記事内にプロモーションが含まれます

転職活動で転職に失敗して再転職を繰り返している3つの原因や私が転職成功した3つのポイントも解説

転職活動で転職に失敗して再転職を繰り返している3つの原因や私が転職成功した3つのポイントも解説

「転職に失敗したから再転職したい」

こんなお悩みはありませんか?

入社したら思っていた会社ではなくて、転職を繰り返している人もいますよね。

この記事では、転職に失敗して再転職を繰り返している原因を紹介しています。

この記事を読めば、再転職を成功させる3つのポイントが分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

転職活動で転職に失敗して再転職を繰り返している3つの原因

転職活動で転職に失敗して再転職を繰り返している3つの原因

はじめに、転職活動で転職に失敗して、再転職を繰り返す3つの原因を解説していきます。

転職に失敗して再転職を繰り返す3つの原因
  1. 思っていた仕事と違った
  2. 前の会社の方が良かった
  3. 人間関係が悪かった

①思っていた仕事と違った

転職活動で転職したけど、自分の思っていた仕事と違い、再転職を繰り返す人も多いでしょう。

その原因は、転職先が異業種だったり、会社内に複数の部署があったりするからです。

対策としては、事前に企業情報を細かく調べておく必要があります。また面接でも自分の思っている仕事なのか聞くのも有効です。

以上を踏まえて、再転職を繰り返さないために、自分の思っている仕事なのか、念入りに企業情報を調べるのが良いでしょう。

②前の会社の方が良かった

転職した後に、前の会社の方が良かったと感じる人も少なくありません。

というのは、前の会社の方が働きやすかったり、待遇も良かったりするからです。

このように、入社後に気付くことで、また再転職を繰り返す流れができています。

③人間関係が悪かった

人間関係だけは入社してみないと分かりません。

その理由は、職場見学のときには良さそうだったけど、いざ入社してみると人間関係が悪かったと気付き、後悔する人が多いからです。

仮に人間関係が悪い会社だったとして、再転職を繰り返すほどなのか、よく考える必要があります。

どうしても耐え難い状況のときは、再転職を検討しましょう。

転職活動で転職に失敗したあとに再転職するメリット・デメリット

転職活動で転職に失敗したあとに再転職するメリット・デメリット

続いては、転職活動で転職に失敗したあとに、再転職するメリットとデメリットを解説していきます。

転職活動で失敗した後に再転職するメリット・デメリット
  1. 再転職するメリット
  2. 再転職するデメリット

①再転職するメリット

転職で失敗したら、再転職先を探すのは悪いことではありません。

その理由は、次の転職先で新しくスタートした方がメリットがあるからです。

もし、そのまま自分に合っていない会社で頑張っても、ストレスが溜まったり体調を崩したりする可能性があります。

以上を踏まえて、そのまま働くと状況が悪化する可能性もあるため、再転職をした方が良いでしょう。

②再転職するデメリット

転職活動で転職に失敗したら、次の転職先を探したくなりますよね。

しかし、再転職するのは、できる限り避けた方が良いでしょう。

というのは、面接官から見た再転職者は「すぐに辞める」「なにか問題がある」などと、マイナスの印象を与える可能性が高いからです。

他にも、転職を繰り返す癖がつくのもデメリットと言えます。

転職に失敗したあとに再転職を成功させる3つのポイント

転職に失敗したあとに再転職を成功させる3つのポイント

続いては、転職で失敗したあとに、再転職を成功させる3つのポイントを解説していきます。

再転職を成功させる3つのポイント
  1. 失敗から学ぶ
  2. 自己分析をする
  3. 知人や転職エージェントのアドバイザーに相談する

①失敗から学ぶ

転職活動で転職に失敗したときに、なぜ失敗したのか掘り下げて考える必要があります。

その理由は、今までのやり方で再転職先を探すと、同じ失敗を繰り返す可能性が高いからです。

まずは、転職に失敗した原因を明確にし、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

このように、失敗から学ぶことで転職で成功する可能性が高くなります。

②自己分析をする

転職活動で必須と言われている、自己分析をしておきましょう。

というのは、自己分析をすると、自分の経験やスキルが整理できるからです。

さらに、自分に合うお仕事も分かるようになるため、再転職で成功する可能性が上がります。

ちなみに、自己分析は一回で終わりません。転職活動を始めるときは、今現在の自己分析をしておくのがポイントです。

③知人や転職エージェントのアドバイザーに相談する

転職活動で失敗しないためには、知人や転職エージェントのアドバイザーに相談するのが良いでしょう。

その理由は、転職に失敗しないように、ひとりで転職活動を進めても限界があるからです。

そんなときは、知人に相談して自分の状況を客観的に見てもらったり、面接の練習をしてもらったりすると再転職で成功する可能性は高くなります。

他には、転職に強い転職エージェントのアドバイザーに相談するのも有効です。アドバイザーの協力があれば、自己分析や応募書類の作成から添削などの幅広いサポートが受けられるため、おすすめはできます。

まとめ.転職に失敗したら再転職を考えよう

本記事では、転職に失敗したあとで再転職を繰り返す3つの原因と、成功させる3つのポイントなどを解説しました。

転職で失敗を繰り返している人は、まずは原因を突き止めて解決できないか、見直してみてください。原因が分かってしまえば、再転職で成功する可能性がグッと高くなります。

一人で解決できない人は、知人や転職エージェントのアドバイザーに相談すると良いでしょう。

【関連記事】転職活動で転職に失敗した2つのあるあるな体験談と気を付ける3つのポイントなども解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました