記事内にプロモーションが含まれます

今さら聞けない介護職が喀痰吸引をするには?介護職員が受ける2つの研修や医療行為に当たる仕事内容も解説

今さら聞けない介護職が喀痰吸引をするには?介護職員が受ける2つの研修や医療行為に当たる仕事内容も解説

介護職で喀痰吸引をするにはどうしたら?

こんなお悩みはありませんか?

初めての人は喀痰吸引をする方法が分からないですよね。

本記事では、介護職が喀痰吸引をするために、介護職員が受ける2つの研修を解説しています。

本記事を読めば、介護職員が受ける喀痰吸引の研修内容が分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

介護職員が喀痰吸引をするには

介護職員が喀痰吸引をするには

はじめに、介護職員が喀痰吸引をするために必要な、2つの研修を解説していきます。

介護職員が喀痰吸引をするために必要な研修
  1. 基本研修
  2. 実地研修

①基本研修

基本研修には、以下の講義50時間と演習があります。

講義の項目必要時間数
人間と社会1.5
保健医療制度とチーム医療2
安全な療養生活4
清潔保持と感染予防2.5
健康状態の把握3
高齢者および障害児・者の喀痰吸引の概論11
高齢者および障害児・者の喀痰吸引概論実施手順の解説8
高齢者および障害児・者の経管栄養の概論10
高齢者および障害児・者の経管栄養実施手順の開設8
筆記試験1
合計50

演習の項目実施回数
喀痰吸引(口腔内)5回以上
喀痰吸引(鼻腔内)5回以上
喀痰吸引(気管カニューレ内部)5回以上
経管栄養(胃ろう)5回以上
経管栄養(経鼻経管栄養)5回以上
救急蘇生法1回以上

上記の基本研修は、実務者研修の「医療的ケア」と同様の扱いになります。

もし、介護福祉士を目指される方は、喀痰吸引等研修ではなく実務者研修を受けると良いでしょう。

②実地研修

基本研修と実地研修を修了すれば、喀痰吸引ができる資格が得られます。

以下の実地研修の項目と、実施回数を見ていきましょう。

実地研修の項目実施回数
喀痰吸引(口腔内)10回以上
喀痰吸引(鼻腔内)20回以上
喀痰吸引(気管カニューレ内部)20回以上
経管栄養(胃ろう)20回以上
経管栄養(経鼻)20回以上

上記の実施回数を実践して、指導員から合格をもらえたら修了です。

実施回数が多く感じますが、介護現場によっては1週間程度で終わります。

介護現場で喀痰吸引をするには

介護現場で喀痰吸引をするには

介護職員がする医療行為は有資格者に限定されており、医師や看護師の指示に基づいて行います。

喀痰吸引等研修、実務者研修、介護福祉士(喀痰吸引等研修を修了した者)を取得している介護職員は、それだけでは喀痰吸引はできません。

実際に介護現場で喀痰吸引をするには、自分が勤めている事業所が知事の登録を受けている必要があります。他にも、本人や家族の同意書も必要です。

その他に、医師からの指示に従い計画書を作成しなければなりません。ちなみに、医師や看護師が監督の元で喀痰吸引を実施した内容は、実施報告書を作成し記録として残しておかなければなりません。

以上のように、介護職員が喀痰吸引をするまでに研修を受けたり、事業所が知事の登録を受けたりすることで、介護現場で喀痰吸引ができるようになります。

介護職員がしたら医療行為にあたる仕事内容

介護職員がしたら医療行為にあたる仕事内容

介護職員は医療従事者ではないため、ほとんどの医療行為が禁止されています。

ここでは豆知識として、介護職員がしたら医療行為に当たる仕事内容を解説していきます。

介護職員がしたら医療行為にあたる仕事内容
  • 点滴の管理
  • 血糖測定
  • 摘便
  • 床ずれの処置
  • 褥瘡の処置
  • インスリン注射
  • 巻き爪の爪切り

上記の5つは、介護現場で必要とされる場面がありますが、介護職員はできないため注意が必要です。

中でも、巻き爪の見分けが難しいケースもあるため、現場の看護師に確認しましょう。

まとめ.介護職員も研修を受ければ喀痰吸引ができる

この記事では、介護職が喀痰吸引をするために、介護職員が受ける2つの研修や医療行為に当たる仕事内容も解説しました。

介護現場では、医療行為に直面する場面が多々あるため、正確な知識を持っておく必要があります。喀痰吸引もそのひとつに過ぎません。

介護職員ができる仕事内容を理解し、必要であれば研修を受けて仕事の幅を広げていきましょう。

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
介護職仕事内容
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました