞めざるおえない方も少なくありません。

こちらの記事「介護職員で私が辛くて辞めたいと感じた4つの理由と私の経験談や試してほしい3つの対処法なども解説」では、私の体験談を載せていますので、良かったら合わせて読んでみてくださいね。

介護施設の理念が合わず、やりがいを感じない

介護施設の理念が合わず、辞めたいと思う人もいるでしょう。

そのため、仕事にやりがいを感じられず、辞めたい気持ちになるのです。

仕事に対してやりがいがあれば、辞めたいと思わず、自分の働き方ができるでしょう。

介護施設の理念が合っているかは、実際に働きながら見定める必要があるため、結果的に自分に合わず辞める方もいます。

介護職が向いていないと感じる

介護現場で働いていると、自分は介護職に向いていないと感じる方もいるでしょう。まず人と話すのが苦手な方や潔癖症の方は、自分が介護職に向いていないと感じやすいです。

その理由は、介護現場では職員間や利用者とのコミュニケーションが多いため、人と話すのが苦手な方にとって負担になるからです。他には排泄介助もあるため、潔癖症の方の中にはできない人もいます。

しかし、介護職が向いていない方でも、長く続けていれば慣れる方もいます。

上記の理由は、介護職に転職して間がない方が多いため、とくに向いていないと感じるでしょう。

こちらの記事「介護職が向いていない理由で辞める人は甘え?4つの特徴と試してほしい3つの対処法や経験談も解説」でも、私の経験談や対処法を紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

他の職場が気になる

今の職場で働いている方で、他の職場が気になる方もいるでしょう。

その理由は、今の職場の待遇面や業務量、人間関係が良くない状態だと、他の職場の方が良さそうに見えるからです。そのため他の職場が気になり、転職を考えるようになるのです。

しかし、現実では他の職場も対して変わらないため、転職して後悔する方もいるでしょう。

他の職場が気になる方は、今の現場を本当に辞めて後悔しないのか、冷静に判断しましょう。

人手不足で忙しい

介護現場では、人手不足を理由に辞めたいと感じる方もいます。

今の介護職は慢性的な人手不足の現場が多いため、改善が難しいのが実情です。

人手不足の介護現場では、一人当たりの業務量が多いため、耐えられず辞めるのです。

このような状態が続けば、辞めたい気持ちになっても仕方ないでしょう。

こちらの記事「介護現場が人手不足で私が辞めると言えない3つの理由と退職する5つの流れや退職できないときの3つの対処法を解説」では、対処法や退職する流れを解説しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

労働環境に不満がある

介護現場の労働環境が整っていなくて、不満が溜まり辞めたい気持ちになる方もいるでしょう。

というのは、施設によっては十分な設備が整っていないため、安心して仕事に取り組めないからです。

労働環境がよければ、不満に感じないため、辞めたいと思わないものです。

今の介護現場の労働環境に耐えられない人は、働きながら転職先を探すのも良いでしょう。

将来に不安を感じる

介護現場に慣れてくると、将来に不安を感じる方もいるでしょう。

その理由は、今の職場ではスキルアップができず、キャリアアップが見通せないからです。

そのため、転職を考えるようになり、早い段階で行動に移す方もいるのです。

このように、将来に不安を感じている方の中には、自己成長ができる目標を見つけて転職する方もいるでしょう。

生活リズムが乱れる

夜勤がある介護現場では、とくに生活リズムが乱れます。

生活リズムが乱れると、睡眠や食事の時間が不規則になるため、仕事だけでなく私生活にも影響を与えます。

とくに夜勤をする方は、体調を崩しやすいため、生活リズムも乱れやすいです。

生活リズムが乱れた状態で働き続けた結果、体調を崩し介護職を辞める人も少なくありません。

違法な医療行為がある

介護職員が医療行為をする介護施設も中にはあります。

とくに、看護師が不足している施設では、違法と分かっていても介護職員が医療行為をするしかない状況があります。

そのため、資格のない介護職員が医療行為をし、精神的に耐えられず辞めていくのです。

違法な医療行為がある施設で働いている人は、自分の将来のために辞めたいと思うのは当然と言えます。

介護職を辞めたい理由がある方は8つの対処法を試してみよう

介護職を辞めたい理由がある方は8つの対処法を試してみよう
画像出典:photoAC公式サイト

前章で「辞めたい理由に当てはまった」方は、これから伝える対処法を必ず試してくださいね。

続いては、介護職を辞めたい理由がある方に、8つの対処法を解説していきます。

辞めたい理由を明確にし考える

ただ介護職を辞めたいと、漠然とした理由で辞めてしまう前に、まずは辞めたい理由を明らかにしましょう。

というのは、自分の辞めたい理由が分かれば、転職したとしても後悔せずに済む可能性があるからです。まずは現状を認識するために、自分がなぜ辞めたいと感じているのかを明確にするのが重要です。

具体的には、今の介護現場で嫌だと感じていることを紙に書き出したり、逆に良かったりした部分も整理すると良いでしょう。

このように、辞めたい理由を整理しておけば、同じような問題に直面したときに、対策や改善点を見つけやすくなります。

家族や友人の相談する

人間関係がうまくいかない方は、家族や友人に相談しましょう。

家族や友人に相談すると、自分の考えが整理できるだけでなく、自分一人では気付けなかった新しい視点が見つかる可能性もあります。

一方で、自分一人で考えてしまうと視野が狭くなり、判断を誤る可能性があります。もし近くに相談できる人がいない場合は、転職サイトのアドバイザーを頼ると良いでしょう。

転職アドバイザーに相談する!

このように、自分以外の家族や友人から、客観的な意見を聞いてみましょう。

聞きながら業務を覚える

介護現場の業務が、やっぱり向いていないと感じる方もいるでしょう。

というのは、介護職の業務にはコミュニケーション・身体介助・レクリエーションがあり、ただ覚えるだけでなく状況に応じて対応する必要があるからです。

そのため、介護現場で活躍するには、業務に慣れる必要があるのです。しかし業務に慣れるには多くの時間がかかるため、その前に向いていないと感じるのでしょう。

まずは周囲の職員に聞きながら、業務を進めてみましょう。仕事に慣れてきたら、自分から率先して業務を進めてみてくださいね。

こちらの記事「介護職で私が新人のときに辞めた3つの原因や5つの理由と試してほしい4つの対処法を経験談も合わせて解説」では、業務を覚えられない方や新人の方に向けて対処法などを解説しているので、参考にしてみてくださいね。

辞める前に転職先を決める

今の介護現場に見切りをつけている方は、転職先を探すのが良いでしょう。

その理由は、いきなり仕事を辞めてしまうと無収入になり、生活を維持できなくなる可能性があるからです。

そのため、すぐに辞めたいと思っても、転職先が決まるまでは現在の介護職を続けた方が良いのです。

辞めるにしても、転職先が決まるまでの期間を考えて、焦らず計画的に進めましょう。

資格・経験を生かして好条件で転職
介護専門求人サイトかいご畑

自分の時間を満喫する

人間関係や人手不足が原因で、辞めたくなる方もいるでしょう。

そんなときは、仕事以外に目を向けて、自分が満喫できる時間を作るのが良いです。

例えば、自分の趣味に没頭したり、友人や恋人と楽しい時間を過ごしたりするのもおすすめです。

自分の時間を満喫できれば、気持ちにゆとりを持てるようになり、仕事で辞めたい気持ちになってもまた頑張ろうと思えるものです。

今の待遇を見直す

介護施設の待遇に、不満がある方もいるでしょう。まずは、今の待遇を見直し給与を上げられないか確認しましょう。

例えば、手当てが支給される資格を取得したり、夜勤回数を増やしたりできないか確認します。

施設によっては、処遇改善加算手当ても支給されるため、必ず確認しておく重要なポイントです。

今の介護施設で手当てが支給されない場合には、転職を考えるのも良いでしょう。

労働環境を変える

労働環境で、辞めたい気持ちになっている方もいるでしょう。

施設にもよりますが、不規則な勤務の方は、日勤のみや夜勤のみで働く選択肢があります。

他にも、違う部署に異動を申し出るのも良いです。

まずは、直属の上司に労働環境を改善できないか相談しましょう。

十分な休息を取る

介護職を辞めたいと感じている方は、休職して十分な休息を取るのも良いでしょう。

身体的・精神的なつらさは、自律神経が乱れている状態です。

そのため、しばらく仕事から離れて、身体を休める時間が必要なのです。

仕事から離れて身体を休めたら、仕事に復帰するべきか考えてみましょう。

対処法で解決できないなら転職を考えよう

中には「対処法を試してみたけど、解決できなかった」といった方もいるでしょう。

ここからは、転職を考える4つのポイントを解説していきます。

職場の環境

職場の環境は、たとえ上司が解決しようとしても、すぐに改善されるケースはありません。

他にも、上司からのハラスメントや違法な医療行為がある場合、そもそも職場環境の改善は見込めないでしょう。

介護施設でよくある問題

  • 上司からのハラスメント
  • 違法な医療行為
  • 違法労働

上記のような問題がある職場なら、介護現場に強い思いがない限り、転職を考えた方が賢明でしょう。

リクルートエージェントで転職先を探す!

身体的・精神的に限界がきている

すでに介護現場で腰痛や鬱などで、限界にきている方もいるでしょう。

もし今のまま我慢して働き続けたら、本当に働けなくなる可能性が高くなります。

そうなる前に、一度退職して休養するのが良いでしょう。

将来的にキャリアアップが望めない

将来的に、キャリアアップが望めない介護施設も少なくありません。

今の介護施設でキャリアアップできる制度があれば、転職せずにキャリアを積むと良いでしょう。

ただし、キャリアアップ制度があっても、活用出来ないケースもあるため見極めは必要です。

このように、キャリアアップが望めないと目標が達成できないため、今からでも転職活動を始めると良いでしょう。

介護福祉の求人情報ならカイゴジョブ。ヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの求人案件を17,000件以上掲載。

やりがいを感じているか

今の介護現場で、やりがいを感じているか少し考えてみましょう。

というのは、やりがいがあるかどうかで、働くモチベーションが保てるからです。

今の介護現場の仕事が楽しいと思えたり、達成感が得られたりするか振り返ってみてください。

振り返った結果、やりがいを感じられない人は、自分が介護職の楽しさや達成感が得られる転職先を探すと良いでしょう。

今の介護職を辞めるタイミングを考えよう

今の介護職を辞めるタイミングを考えよう
画像出典:photoAC公式サイト

今の現場を辞める判断をされた方は、勢いで辞めないようにしましょう。

ここでは、今の介護現場を辞めるタイミングを解説しているため、よく読んでから行動に移してくださいね。

転職先が決まってから退職する

先に退職せずに、転職先が決まってから退職するのがおすすめです。

転職先が決まっていれば、無職にならずに収入も維持できるため、安定しているからです。

介護職の転職では、人手不足の影響もあり、いつでも求人募集がある状態です。面接から採用までの期間も大体1ヶ月以内に決まります。

上司に退職の意向を伝えるタイミングは、求人の応募先で採用が決まった時点で良いでしょう。

こちらの記事「介護職を辞めたい高卒で転職する3つのポイントや3つの注意点と転職活動する3つの方法を解説」は高卒向けなのですが、転職するまでの内容自体は共通なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

すぐに退職する場合は生活費を確保しておく

すぐに退職する必要がある方は、生活費が十分に確保できているか確認しておきましょう。

というのは、すぐに退職してしまうと無職になり、収入が途絶えて生活が困難になるからです。

退職してすぐに転職先を探す場合は、3ヶ月くらいで見つかる可能性はあります。しかし、しばらく働けない方は十分な生活費が必要になるでしょう。

いずれにしても、自己都合の退職なら失業給付を3ヶ月後から受け取れるため、転職先が決まるまでの生活費に充てられます。

このように、先に退職する場合は生活費を維持させるだけの貯金が必要になるため、事前に確認をしておきましょう。

こちらの記事「【経験談有】介護職で私がパートを辞めたいと思った3つの理由や退職方法とWワークも解説」では、退職方法だけでなく私が経験してきたパート時代のノウハウも載せているので、良かったら読んでみてくださいね。

ボーナスが入る時期に合わせる

今の介護現場を辞めるタイミングは、ボーナスが入る時期に合わせましょう。

ボーナスが入れば、生活費や転職活動費に充てられるため、金銭的にゆとりができます。

気が引ける人はいるかもしれませんが、全く気にする必要がありません。ボーナスは、あなたがこれまで働いてきた評価で支給されるものです。

ボーナスが入るまで我慢ができる人は、退職する時期を合わせるのがおすすめです。

介護職からの転職する方におすすめの転職サイト3選

自分が働きやすい職場環境を求めて転職活動を始めるのは、新たなスタートにつながる有効な選択肢です。

ここでは転職を考える方に、サポートが受けられるおすすめの転職サイトを3つ紹介します。

カイゴジョブ

カイゴジョブ

画像出典:カイゴジョブ公式サイト

カイゴジョブは、介護職専門の転職支援サービスです。

カイゴジョブの転職支援サービスでは、全国各地の介護職のみの求人を自分で選べます。他には以下のような特徴があります。

  • 待遇面を相談できる
  • 全国各地の介護求人から探せる
  • 専任のキャリアアドバイザーに相談できる

何か困ったときには、専任のキャリアアドバイザーに相談できるため、安心して利用ができます。

項目内容
求人の数約19万5,000件
対応エリア47都道府県
特徴介護職に特化した求人が選べる
登録がおすすめの人全国各地の求人情報から介護職を探したい人
事業所や施設内部の情報を詳しく調べてから転職したい人

カイゴジョブで介護職を探す方は、以下の公式サイトから探せます。

≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ

カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェント

画像出典:カイゴジョブエージェント公式サイト

カイゴジョブエージェントは、全国各地の厳選された介護職の求人を扱う、介護職専門の転職支援サービスです。

カイゴジョブエージェントでは、介護職に特化した専任のキャリアアドバイザーが担当につく特徴があります。

気になる求人があれば、内部情報も提供してくれるため、入職後のミスマッチをある程度は防げます。

以下はカイゴジョブエージェントの特徴です。

  • 専任キャリアアドバイザーが担当する
  • 介護求人の内部情報が分かる
  • 全国各地の介護職の求人が探せる

取り扱う求人数は、非公開求人だけでも1万件以上あり、その中からキャリアアドバイザーがあなたに合う仕事を紹介してくれます。

そのときに待遇や条件などの希望を伝えておけば、要望に沿った仕事が見つかる可能性が上がるため、ぜひ利用してみてください。

項目内容
求人の数未公開(非公開求人1万件以上)
対応エリア47都道府県
特徴介護職に特化した専任のキャリアアドバイザーが担当する
登録がおすすめの人自分で求人を探すのが苦手な人
全国各地の介護職を探したい人

カイゴジョブエージェントで介護職を探す方は、以下の公式サイトから探せます。

カイゴジョブエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

画像出典:リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェントは、介護職以外に転職を考えている方におすすめです。

リクルートエージェントの特徴

  • 転職業界でトップクラス
  • 様々な職種の求人を掲載
  • 全国各地で対応可能

リクルートエージェントでは、さまざまな業界の求人情報を取り扱っているため、自分に合う転職先が見つかる可能性が高いです。

窓口で対応する担当者は、専門性が高いキャリアアドバイザーのため、適切なアドバイスがもらえます。

項目内容
求人の数10万件以上
対応エリア47都道府県
特徴最大手の転職エージェント
登録がおすすめの人他の業界に転職を考えている人
リクルートエージェントで仕事を探す!


 

【まとめ】まずは対処法を試してから考えよう

この記事では、介護職を辞めたい12個の理由や8つの対処法、転職するタイミングを解説しました。

以下に、本記事の内容をまとめているため、気になる部分を振り返ってみましょう。

まずは、辞めたい理由に対して自分で対処できないか検討してみましょう。

実際に対処が難しい場合には、転職を視野に入れて退職するタイミングを考えておくことです。

転職活動を考えている方は、本章で紹介した3つのサイトなら働きながら探せるため、強くおすすめします。

>>リクルートエージェントで仕事を探そう!
この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
介護職辞めたい
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました