記事内にプロモーションが含まれます

転職活動でマイナビエージェントを利用する方に電話面談する前にやっておく3つのことや3つの注意点なども解説

転職活動でマイナビエージェントを利用する方に電話面談する前にやっておく3つのことや3つの注意点なども解説

「マイナビエージェントの電話面接ってどうなの?」

こんなお悩みがある方はいませんか?

転職活動は手間と時間がかかって辛いですよね。

本記事では、マイナビエージェントの電話面談について解説しています。

本記事を読めば、電話面接する前にやることや伝えるポイントなども分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する前にやっておく3つのこととは

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する前にやっておく3つのこととは

はじめに、転職活動でマイナビエージェントに、電話面談する前にやっておく3つのことを解説していきます。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する前にやっておく3つのこと
  1. 自己分析をする
  2. 転職理由を明確にしておく
  3. 希望条件を決めておく

①自己分析をする

転職活動中の人は、マイナビエージェントに電話面談する前に、自己分析をしておきましょう。

というのは、マイナビエージェントの電話面談の時間が、約1時間だからです。

もし、自己分析せずに電話面接をしたら、自分の希望や強みを時間内に正確に伝えきれません。

しかし、事前に自己分析をしておけば、自分の希望や強みとスキルなども具体的に伝えられるため、電話面接をしたときにスムーズに話を進められます。

②転職理由を明確にしておく

転職活動中の人は、転職理由を明確にしてからマイナビエージェントに電話面談しましょう。

その理由は、電話面接であいまいな転職理由を伝えてしまうと、マイナスイメージを持たれる可能性が高いからです。

もし、マイナスイメージを持たれてしまったら、電話面接のみで話が終わります。

上記を踏まえて、電話面接をする前に転職理由を明確にしておくことです。

③希望条件を決めておく

転職活動をしている人は、電話面接する前に希望条件などを決めておきましょう。

希望条件を細かく伝えると、担当アドバイザーがお仕事を探す時間が短縮されて、早く求人を紹介されるからです。

具体的には、お仕事の内容や年収などが挙げられます。

このように、電話面接をするときは、事前に希望条件などを決めておくと良いです。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する3つの流れ

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する3つの流れ

実際に、電話面談をすることになったら、何から話したらいいんだろう?と思う方もいるはず。

ここからは、担当アドバイザーと電話面談する3つの流れを解説していきます。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する3つの流れ
  1. あいさつと自己紹介
  2. 転職活動の状況を聞かれる
  3. アドバイザーに相談する

①あいさつと自己紹介

転職活動でも基本的な部分になりますが、あいさつと自己紹介は明るい感じでしましょう。

というのは、電話面接でも第一印象は重要なポイントになるからです。

もし、担当アドバイザーにあいさつができない人と思われたら、お仕事の紹介も難しくなります。

一方で、しっかりあいさつと自己紹介さえできれば、社会人としてのマナーも含めて担当アドバイザーから評価されるため、お仕事の紹介もあるでしょう。

②転職活動の状況を聞かれる

これまでの転職活動の状況を聞かれるため、具体的に答えましょう。

その理由は、担当アドバイザーは、あなたの転職活動の状況をもとにお仕事を探すからです。

具体的には、転職理由や転職先の条件と、職歴やスキルなどが挙げられます。

上記の質問は、担当アドバイザーがあなたに合うお仕事を紹介するため、転職活動の状況を丁寧に伝えることが必要です。

③アドバイザーに相談する

電話面接では、転職に関する内容なら担当アドバイザーに相談ができます。

相談する内容は、非公開求人の紹介や賞与の交渉などでも大丈夫です。

ちなみに、一見聞きにくい内容でも担当アドバイザーからすると、前向きに捉える可能性もあります。

以上を踏まえて、転職活動でこれから電話面接をする人は、積極的に相談したほうが良いでしょう。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談で伝える3つのポイント

転職活動でマイナビエージェントに電話面談で伝える3つのポイント

電話面談では、伝え方ひとつで担当アドバイザーに与える印象が変わります。

まずは、どうすれば担当アドバイザーに良い印象をもってもらえるのか、転職活動している人が電話面談で伝える3つのポイントを解説していきます。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談で伝える3つのポイント
  1. 担当アドバイザーとの相性がある
  2. 転職したい意思を伝える
  3. マイナスイメージを与えない

①担当アドバイザーとの相性がある

相性の良い担当アドバイザーなら、普通に伝えても問題はありません。

しかし、担当アドバイザーとはいっても、それぞれやり方や考え方があるため、どうしても合う合わないが出てきます。

もし、どうしても担当アドバイザーと合わない人は、担当者変更が可能なため、お問い合わせフォームからメールを送りましょう。

②転職したい意志を伝える

電話面談では、直接する対面の面談とは違うため、転職したい意志が伝わりにくいです。

そこで、転職したい強い意思を伝えるためには、言葉選びやトーン以外にも転職に対する強い気持ちや考え方などを、積極的にアピールする必要があります。

そうすれば、担当アドバイザーも「転職活動で転職したい強い意志がある」と、期待を持たれる可能性が高まります。

③マイナスイメージを与えない

電話面接で担当アドバイザーに、マイナスイメージを与えないように気を付けましょう。

というのは、転職活動で転職したい意志が感じられなかったり、転職理由が曖昧だったりすると、担当アドバイザーにマイナスイメージを持たれる可能性があるからです。

そうならないためにも、電話面談では転職したい前向きな話をしましょう。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する3つのメリット

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する3つのメリット

続いては、転職活動でマイナビエージェントに電話面談する、3つのメリットを解説していきます。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談する3つのメリット
  1. どこからでも電話面談ができる
  2. 手短に済ませられる
  3. 対面の面談とほぼ同じ効果がある

①どこからでも電話面談ができる

電話面談なら、どこからでも利用ができる点がメリットと言えるでしょう。

というのは、本来なら転職活動をしている人は担当アドバイザーと直接面談をするため、現地まで移動する必要がありますが、電話面談では電話一本で済むからです。

このように、自分の好きなタイミングで電話面談ができるため、転職活動をしている人におすすめできます。

②手短に済ませられる

転職活動中で時間が取れない人に、この手短に済ませられる電話面談はおすすめできます。

おすすめの理由は、転職希望の業種や職種が決まっている人なら、手短に済ませられるからです。

手短に済むとはいっても伝える内容が薄ければ、担当アドバイザーも希望に沿ったお仕事を探せないため、転職活動をしている人は具体的に伝える必要はあります。

③対面の面談とほぼ同じ効果がある

電話面談でも担当アドバイザーと話せるため、ほぼ同じ効果が得られます。

ちなみに、対面の面談と変わらず、転職に関する問題なら何でも相談に乗ってもらえる点も同じです。

また、無料で何度でもサポートが受けられるのもメリットのひとつと言えます。

電話面談で得られた情報は転職活動で必ず役に立つため、積極的に利用してみましょう。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談するときの3つの注意点

転職活動でマイナビエージェントに電話面談するときの3つの注意点

ここでは、転職活動でマイナビエージェントに電話面談するときの、3つの注意点を解説していきます。

転職活動でマイナビエージェントに電話面談するときの3つの注意点
  1. 表情や人柄が伝わりにくい
  2. 応募書類の確認や添削が口頭になる
  3. 業種や職種の相談が伝わりにくい

①表情や人柄が伝わりにくい

電話面談では、声やトーンで話を進めていくため、表情や人柄が伝わりにくいです。

その理由は、本来なら表情や人柄も含めて面談を進めるため、希望に近い求人を探してもらえますが、電話面接では伝わりにくいからです。

もし、転職活動中のあなたがWebカメラを準備できるなら、マイナビエージェントにはWebカメラが導入されているため問題を解消できます。

②応募書類の添削や面接対策が口頭になる

電話面接では、応募書類の添削や面接対策なども口頭になってしまいます。

というのは、通常の転職活動なら現地に赴き担当アドバイザーが直接あなたの応募書類の添削や、面接対策などのサポートが受けられますが、電話面接では口頭になるからです。

上述の問題は、マイナビエージェントでは担当アドバイザーと転職希望者との間で、データのやり取りが可能になっているため心配はいりません。

③業種や職種の相談が伝わりにくい

電話面接では、担当アドバイザーにあなたの希望の業種や職種が伝わりにくい部分があります。

伝わりにくい理由は、電話面談で希望の業種や職種を伝えても、担当アドバイザーは転職希望者の人柄などが把握できず、向き不向きの判断が難しいからです。

これらを踏まえて、電話面接であなたの希望する業種や職種を、細かく伝える工夫が必要になります。

まとめ.転職活動はマイナビエージェントの電話面談が早い

本記事では、転職活動でマイナビエージェントを利用する方に、電話面談する前にやっておく3つのことや3つの注意点などを解説しました。

まずは、電話相談する前にしっかり自己分析をしておくことです。自己分析がしっかりできれいれば、担当アドバイザーに正確に伝えられるようになります。

他にも、電話相談するときは転職したい強い意志を伝えることが大切です。電話相談で得られる情報も転職活動では役に立つため、ぜひ利用してみてくださいね。

【公式サイト】マイナビエージェント

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました