記事内にプロモーションが含まれます

転職は当たり前!求職活動の状況が分かるアンケート調査と転職活動する3つの注意点と3つの理由も解説

転職は当たり前!求職活動の状況が分かるアンケート調査と転職活動する3つの注意点と3つの理由も解説

「転職は当たり前なの?」

このように思っていませんか?

結論から言いますと、転職は当たり前の時代です。

退職すると同僚に迷惑になるから悩みますよね。

本記事では、求職活動の状況が分かるアンケート調査をもとに解説しています。

本記事を読めば、転職活動する3つの理由と注意点が分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

転職は当たり前?求職活動の状況が分かるアンケート調査

転職は当たり前?求職活動の状況が分かるアンケート調査

転職を考えている方で「辞めるのが申し訳ない」「迷惑をかけてしまう」と思う方もいますよね。

その背景には、自分が退職したら仕事が周囲に分散されるため、同僚の仕事が増えることを気にしているからです。

しかし、転職理由が明確にあるのなら、次のステップに進むために転職はするべきでしょう。

そこで今回は、求職活動の状況が分かるアンケート調査をもとに解説していきます。

転職当たり前になっている求職活動の状況が分かるアンケート調査
  1. 求職活動の状況
  2. 転職するために行動した正社員
  3. 転職者の退職理由5項目

①求職活動の状況

下記のアンケート調査は、求職活動している人を対象に、正社員と正社員以外に分かれた表です。

求職活動の状況
参照:厚生労働省(採用における人材サービスの利用に関するアンケート調査結果の概要(求職者に対する調査))

厚生労働省のアンケート調査によると、64.7%の正社員が在職したまま転職活動をしています。

その背景には、収入を維持しながら、今より良い条件の企業を求めているからです。

正社員以外では、子育てなどを理由としてフルタイムで働けない人が、在職しながらアルバイトを探しています。

このように、より良い条件の企業に転職するための手段として、当たり前になっていると言えます。

「転職多い人を採用しますか?」という投稿を見て己を振り返ってみた。転職回数10回。新しい環境でもすぐ適応でき人間関係良好。ほぼ年収アップ。複数社で経験を重ね業務領域は広がっている。私はキャリアアップに転職という手段を採択してるだけ。転職回数で判断しなかった弊社代表の期待に応えたい。

美容番長なおみ|人材紹介マーケター(@narch703 4:21 PM · Oct 2, 2022)

②転職するために行動した正社員

続いては、転職するために行動された方を見ていきましょう。

年代転職するために行動された方転職された方
20代57.3%37.4%
30代64.5%52.8%
40代67.9%59.9%
50代64.2%58%
*転職された方と転職するために行動された方を加算しています

20代を見てみると、10人中5~6人が転職に向けて行動を起こし、そのうち3~4人が転職しています。

もっとも多いのは、40代で10人中6~7人が行動を起こし、その中から5~6人が転職している年代です。

その理由は、40代までに転職活動を終わらせたい人が多いからです。

以上のアンケート調査から、全体的に約60%の方が転職を経験しており、転職に対して前向きな考え方を持っていることが分かります。

不登校の子は仕事も長続きしないと思われてる?

実際、私も10回近く転職している(バイト含)。

職を転々とすることをマイナスと捉えるか、合わない職場にいつまでもこだわる必要はないと考えるか。

私自身は、転職するごとにキャリアアップしていったと捉えている。

新卒採用終身雇用の時代でもない。

ミコト(@makoto_mikoto 1:13 PM · Sep 28, 2022)

③転職者の退職理由5項目

下記は、年代別に退職理由をまとめたアンケート調査の結果です。

退職理由20代30代40代
仕事内容の不満35%32%29%
人間関係の不満36%31%29%
賃金の不満32%32%27%
労働条件の不満27%28%23%
スキルアップできない不満17%23%25%

上記の5項目は、年代にかかわらず多くの求職者が、同じ退職理由で転職を考えています。

その中でも30~40代の退職理由では「スキルアップができない」が、他の年代に比べると多い傾向です。

その理由は、キャリアアップなど今より良い条件を求めているからです。

上記のように、退職理由は年代にかかわらず共通する部分もあり、キャリアアップするための転職も当たり前の時代になっています。

もちろんネガティブな理由で転職回数を重ねることは推奨されるべきことではありませんが、年収アップやキャリアアップなどのポジティブな理由で転職回数を重ねることは健全的なことだと考えています。

GAKU@東京 外資系管理職・通訳案内士(@gaku19840128 12:00 PM · Oct 5, 2022)

転職は当たり前とはいえ、転職活動する3つの注意点

転職は当たり前とはいえ、転職活動する3つの注意点
出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23176409

転職は当たり前とはいえ、転職活動する3つの注意点も、しっかり理解しておく必要があります。

転職は当たり前とはいえ、転職活動する3つの注意点
  1. 年齢を重ねると転職が厳しくなる
  2. 転職先の環境に慣れるまで時間がかかる
  3. 必ずしも転職が成功するとは限らない

①年齢を重ねると転職が厳しくなる

20代であれば、経験やスキルがなくてもポテンシャルを期待されるため、企業から採用される可能性が高いです。

しかし、30代になると企業はポテンシャル採用よりも、経験やスキルを求めるようになります。

40代にもなれば、高いコミュニケーション能力やマネジメント能力も求められるため、転職するハードルが高いです。

上述のように、年齢を重ねると企業から求められるものが多くなるため、同じ業界なら経験を活かして転職も可能ですが、異業種への転職は30代から厳しくなるのが分かるでしょう。

②転職先の環境に慣れるまで時間がかかる

転職すれば転職先のルールに合わせて仕事を覚えたり、人間関係を構築したりするため、新しい環境に慣れるまでどうしても時間がかかります。

ゆえに、転職先の環境に慣れるまでは、周囲に気を配ったり緊張もしたりするため、身体的にも精神的にも疲労を感じやすいです。

ちなみに、転職先の環境に慣れるまでに個人差はあるものの、約6ヶ月かかると言われています。

このことから、転職したら無理はせず、自分のペースで環境に慣れていきましょう。

仕事に慣れると仕事ができるのは別物。慣れてる人はチームが変わると立ち上がりに時間が掛かり環境に結果が左右されますができる人はどんな環境でも安定した結果を出します。転職先でこんなはずではなかったと結果が出ないのは仕事に慣れてただけなのかもしれません。

新井啓央/株式会社ジョブサポート経営(@arai_job 4:39 PM · Oct 1, 2022)

③必ずしも転職が成功するとは限らない

どんなに転職先の企業を調べても、実際に入社してみないと自分に合う企業か分からないですよね。

なぜかというと、転職先で人間関係が悪かったり、やりたい仕事ではなかったりすると長く続けられない可能性があるからです。

例えば、事前に転職先を調べて「給与が上がる」と確認し、実際に入社して「給与が上がった」ものの、それ以外の人間関係がうまくいかないケースもあります。

以上のような結果もあり得るため、自分が求めているものが達成できなければ、再び転職活動を再開するのも良いでしょう。

転職が当たり前と言われる3つの理由

転職が当たり前と言われる3つの理由

転職する理由は人によって異なりますが、現職より良い企業に転職したい気持ちは共通しています。

私の場合は介護職でしたが、管理者やケアマネを目指すにあたり、施設形態ごとに経験を積みたかったため、何度か転職を繰り返しました。

ここでは、転職が当たり前と言われる3つの理由を解説していきます。

転職が当たり前と言われる3つの理由
  1. キャリアアップにつながる
  2. 年収アップする
  3. 人間関係をやり直せる

①キャリアアップにつながる

今の環境で自分の経験やスキルを活かせないのであれば、キャリアアップは難しいですよね。

その理由は、自分の経験やスキルを活かせない環境では、キャリアアップするための経験が積めずスキルも磨けないからです。

企業によっては、キャリアパス制度などさまざまな制度があるため、このような制度がある企業を探すとキャリアアップもしやすくなるでしょう。

ちなみに、目標が明確ならキャリアアップに必要な経験やスキルが分かるため、自分に必要な経験やスキルが積める企業を見つけられます。

転職市場における20代と30代のキャリアに対しての考え方の違いとしては、

20代▶︎専門性を身につける

30代▶︎経験を活かす

上記の違いがある。

20代のうちはできるだけ営業やエンジニア、バックオフィスなど職種の専門性を高めて30代のタイミングで経験を活かしてキャリアアップ転職を狙うべき。

古賀優太@福岡転職ドットコム代表(@fukuokajobkoga 6:19 PM · Jul 28, 2022)

②年収アップする

これまでの経験やスキルを活かせる仕事なら、年収アップも望めるでしょう。また異業種に転職しても、条件次第では年収がアップする可能性はあります。

というのは、さまざまな場面で役に立つ経験やスキルがある職種では、異業種へ転職した後に高い評価を受けるケースがあるからです。

一方で、転職先で自分の経験やスキルが活かせない未経験の職種では、年収アップは難しくなります。

このように、自分の経験やスキルが活かせるなら、たとえ未経験の職種でも年収がアップする可能性が高いです。

③人間関係をやり直せる

現職で人間関係が改善できなかった方は、転職先で人間関係をやり直せる機会があります。

なぜなら、会社が変われば人間関係もリセットされるため、現職で人間関係が改善できなくても問題はないからです。

ただし、転職先で同じことが起きないように、現職でなぜ人間関係がうまくいかなかったのか理解しておく必要があります。

これらを踏まえて、新しい職場では先輩の言うことを素直に聞いておきましょう。もしそこで聞かれてもないのに「前の会社では○○してました!」などと言ってしまうと、人間関係を悪くする可能性があります。

まずは、謙虚な姿勢で仕事に取り組むことがなにより大切です。

30代前半はメンタルダウン4年。資料は投げ捨てられ、人格否定は当たり前。夜中に目は覚め、会社向かうのがつらい日々。どん底で何も見えなかった。でも30代後半で転職。朝活。Twitterスタート。環境と人間関係を変えたら少しずつ希望が見えてきた。自分で人生諦めなければ、いつからだってやり直せる。

やす|コツコツ継続の人(@yasulog2 6:10 AM · Oct 4, 2022)

まとめ.退職理由はさまざま 転職は当たり前の時代

本記事では、転職は当たり前の状況が分かるアンケート調査と、転職活動する3つの注意点と3つの理由も解説しました。

現代では、年収アップやキャリアアップを理由に、転職するのは当たり前の時代です。

ただし、転職する理由と注意点をしっかり押さえていないと、転職に失敗する可能性があるため、転職を考えている方は本記事を参考にしてみてくださいね。

【関連記事】転職活動で現職に残る3つの理由や失敗した経験談を詳しく解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました