記事内にプロモーションが含まれます

転職活動で1社目が内定しても続ける3つの理由と必ず確認する3つのポイントなどを解説

転職活動で1社目が内定しても続ける3つの理由と必ず確認する3つのポイントなどを解説

「転職活動で1社目が内定したけど続けるべき?」

こんな悩みを抱えていませんか?

辛い転職活動は早く終わらせたいですよね。

この記事では、1社目が内定しても転職活動を続ける3つの理由を解説しています。

この記事を読むと、内定後に必ず確認する3つのポイントも分かるようになるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

転職活動で1社目が内定しても続ける3つの理由

転職活動で1社目が内定しても続ける3つの理由

転職活動では、自分に合う企業に入社したいですよね。

もし1社目で内定して、そこで決めてしまうと後悔する可能性があります。

はじめに、転職活動で1社目が内定しても、そのまま続ける3つの理由を解説していきます。

転職活動で1社目が内定しても続ける3つの理由
  1. 1社目の内定に納得していない
  2. 自分に合う企業が他にも見つかるかもしれない
  3. 早く転職活動を終わらせたい

①1社目の内定に納得していない

転職活動は、1社目の内定に納得していない人は続けた方が良いでしょう。

というのは、そのまま内定先に決めてしまうと、納得していない部分で後悔するからです。

具体的には、例えば給与が高い企業を探していたとします。しかし内定先の給与がそこまで高くない企業だったときです。

このように、自分が納得できる企業なのか、内定後に確認しておくことが重要です。

②自分に合う企業が他に見つかるかもしれない

自分に合う企業が1社目で内定しても、転職活動は続けましょう。

その理由は、自分に合う企業が1社だけではないからです。

とはいえ、転職活動する資金や時間がない人は、内定を決めても問題はありません。

逆に、転職活動する時間と資金に余裕がある人は、自分に合う企業を続けて探すことをおすすめします。

③早く転職活動を終わらせたい

転職活動は、一日でも早く終わらせたい人は多いでしょう。

というのは、転職活動が精神的にも身体的にも負担が大きいからです。

もし、早く終わらせたい一心で内定先を決めてしまうと、後悔する可能性が高くなります。

以上を踏まえて、転職活動は早く終わらせたいですが、妥協せずに頑張りましょう。

転職活動を早く終わらせた経験談

私も転職活動で辛い日々を経験したひとりです。

私の場合は、転職活動が長期化して、仕事に就けるのか不安な思いをしていました。

その当時の転職活動では、どこでもいいから早く内定が欲しくて、企業から内定通知がきたときには安堵したものです。

しかし、そんな状況の内定では再就職しても続かず、働きながら転職活動を再開していました。

転職活動で1社目が内定したら必ず確認する3つのポイント

転職活動で1社目が内定したら必ず確認する3つのポイント

転職活動では、1社目が内定しても油断してはいけません。

ここからは、転職活動で1社目が内定したら、必ず確認する3つのポイントを解説していきます。

転職活動で1社目が内定したら必ず確認する3つのポイント
  1. ほんとうにキャリアアップできるのか確認
  2. 今一度、企業情報を再確認
  3. ブラック企業ではないか確認

①ほんとうにキャリアアップできるのか確認

転職活動で内定したら、ほんとうにキャリアアップできるのか確認しておきましょう。

というのは、入社してキャリアアップできなかったら、転職活動をした意味がないからです。

実際に入社してみると、キャリアアップができないと後悔し、転職活動を再開する人も少なくありません。

上記を踏まえて、1社目が内定してもキャリアアップできるのか、必ず確認が重要です。

②今一度、企業情報を再確認

内定が決まったら、もう一度企業情報を再確認しておきます。

その理由は、これから入社するかもしれない企業のため、念入りに調べる必要があるからです。

具体的には、何か情報を見落としていないか、自分の思っていた内容と違っていないか、もしかすると見つかるかもしれません。

以上のように、再確認をすれば安心して入社できるようになるため、最後まで気を抜かずにいきましょう。

③ブラック企業ではないか確認

1社目の内定先がブラック企業ではないか、確認しておくのも重要なポイントです。

というのは、もしブラック企業に入社したら「こんなはずじゃなかった」となるからです。

実際にブラック企業の見分け方は、関連のある社会人の先輩やOB、インターネット上から得られる情報(口コミ・ツイッター・グーグルなど)を参考にします。

しかし、あくまで参考程度のため、合わせてハローワークの相談窓口や転職エージェントのアドバイザーに相談するのも良いでしょう。

まとめ.転職活動で1社目が内定したら油断せずに確認しよう

本記事では、転職活動で1社目が内定しても続ける3つの理由と、必ず確認する3つのポイントなどを解説しました。

結論から言うと、転職活動で1社目が内定しても、転職活動は続けた方が良いです。

もし1社目が内定したら、油断せずに必ず3つの確認をするようにしましょう。

関連記事転職活動中につなぎバイトを選ぶ3つのポイントと口コミ情報を紹介

関連記事【転職活動で現職に残る3つの理由や失敗した経験談を詳しく解説

関連記事転職活動で甘い言葉に惑わされやすいポイントとその対処法を解説!

関連記事【転職活動であっさり内定は逆に不安、内定保留のリスクも解説

関連記事【【初心者必見】転職活動を始めるときの4つのポイントを紹介 】

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました