記事内にプロモーションが含まれます

初心者向けにWebライターで月1万円を稼ぐ3つの方法や始める準備から応募までを解説

初心者向けにWebライターで月1万円を稼ぐ3つの方法や始める準備から応募までを解説

「Webライターで月1万円を稼ぎたい」

こんなお悩みはありませんか?

初めての方は、Webライターで稼ぐ方法が分からないですよね。

筆者の場合は、Webライターとは?といった感じから始めたので、その気持ちが分かります。

この記事では、初心者向けにWebライターで、月に1万円稼ぐ3つの方法をご紹介しています。

この記事を読むことで、Webライターで月1万円を稼ぐ3つの方法や、Webライターを始める準備から応募まで解説しているため、ぜひ最後までお読みください。

「プロモーション」

Webライターで月1万円を稼ぐ3つの方法

Webライターで月1万円を稼ぐ3つの方法

最初の頃は、案件に応募しても報酬が低いため、月1万円を稼ぐのも楽ではありません。

しかし、これからご紹介する方法を達成していけば、月1万円を稼げます。

それでは、Webライターで月1万円を稼ぐ3つの方法を解説します。

Webライターで月1万円を稼ぐ3つの方法
  1. ライティングスキルを身につける
  2. 文字単価1円以上に応募する
  3. 2,000~3,000文字数の案件に応募する

①ライティングスキルを身につける

Webライターで稼ぐには、ライティングスキルを磨いて、質の良い記事を作ることが重要です。

ライティングスキルを磨くために、おすすめの3つの方法は下記のとおりです。

  • 本で学ぶ
  • スクールで学ぶ
  • 案件の記事添削で学ぶ

上記の中でも、案件の記事添削は実践で学べるため、強くおすすめできます。

②文字単価1円以上に応募する

文字単価とは、記事内の文字に対して設定されている、1文字あたりの単価のことです。

例えば、文字単価1円で2,000文字数の記事を書いた場合、5件の案件を納品すれば月1万円稼げます。

他には、1記事2,000円など記事単位で設定されていることもあります。

気をつける点は、文字単価が1円未満の案件です。どんなに頑張って書いても、文字単価が低ければ稼げません。

③2,000~3,000文字数の案件に応募する

まずは、2,000文字~3,000文字数の案件に応募しましょう。

最初の頃は、2,000文字~3,000文字の記事を書き終えるまで何日もかかります。

しかし、記事を書き続けていると、記事を書き終えるペースが早くなるため、月1万円を稼ぐことも可能になります。

まずは、月の目標を2,000文字の記事なら5記事を、3,000文字の記事なら4記事の納品を目指して書いてみましょう。

Webライターを始める準備をする

Webライターを始める準備をする

続いては、Webライターを始める準備を3つに分けて解説していきます。

Webライターを始める準備をする
  1. パソコンとインターネット環境を揃える
  2. 連絡手段を確保する
  3. クラウドソーシングに登録する

①パソコンとインターネット環境を揃える

Webライターのお仕事を始めるには、パソコンとインターネット環境が必須です。

パソコンから買い揃える人は、ノートパソコンで持ち運びができるタイプがおすすめです。

ノートパソコンなら、好きな場所でお仕事ができます。例えば喫茶店や出張先などが挙げられます。

気を付ける点は、インターネット環境です。その理由はインターネットがつながらないとお仕事ができないからです。

②連絡手段を確保する

パソコンとインターネット環境が整ったら、仕事で使う連絡手段を確保しましょう。

というのは、クライアントから仕事を依頼されたら、定期的に連絡をする必要があるからです。

連絡手段を作っていない人は、クライアントと定期的に連絡が取れるように、下記の5つのアカウントを作成しておくと良いでしょう。

おすすめ5つの連絡手段
  • Chatwork
  • X(Twitter)
  • Slack
  • Skype
  • zoom

③クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、お仕事を依頼する人と依頼を受ける人をつなげるサービスです。

実際にグーグル検索で探すと、いろいろな種類のクラウドソーシングが出てきます。

クラウドソーシングに登録したら、興味を引くようなプロフィールを作っておきましょう。

その理由は、あなたのプロフィールを見てクライアントからオファーがくるからです。一度プロフィールを作成したら、あとはオファーがくるのを待ちましょう。

>>日本最大級クラウドソーシング クラウディア

Webライターのお仕事に応募する2つのポイント

Webライターのお仕事に応募する2つのポイント

ここでは、Webライターのお仕事に応募する、2つのポイントを解説していきます。

Webライターのお仕事に応募する2つのポイント
  1. 「初心者OK」「未経験OK」に応募する
  2. タスク案件も実績になる

①「初心者OK」「未経験OK」に応募する

クラウドソーシングやX(旧Twitter)でお仕事を探すと、「初心者OK」や「未経験者OK」の案件が見つかるため、まずは応募してみましょう。

というのは、「初心者OK」や「未経験者OK」の表示がある案件は、記事の添削が受けられる可能性が高いため、スキルアップが期待できるからです。

他にも、「初心者歓迎」や「ライティングのお仕事」などもあるため、見つけたらチャレンジしてみてください。

最初は、なかなか応募するのも勇気がいりますが、一度でも踏み出せればすぐに慣れます。

②タスク案件も実績になる

クラウドソーシングが紹介している中には、500文字くらいのタスク案件があります。

タスク案件は、アンケートに回答したりや感想を書いたりするお仕事が多いです。

タスク案件が実績になる理由は、クライアントがあなたのプロフィールをみて、タスク案件を積み上げていたら納品している数だけ評価されるからです。

このように、タスク案件も評価されるため、片手間にお仕事を受けるのも良いでしょう。

>>クラウドワークス

まとめ.Webライターで月1万円を稼ごう

今日の記事では、初心者向けにWebライターで月1万円を稼ぐ3つの方法や、準備から応募までを解説しました。

Webライターとして案件に応募するときは、文字単価は1円以上にしましょう。文字単価を下げてしまうと月1万円稼ぐのが難しくなります。

Webライターを始める準備ができたら、「初心者OK」「未経験OK」の案件に応募して月1万円を稼ぎましょう。

探したい内容公式サイト(PR)
Webライターのスクールを探したいwebライターを目指す方や起業を目指す方の「web+ Media School」資料請求
未経験でも頑張れるスクールを探したいあなたのライターキャリア講座
Webライターで高単価の仕事を探したいTVCMで話題のココナラ

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
Webライター転職
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました