記事内にプロモーションが含まれます

介護職を辞めたい高卒で転職する3つのポイントや3つの注意点と転職活動する3つの方法を解説

介護職を辞めたい高卒で転職する3つのポイントや3つの注意点と転職活動する3つの方法を解説

介護職を辞めたいけど高卒だから転職が心配。

こんなお悩みを抱えていませんか?

介護現場を辞めたいけど、高卒で転職できるか心配になりますよね。

本記事では、介護職を辞めたい高卒で転職する3つのポイントを解説しています。

本記事を読めば、高卒で転職活動する方法と注意点が分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

介護職を辞めたい高卒で転職する3つのポイント

介護職を辞めたい高卒が転職する3つのポイント

はじめに、介護職を辞めたい高卒の人が、転職する3つのポイントを解説していきます。

介護職を辞めたい高卒で転職する3つのポイント
  1. 年代によって変わる
  2. 経験年数
  3. 資格の有無

①年代によって変わる

介護職を辞めたい高卒の人は、そのときの年代によって転職が難しくなります。

というのは、20代であればポテンシャル採用で転職できる可能性がありますが、30代を過ぎると資格や経験を求められるため、転職が難しくなるからです。

とは言っても、同じ介護業界に転職する人は、人手不足の介護現場が多いため、年代を気にする必要はありません。

以上を踏まえて、介護職以外に転職する場合は、自分の年代を考えてから行動すると良いでしょう。

20代の頃と30代の頃に転職した経験談

私も、20代の頃から転職を繰り返してきた一人です。

当時の20代の転職では、応募企業への書類選考も通りやすく面接でもやる気が伝われば、未経験でも採用されていました。

しかし、30代以降になると異業種の未経験では、書類選考が通らなくなり明らかに転職のハードルが上がっていました。

あの頃の私は、ハローワークや求人雑誌から求人を探して応募をしていましたが、なかなか採用がもらえず転職できるか不安な日々が続いていました。

そこからどうしたかと言うと派遣です。

派遣を選んだ理由は、派遣情報を見て気になる求人が見つかれば、派遣登録するだけで派遣会社が必要書類など準備し手続きをしてくれるからです。

さらに、派遣会社からなら書類選考がないため、効率よく探せました。

今時は、WEB上に転職支援サービスがあるため、自分に合った仕事の探し方をすると良いと思います。

最近、疲れが抜けないなぁ・・・。
夜勤専属もそろそろ限界かな。
介護職を引退したいが、年齢の縛りや
コロナ禍では転職もままならない。

歴オタ介護士(@rekiotakaigosi Aug 22, 2022)

②経験年数

これまで介護現場で働いてきた経験年数も関係があります。

その理由は、転職先が同業種の場合、経験年数が有利になるからです。

一方で、転職先が異業種の場合は有利にはなりませんが、経験年数が長ければプラスイメージにつながる可能性はあります。

このように、経験年数が考慮される場面もあるため、職種を選ぶポイントのひとつです。

介護職には「3年目の壁」「5年目の壁」「7年目の壁」「10年目の壁」があり、「主に転職しやすいのがその経験年数」と聞いたことがある。特にデータは無いけど、新人から中堅、リーダークラス、ベテラン等立場が変わると精神的な負担が増える。思えば、自分もそうだったかな。フォローって大事。

ちゃまきち@介護職(@chamaji_kaigo Feb 11, 2022)

③資格の有無

高卒の人が転職するときは、転職先で役立つ資格を取得しましょう。

というのは、資格を持っているだけで求人募集の資格要件を満たすからです。

具体的には、転職先の業種が分かっている人は、関連した資格を取得すると採用率が上がります。

上述のように、転職先で役立つ資格を持っていると、転職活動を有利に進められます。

転職先を探すときに役に立った資格の経験談

私の場合は、同じ介護職に転職を繰り返していたので、転職先を探すときに資格や実務経験が役立ちました。

役に立った資格は、おもに介護福祉士の資格や実践者研修などです。他には、介助全般の実務経験やパソコンスキルなどもあります。

実際の介護職の求人は、初任者研修以上・実務者研修以上・介護福祉士・実務経験者優遇などが掲載されているので、求人募集に応募するハードルは低かったです。

介護職についたなら介護福祉士の資格は取っておきましょう。
その資格はデイサービスの収入に関係してきますので転職する時に経験年数が多くて未取得の方より有利になる事が多いんです。
難易度もそこまで高くはなく、しっかりと業務をこなして制度をざっくりでも理解できていれば大丈夫ですよ。

やんわり|デイサービス専門(@yanwarai Nov 1, 2022)

介護職を辞めたい高卒の人が転職するときの2つの注意点

介護職を辞めたい高卒の人が転職するときの2つの注意点

介護職を辞めたい高卒の人は、転職先が同じ介護職か異業種なのかによって、注意するポイントが変わります。

続いては、介護職を辞めたい高卒の人で、転職するときの2つの注意点を解説していきます。

介護職を辞めたい高卒の人が転職するときの2つの注意点
  1. 同じ介護職に転職
  2. 介護職以外に転職

①同じ介護職に転職

同じ介護業界に、転職を考えている高卒の人は注意しましょう。

その理由は、転職先でも同じ理由で、辞めたい気持ちになる可能性があるからです。

例えば、辞めたい理由が人間関係なら、転職先でも同じ気持ちになるかもしれません。

以上を踏まえて、まずは辞めたい理由を明確にして、転職先で同じ状況にならないように考えておきましょう。

同じ介護職に転職を繰り返した経験談

私は過去に、資格を取得するために未経験でも働ける介護施設を探していました。

当時はヘルパー2級(現初任者研修)しか持っておらず、未経験募集の求人にしか応募ができませんでした。

実際に、何社か未経験募集の求人に応募した結果、無事に入社できたので実務経験を積んでいきました。その過程で実務者研修と認知症サポーター養成講座を修了しました。

しかし、その会社は研修制度が充実していなかったので、研修制度が充実している施設を探すために転職を始めたのも覚えています。

ちなみに、私が取ろうとした資格や研修は、介護福祉士の国家資格と、実践者研修や管理者研修などです。

一番時間がかかったのは、実務経験が3年以上の介護福祉士の取得でした。当時は働きながら勉強していましたが、幸い1回目の受験で合格できたので良かったです。

しかし、実践者研修と管理者研修は、会社の推薦がないと受けられないのですが、その会社では推薦がもらえなかったので他の会社に転職しました。

転職先の会社では、実践者研修も管理者研修も受けさせてもらえましたが、その当時の管理者が辞めない限りチャンスがない現実を知りました。

そこから数年後、知り合いから声が掛かり管理者になれるお話が来たので、長い時間がかかりましたが目的を達成しました。

②介護職以外に転職

高卒の人が介護以外に転職するときは、年代や資格の有無で難しくなります。

なぜかというと、年代なら企業は20代にポテンシャルを期待しますが、30代からは資格や実務経験を求めるようになるからです。

他にも、資格が転職先で役立つものなら、介護職以外でも採用率を上げられます。

上記のように、介護職以外に転職を考えるなら、この辺りは注意して探しましょう。

30代の頃に介護職以外に転職しようとして失敗した経験談

30代の頃に、介護以外の仕事に就こうとして、転職活動を始めた過去があります。

しかし、介護職から異業種への転職だったので、なかなか書類選考が通りませんでした。

仮に面接ができても、30代の未経験では明らかに手ごたえがなく、採用された記憶はなかったです。

他の手段として、内定が取れやすい派遣会社からの紹介も、タイミングが合わなかったのか紹介してもらえませんでした。

結局のところ、当時は異業種に転職できずに、そのまま我慢して働き続けました。

介護職を辞めたい高卒の人の転職活動をする3つの方法

介護職を辞めたい高卒の人の転職活動をする3つの方法

介護職を辞めたい高卒の人が転職活動をするときに、どうしたらいいのか悩んでいる人も少なくありません。

ここからは、介護職を辞めたい高卒の人が転職活動をする、3つの方法を解説していきます。

介護職を辞めたい高卒の人が転職活動をする3つの方法
  1. 現時点の自己分析をする
  2. 働きながら転職先を探す
  3. ハローワークや転職支援サービスで求人を探す

①現時点の自己分析をする

現職の経験も含めて、現時点の自己分析をします。

その理由は、現時点の自分の経験やスキルを整理整頓できるからです。

具体的には、転職先に応募する書類の作成や、面接で受け答えなどがスムーズになります。

以上のように、転職活動をする高卒の人は、現時点の自己分析をしておくと良いでしょう。

面倒と思っていた自己分析に取り組んだ経験談

私は、自己分析するのが面倒だと思っていました。

しかし、実際に自己分析をしてみたら、履歴書や職務経歴書の作成が、具体的に書きやすくなりました。一度でもしっかり自己分析をしておけば、あとは経験やスキルなどを追加していくだけです。

ちなみに、面接官からの質問も、自己分析で整理した内容からだったので、的確に受け答えができました。

他にも、自分のキャリアを見つめ直せるので、自分が本当にやりたいお仕事を探せると思います。

今日初めて2次面接受けたけど、絶対落ちたわ、、、😭
話してる途中で自分が何言いたいのかわからなくなって沈黙しちゃったし質問に答えられなかった😭
やっぱり自己分析って大事なのね、もっとちゃんとやらなきゃ💦

noa.❤︎@24卒(@Dnk67x8 Nov 29, 2022)

②働きながら転職先を探す

働きながら転職先を探すのがおすすめです。

というのは、収入を維持したまま安定した環境で、お仕事を探せるからです。

加えて、自分の職歴に空白期間ができないのも、大きなメリットと言えます。

このように、働きながら転職先を探す方が、いろいろな面でおすすめです。

20代の頃に先に辞めてしまい後悔した経験談

20代の頃に、転職先を探さずに仕事を辞めてしまった経験があります。

当時は、どうしても我慢ができず先に辞めたのですが、なかなか転職先が決まらず、金銭的に不安を感じる日々を過ごしました。

その経験もあり、仕事を辞めたい気持ちになっても、転職先が確実に決まるまでは働き続けています。

働きながら転職活動するメリットは、主に「無職期間がない」「金銭的な不安が少ない」「時間をかけて転職活動できる」という点。逆にデメリットは「働きながら予定調整が大変」「会社に転職活動がバレると気まずい」という点。デメリットも意外とないから、転職活動は在職中にするのがおすすめ。

Taishi@自分らしい働き方で年収150万増(@usohontodayo Dec 3, 2022)

③ハローワークや転職支援サービスで求人を探す

ハローワークや転職支援サービスで、求人を探してみましょう。

ハローワークでは、仕事に関する相談もできるため、働きながらでもお仕事を探せます。

転職支援サービスでも、アドバイザーのサポートが受けられるため、積極的に活用するのもおすすめです。

例えば、転職支援サービスとしてタウンワーク・派遣会社・インディード・求人ボックス・転職エージェントなどがあります。

上記は、それぞれ扱う求人が違うため、自分に合う転職支援サービスを探してみてください。

20代の頃はハローワークと転職支援サービスで探していた経験談

当時の私は、ハローワークまで足を運び、求人募集を出している企業を探していましたが、お仕事を探すパソコンの利用時間が30分までだったので何度も通っていました。

あの頃は、働きながら通っていたので、十分な転職活動ができていませんでした。そんなこともあり、他にも派遣会社に登録して、お仕事を紹介してもらえる選択肢を増やしました。

実際に派遣会社からの紹介は、働きながらの私には助かる場面が多かったです。

具体的には、自分が希望する職種と場所を伝えるだけで、希望に近い求人を紹介してくれたり、派遣会社側で応募書類を作成してくれたりしてもらえました。

個人的な感想としては、働きながらだとハローワークでも良いのですが、派遣会社なら登録するだけで、自分に合う求人を探してもらえるのでおすすめです。

先程転職エージェントと話したんだけど、釣り求人からの他の求人紹介、次の面談日程確保までの動線がスムーズすぎて感動した。
押しに弱い人はエージェント使うのやめといた方がよさそうですね。

おでん@電池メーカー(@9ZjXdenChij7zF Oct 14, 2022)

まとめ.介護職を辞めても転職活動のやり方次第で高卒でも転職できる

本記事では、介護職を辞めたい高卒が転職する3つのポイントや3つの注意点と、転職活動する3つの方法を解説しました。

介護職から同業種に転職するなら、今の経験年数や資格の有無は重要なポイントになります。転職先が異業種では年代も大きく関係します。

実際に転職先を探すときは、しっかり自己分析をしてから丁寧に応募書類を作成し、働きながら転職活動を有利に進めましょう。

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
介護職辞めたい
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました