記事内にプロモーションが含まれます

転職活動でスキルなし30代女性の転職は難しい?私が感じた転職が厳しくなる3つの理由と内定率を上げる4つの方法を解説

転職活動でスキルなし30代女性の転職は難しい?私が感じた転職が厳しくなる3つの理由と内定率を上げる4つの方法を解説

「スキルなし30代女性の転職は難しい」

こんなお悩みはありませんか?

スキルなし30代女性の転職は、難しく感じる場面がありますよね。

本記事では、転職活動でスキルなし30代女性の転職が、厳しくなる3つの理由を解説しています。

本記事を読めば、内定率を上げる4つの方法もわかるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

転職活動でスキルなし30代女性の転職が厳しくなる3つの理由

転職活動でスキルなし30代女性の転職が厳しくなる3つの理由

転職活動中の30代女性でスキルなしの転職では、「経験はあるけどスキルがない」などと、不安に感じている方も少なくありません。

はじめに、スキルを持たない30代女性の転職が厳しくなる、3つの理由を解説していきます。

転職活動でスキルなしの30代女性の転職が厳しくなる3つの理由
  1. 有資格者やスキル所持者と比較される
  2. 未経験の業種への転職が厳しくなる
  3. ポテンシャル採用が期待できない

①有資格者やスキル所持者と比較される

スキルなし30代女性の転職では、有資格者やスキル所持者と比較されます。

というのは、スキルなしの30代女性より、有資格者やスキル所持者の方が即戦力として期待がもてるからです。

スキルが必要な企業側から見ると、スキルなしの30代女性は、現場で活躍ができない可能性が高いと考えます。

以上のように、30代女性でスキルがないと、周囲の有資格者やスキル所持者と比較されるため、転職活動が厳しくなる理由のひとつです。

②未経験の業種への転職が厳しくなる

転職活動でスキルなし30代女性の転職で、未経験の業種は厳しいでしょう。

その理由は、未経験のスキルなし30代女性を、1から育成する時間がかかるからです。

もし、企業側が人材不足になっているなら、未経験のスキルなし30代女性の採用もあります。

とは言っても、事前に企業側の情報が分からないため、やはりスキルなし30代女性の転職は厳しいと言えます。

30歳あたりから未経験の業種への転職はもう厳しくなるね。採用側はその人の時間(経験)を買うわけなので、未経験だとメリットがなくなってしまいます。

ハシモト@HR(@hashimoto_yuzee)Aug 6, 2022

③ポテンシャル採用が期待できない

スキルなしの30代女性になると、ポテンシャル採用は期待できません。

ポテンシャル採用が期待できない理由は、30代女性になると経験やスキルが求められるからです。

具体的には、30代女性のこれまでどんな経験や、スキルを身につけてきたのか聞かれます。

このように、スキルなし30代女性では、20代のように熱意だけで採用はされないため、熱意だけでなく自分の経験もしっかり伝えましょう。

未経験エンジニアの就職に関しての所感

〜29歳 実力やコミュ力次第だけどポテンシャル採用枠でいける

30〜32歳 厳しいけど能力次第ではギリギリ滑り込めるかも

33歳〜 かなり厳しい。運要素がだいぶ絡む。

いずれにしても給与が新卒レベルになるのは覚悟したほうがいいかな。あくまで所感です。

ひさじゅ@Web系就職に強いプログラミングスクールRUNTEQ(@hisaju01)Mar 8, 2018

スキルなし30代女性が転職活動する2つのケース

スキルなし30代女性が転職活動する2つのケース

続いては、スキルなし30代女性が転職活動する、2つのケースを解説していきます。

スキルなし30代女性が転職活動する2つのケース
  1. 同じ業界に転職
  2. 未経験の業界に転職

①同じ業界に転職

転職先が同じ業界なら、30代女性でスキルがなくても問題はありません。

というのは、企業側が即戦力として、同じ業界の経験者も求めているからです。

企業側が求める人材であれば、30代女性でも採用される可能性は十分にあります。

以上を踏まえて、同じ業界に転職する30代女性は、これまでの経験をアピールしましょう。

②未経験の業界に転職

スキルなし30代女性の転職先が、未経験の業界だと転職は難しくなります。

その理由は、30代女性からは経験やスキルが求められるからです。

とはいえ、業界や職種によっては、未経験の業界でも転職できる可能性があります。

例えば、サービス業や介護職などが挙げられます。

転職賞味期限は33歳でしょうね

25ー29歳は社会人も一通り経験して、給与も安くて良いし、ポテンシャル採用が可能

30ー33歳だと給与も高く、ポテンシャル採用は無理で即戦力採用のみ

34歳以上だと相当実績残さないときつい

ただ上記は未経験業界への転職の話で、同じ業界で転職なら30代後半でも可能

川田耕作(@kawata_tenshoku)Dec 23, 2019

転職活動でスキルなしの30代女性が内定率を上げる4つの方法

転職活動でスキルなしの30代女性が内定率を上げる4つの方法

転職活動では、「今より良い会社を探したい」「働きながらはきつい」と思っている方は多くいます。

ここからは、スキルを持たない30代女性が内定率を上げる方法を、4つに分けて解説します。

転職活動でスキルなし30代女性が内定率を上げる4つの方法
  1. 自己分析(過去の経験を整頓する)
  2. ブランクを作らない(無職の期間を作らない)
  3. スキルを身に付ける
  4. 転職エージェントのアドバイザーに相談する

①自己分析(過去の経験を整頓する)

30代女性でスキルがなくても過去の経験があるため、今現在の自己分析をします。

というのは、今現在の自己分析をすると、過去に経験してきた自分の強みやスキルが整頓できるからです。

ちなみに、自己分析をすると応募書類の作成がより明確になり、面接官からの質問にもしっかり回答ができるようになります。

下記に自己分析のやり方で、4つの手順を載せています。

自己分析のやり方で4つの手順
  1. 過去の経験を紙に書き出す
  2. 書き出した過去の経験に対して「なぜ」をもう一歩踏み込む
  3. 過去に経験した特徴や選択基準を調べ直す
  4. 調べ終わったら、企業選びから絞り込

転職失敗理由第1位『転職サイト選び』っていろんな広告でよく見かけるけど、本当の1位は『経験・スキル不足』だから。転職が主流になってきてる今、企業は本物の即戦力を求めている。特に10〜12月は一気に求人が動くからチャンスだよ。今からでも遅くない。自己分析して自分の本物のスキル発掘しよ。

ダーノ(@dano_biz) Sep 28, 2022

②ブランクを作らない(無職の期間を作らない)

転職先が決まるまでは、働きながら転職活動を続けてブランクを作らないようにします。

その理由は、ブランクがある応募者を面接官は「何をしていたのか」「仕事を任せていいのか」などと、マイナスイメージを持たれる恐れがあり、不採用になる可能性が高くなるからです。

働きながら転職活動をすれば、長期化してもブランクはできないため、面接官にマイナスイメージを持たれる心配はありません。

経歴にブランクを作らない(空白を作らない)という意識は意外と大事。自分は昔転職した時も、金曜に退職し月曜には新しい所で働いてた。

ヒトは、空白があると非常に気になる生き物。採用面接する時キャリアにブランクがあったら「この空白期間は何をしていたか」と聞きたくなるし聞くべきだと思う。

小田恵美子@経営者専門占い(@mi_dorino)Nov 17, 2020

③スキルを身に付ける

スキルを持たない女性が転職活動を有利にするには、今から勉強してスキルを身に付ける方法も有効です。

スキルを身に付けると、即戦力として過去の経験も含めて、面接官にアピールができるからです。

ちなみに、応募する企業や職種が決まっている人は、それに合わせてスキルを身に付けると良いでしょう。

このように、事前にスキルを身に付けると、他の30代女性の応募者より転職活動を有利に進められます。

今の職場で頑張ることは無駄じゃないので、スキルを身につけるだけ身に付けてさよならしよう。その間に資格も取って転職活動を進める。

全部同時進行でやる。

ねむ😪💤ゆたくん尊いbot👑(@copecope79) Apr 11, 2022

④転職エージェントのアドバイザーに相談する

スキルを持たない30代女性で内定率を上げるには、転職エージェントのアドバイザーに相談すると良いでしょう。

というのは、アドバイザーに相談すると転職に関するアドバイスがもらえるため、問題を早く解決できたり転職活動の負担軽減にもつながったりするからです。

具体的には、自己分析や応募書類の作成から添削までサポートが受けられるため、転職活動を有利に進められます。さらに面接対策や面接日の調整だけでなく、内定後のフォローもあります。

上記の他にも、アドバイザーの紹介で企業に推薦状を書いてもらえる機会があるため、このようなチャンスを活用できれば書類選考をスキップして内定率を上げられます。

転職活動で効率よくできなかった経験談

私も働きながら転職活動をしていましたが、仕事をしながらでは時間が取れず、納得のいく転職はできませんでした。

当時の経験を振り返ると、転職活動でハローワークや雑誌の求人に応募するだけでは、効率が悪かったです。

今のように、転職エージェントのアドバイザーに相談する選択肢があれば、情報収集の一環として活用していたと思います。

【転職前の自分に言いたいこと】

・自分の仕事は会社のコアな仕事じゃないよ!

・30代になると転職かなり難しくなるよ!

・まず悩んでる暇があったら、エージェントに相談!

・いろいろなエージェントに相談や!

・1年後のお前はすごく充実しているよ!

てんてん@転職エージェント👔円満家庭を作るための仕事選び(@Vchangingjob)Sep 25, 2022

まとめ.スキルなしの30代女性でも業種や職種によっては転職できる

本記事では、転職活動でスキルなし30代女性の転職が厳しくなる3つの理由と、内定率を上げる4つの方法を解説しました。

結論から言いますと、30代女性でスキルがなくても、同じ業種なら転職は可能です。しかし異業種に転職は、経験やスキルがなければ難しくなります。

少しでも内定率を上げるために、本記事でご紹介した内定率を上げる4つの方法を実践してみましょう。

【関連記事】転職は当たり前の時代?メリットやデメリットとアンケート調査も解説

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました