記事内にプロモーションが含まれます

介護職が向いていない理由で辞める人は甘え?4つの特徴と試してほしい3つの対処法や経験談も解説

介護職が向いていない理由で辞める人は甘え?4つの特徴と試してほしい3つの対処法や経験談も解説

介護職が向いていない理由で辞める人は甘えですか?

こんなお悩みを抱えていませんか?

介護現場で働いていると、向いていないと思う瞬間がありますよね。

本記事では、介護職が向いていない人の4つの特徴を解説しています。

本記事を読めば、試してほしい3つの対処法や私の経験談も分かるため、最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

介護職が向いていない人の4つの特徴

介護職が向いていない人の4つの特徴

介護職で働いていると、自分に向いていないと感じる場面もあるでしょう。

ここでは、介護職が向いていない人の4つの特徴を解説していきます。

介護職が向いていない人の4つの特徴
  1. 潔癖症がある
  2. 体力がない
  3. 他者と話すのが苦手
  4. 他者と協力するのが苦手

①潔癖症がある

介護現場では、潔癖症が原因で向いていないと思う人も少なくありません。

というのは、介護職の業務に排せつ介助や入浴介助などがあるからです。

ちなみに、見るのも触るのもできない方も、介護職が向いていない可能性はあります。

私も少し潔癖症がある経験談

最初の頃は、見たり触ったりする身体介護に対して少し抵抗がありました

実際に身体介護に慣れるには、何度も繰り返すしかありません。

何度も繰り返すうちに、身体介護が上手にできるようになるため、仕事もきれいな状態で終えられます。

私の場合は時間がかかりましたが、潔癖症でも何度も繰り返すと慣れてくるため、その辺りを意識して続けてみるのも良いと思います。

結局さ、介護=下の世話ってイメージなわけよ。認知症介護の大変さなんて、一般人には想像が付きにくいのよ。募集で人が来ないのは、遣り甲斐云々じゃなくて、その報酬で汚いモンは触れないって世間一般の反応なんじゃないの?俺達ゃ慣れちゃってそんな感覚麻痺してるけどさ。

mojya🚵‍♀TREKファンのサイクリスト(@nphantom Apr 14, 2019)

②体力がない

介護現場では、ある程度の体力が必要なため、向いていないと諦める人もいます。

その理由は、利用者に合わせて移動介助・排せつ介助・入浴介助などで体力を消耗するからです。

とくに、はじめて身体介護をする人は慣れていないため、すぐに汗だくになりバテます。

ちなみに、体力がなくてバテテしまうと、集中力が低下し事故につながる可能性が高くなります。

利用者に体力を使う場面の経験談

中でもきつかったのは、利用者の体重が95キロ近くの移動介助です。

施設内では、手引き歩行で歩行訓練やトイレ誘導、居室まで移動する場面があります。

当時は、施設内で手引き歩行をしていましたが、バランスを崩して一緒に転倒しないか怖かった記憶があります。もちろん気が抜けませんし、身体的だけでなく精神的にも消耗していました。

他にも、入浴で浴槽に浸かってもらうために、身体を支えながら出入りする場面では、かなり神経を使うため体力の消耗も激しかったです。

一見、体力がないと介護職が向いていないと感じますが、続けていたら体力はついてくるため継続することが大切です。

暑くて普通に働いているだけでも疲れる😖💦
入浴介助の時は入居者さんと一緒にお風呂に入ったのかと思うほど汗かくし💦
介護のお仕事は言うまでもなく、体力がないと出来ないね🍀
私よりも遥かに歳上の職員さんで元気に動いている人もいて、本気で凄いと思う。

凪@働きやすい介護施設を皆で作りたい☺️(@tashikanakoto77 Jul 30, 2022)

③他者と話すのが苦手

他者と話すのが苦手な人も、向いていない人の特徴のひとつです。

というのも、介護職の仕事には利用者とのコミュニケーションが必要不可欠だからです。

具体的には、日頃の会話から利用者の身体の調子や悩みを聞いたり、認知症を患っている方にはコミュニケーションを多くとったりします。

ちなみに、他者の中には職員同士のコミュニケーションも含まれるため、連携をとるときに上手くいかず向いていないと感じる人もいます。

他者と話すのが苦手でも問題ない経験談

私の経験上ですが、最初は利用者と上手に話せなくて当然です。

何度も話をして慣れてくれば、利用者の特徴が分かってくるため、自然と話せるようになります。

また、職員同士の会話では無口な人も普通にいるため、気にする必要が全くないのが実情です。

中には、任せられた仕事を黙々とやる職員もいるため、しっかりサポートしながら仕事をやっていれば何も問題はありません。

気を付ける点は、他者と話すのが苦手だとしても、相手から話しかけられたときに、明るい声で返せるようにしていたら良いと思います。

介護職全員に正しい知識と技術があるわけではありません。

みんな悩み、思考錯誤しながら働いています。

周りのスタッフと話す機会があって、
ちゃんとしてるイメージの先輩でも、わからない知らないことがあるって以外な発見。

人付き合い苦手ですが、たまに話してみるのも面白い。

🌃のら@介護夜勤の人(@noranora0259 Oct 6, 2020)

④他者と協力するのが苦手

他者と協力するのが苦手な人も、介護職が向いていない人の特徴です。

なぜなら、自分のコミュニケーション力や仕事の理解度の違いで、些細なミスを繰り返すからです。

例えば、他者から頼まれた仕事を、しっかり情報交換しておけば良いのですが、コミュニケーション不足で失敗します。

実際に、他者と協力する場面でミスをして、介護職が向いていないと感じる人も少なくありません。

他者と協力するのが苦手でもなんとかなった経験談

他者と協力とはいっても、言われた通りにやっているだけでは、上手くいかないこともあります。

というのは、仕事を把握できていないと、何を優先してやるべきか手順も分からないからです。

そういった状況で失敗すると「言われた通りにやったのに」などと、自分が協調性のない人間で仕事が向いていないと勘違いします。

そこで他者と上手く協力する方法ですが、しっかり業務を覚えれば上手くいく可能性が高いです。

業務を覚えれば、次に何をやるべきか分かるようになるため、相手が間違っていたら逆に助けることができるようになります。

よく現場で仕事の進み具合を言われることもありますが、個人差があるため気にする必要はありません。

他者と協力したいけど、焦ってミスをする人もいますよね。

私もそうですが、そういうときこそマイペースに確実に仕事をこなすことが大切です。

誰かと協力して仕事するの、苦手だなー😭

「私〇〇やるんで、みどりさんは□□やってください。」まではいいけれど

「□□、まだできてないの!?」と責められたりするのがつらい💦

それが嫌で施設の介護士はもう2度とやらないと決めた😂

次にやるとしても、訪問介護かな〜

みどり@私らしく生きる(@HSP37212420 Aug 14, 2022)

介護職を辞めたいと思うのは甘えではない

介護職を辞めたいと思うのは甘えではない

介護職を辞めたいと思うのは、甘えではないです。

その理由は、介護現場では身体的にキツい状況も多くあるため、精神的に参ってしまう場面も多いからです。実際にキツい現場を経験した職員が、辞めたいと思うのは当然の反応です。

もし、介護職を辞めたいと思ったら「甘えなのかな?」と思わないようにしましょう。

甘えではないのですが、辞めたいと思ったときの考え方が重要になります。まずは、辞めたいと思った理由を明確にして、改善ができるか考えてみてください。

それでも、どうにもならないのなら退職を考えても良いでしょう。

介護職が向いていないと思う人に試してほしい3つの対処法

介護職が向いていないと思う人に試してほしい3つの対処法

一度でも介護職が向いていないと思ってしまったら、なにをやっても向いていないと思い込む人も少なくありません。

続いては、介護職が向いていないと思う人に、試してほしい3つの対処法を解説していきます。

介護職が向いていない人に試してほしい3つの対処法
  1. 介護職が向いていない内容を書き出す
  2. できることを目標にする
  3. 他者に相談してみる

①介護職が向いていない内容を書き出す

自分の中で、介護職が向いていない内容を紙に書き出してみましょう。

というのは、紙に書き出すことで自分が向いていない内容が明確になり、対処法が見つかる可能性があるからです。

具体的には、レクリエーション、入浴介助、おむつ交換などが挙げられます。

ちなみに、介護職が向いている内容も書いておくと整理がしやすいため、合わせて書き出してみてください。

介護職が向いていないと思ったときに試した経験談

一口に介護と言っても、身体介助やレクリエーションなど、やることがたくさんあります。

私の場合は、歌のレクリエーションが向いていませんでした。

実際に、介護施設内で大勢の利用者の前で歌うのは、なかなかハードルが高いです。

歌の種類では、利用者の世代に合わせた選曲が多いため、知っている曲がないのも理由のひとつです。

最初に取り組んだことは、利用者と私も知っている曲の洗い出しでした。ひとまずは、知っている曲で歌のレクリエーションをやり過ごしていました。

しかし、周りから「いつも一緒やね」言われたため、利用者が知っていそうな軍歌や童謡などを、こそっとひとりで練習して覚えていた記憶があります。

1曲ずつ歌のバリエーションを増やした結果、一週間をローテーションで回せるようになり、気がついたら歌レクが向いていないと思わなくなりました。

②自分ができそうな仕事を目標にする

介護現場で、自分ができそうな仕事を目標にしましょう。

その理由は、自分ができそうな仕事をこなしていくと、自分自身の自信につながるからです。

例えば、手引き歩行が安全にできたり、おむつ交換ができたりなどが挙げられます。

自分ができそうな目標を達成していけば、自分ができる仕事が増えていくため、これまで向いていない仕事だったのが、気がついたら向いている仕事に変わるでしょう。

上記のように、目標を決めて地道に達成を繰り返していけば、自分自身のスキルアップにもつながるため、ぜひ試してみてください。

自分ができそうなことを増やしていった経験談

まずは、できそうな仕事を目標にして、少しずつできる仕事を増やしていく方法がおすすめです。

私の場合は、レクリエーションが向いていないため、誰でも知っていて参加しやすいしりとりから始めました。

しりとりは、やり方次第でいろいろな手法が取れます。

例えば、しりとりを動物に限定したり、昔のエピソードに限定したりして、他にもいろいろな手法に変えられます。

他にも、脳レクや回想療法に近い内容にも、しりとりなら可能なため、レクリエーションの幅を広げることが可能です。

まずは1日も早く慣れる事と、
目先の目標はサ責になる事!
頑張るぞー‼︎

もゆ🖇(@momo_chiro_t Nov 22, 2022)

③他者に相談してみる

介護職が向いていないと感じている人は、家族や知人に相談してみるのも良いでしょう。

というのは、自分では介護職が向いていないと思っていても、周囲の視点から見たら違うかもしれないからです。

もし、自分と周囲の意見が違ったときは、違う内容をしっかり聞いて改善できないか考えてみてください。

他者に介護職が向いていない相談をした経験談

私の経験上、他者に相談しても解決しないことの方が多かったです。

というのも、他者に相談しても、自分で分かっている想定内の回答が返ってくるからです。

とはいっても、解決につながる回答もあるため、相談してみる価値はあります。

ちなみに、他者に相談するときは、内容をできるだけ細かく伝えて、自分の思いなども伝えてみてください。実際に細かく伝えないと、ありきたりな回答が返ってくるため注意が必要です。

【Q&A】介護職が向いていないと思う人のよくある質問

ここでは、介護職が向いていないと思う人からのよくある質問に回答しています。

介護職はどんな人が向いていますか?

他者と話すのが好きな人、お世話が好きな人、心配りや気配りができる人は向いていると言えます。

他にも、明るく接することができる人や楽しく仕事ができる人も、施設にいるだけで明るくなるため向いています。

介護職は若いうちは就かない方がいい?

介護職がやりたい人は、若いうちからでも問題はありません。

ちなみに、若いうちから介護業界で経験を積むとキャリアアップにつながるため、役職にも就きやすくなります。

向いていないと思うけど辞めたら甘え?

介護職が向いていないと感じる人が、仕事を辞めても甘えではありません。

ですが、辞める前に自分が向いていないと思う理由を書き出し、対処法がないか考えてみてください。

まとめ.介護職が向いていなくてもなんとかなる

本記事では、介護職が向いていない理由で辞める人の4つの特徴と、試してほしい3つの対処法や私の経験談も解説しました。

介護職が向いていないと思う人は、まずは自分が向いていない理由を紙に書き出してみてください。次に自分で改善できないか考えることが大切です。

そのままひとりで答えを出さずに、家族や知人にも相談してみてくださいね。

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
介護職辞めたい
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました