記事内にプロモーションが含まれます

【必見】未経験からWebライターを目指す3つのポイントと成功するための3つのルールなども解説

【必見】未経験からWebライターを目指す3つのポイントと成功するための3つのルールなども解説

「未経験からWebライターで成功したい」

こんな興味を持っていませんか?

Webライターで成功したくても、未経験では分からないですよね。

この記事では、未経験からWebライターを目指す3つのポイントや3つのルールを解説しています。

この記事を読めば、Webライターに必要な情報やメリットなども分かるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

「プロモーション」

未経験からWebライターを目指す3つのポイント

未経験からWebライターを目指す3つのポイント

はじめに、未経験からWebライターを目指す、3つのポイントを解説していきます。

未経験からWebライターを目指す3つのポイント
  1. 応募文章を作成する
  2. 複数のクラウドソーシングサイトに登録する
  3. X(旧Twitter)で案件を見つけて応募する

①応募文章を作成する

自分から案件に応募するときは、応募文章が必要になります。

応募文章とは、Webライターの履歴書みたいなものです。

応募文章に書く内容は、おもに経歴やスキル、書けるジャンルなどが挙げられます。

気を付けておきたい点は、応募文章の書き方から見られるため、しっかり確認しながら作り込むことが重要です。

②複数のクラウドソーシングサイトに登録する

未経験からWebライターを目指す人は、複数のクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

というのは、未経験からではWebライターの仕事が来ないため、自分から積極的にアピールする必要があるからです。

そのため、クラウドソーシングサイトのプロフィールは、自分ができる情報を細かく書いておきましょう。

自分ができる情報とは、Webライターとして執筆するときに、自分の経験則から得意なジャンルを書いたり、とくに何もない方は「丁寧」「連絡はすぐに返せます」などの文言をプロフィールに書いておくと、仕事の依頼がくる可能性が高くなります。

③X(旧Twitter)で案件を見つけて応募する

X(旧Twitter)で案件を探してみましょう。

Xには、たくさんのWebライターが活躍しています。

実は、Xで活躍中のWebライターのポストから、案件が見つかる可能性もあります。

まずは、Xで「Webライター 案件」で検索してみてください。

未経験からWebライターで成功するための3つのルール

未経験からWebライターで成功するための3つのルール

続いては、未経験からWebライターで成功するための、3つのルールを解説していきます。

未経験からWebライターで成功するための3つのルール
  1. 定期的に報告・連絡・相談をする
  2. あきらめずに続ける
  3. 同じ修正を繰り返さない

①定期的に報告・連絡・相談をする

クライアントから記事作成の依頼を受けたあとは、定期的に報連相をしましょう。

というのは、クライアントとのコミュニケーションが取れていないと「この人は本当に大丈夫なのだろうか?」と不安にさせてしまい、お仕事がもらえなくなる可能性が高くなるからです。

例えば、納期までに記事が納品できないときは、数日前に報告するところを納期日に報告する場合です。他にはクライアントから連絡で記事の修正依頼を受けたのに、クライアントの要望に沿わない修正をしてしまうケースもあります。

以上を踏まえて、クライアントとのコミュニケーションを定期的にとり、信頼関係を深めることが重要です。

②あきらめずに続ける

Webライターとして、はじめにクラウドソーシングに登録や案件に応募します。

最初の頃は、なかなかオファーが来なかったり、応募しても仕事が受注できなかったりすることが多いです。

他にも、記事作成の依頼を受けて提出しても、何度も修正を依頼される場面も多いため、挫折する人が少なくありません。

このような場面が最初は多いですが、あきらめずに続けることでしっかりした記事が書けるようになるため、仕事が受注できるようになります。

③同じ修正を繰り返さない

記事の修正をコメント付きで依頼されますが、必ずコメントに合わせた修正をします。

その理由は、クライアントが求めている内容だからです。

一例を挙げると、語尾を「です・ます」口調に統一や、文章に指定のキーワードを入れるなどが挙げられます。

上記のように、何度も同じ修正を繰り返してしまうと、依頼が来なくなる可能性が出てきます。逆に、同じ修正をしなくなれば、クライアントの要望に合わせた記事が書けているため、記事の依頼も継続してもらえる可能性は高くなるでしょう。

知っておきたい5つのWebライター情報

知っておきたい5つのWebライター情報

Webライターとは、クライアントから仕事の依頼を受けて、文章を書くお仕事です。

下記に、Webライターについて、5つに分けて解説していきます。

知っておきたい5つのWebライター情報
  1. Webライターの仕事の種類
  2. Webライターに必要なスキル
  3. Webライターの文字単価
  4. Webライターの年収
  5. ディレクターの年収

①Webライターの仕事の種類

Webライターのお仕事には、さまざまなジャンルの記事の執筆、ディレクター、メディア運営、SNS運用などがあります。

未経験からWebライターなら、記事の執筆から始めることになります。

記事の執筆に慣れてきたら、違うジャンルの記事を受注したり、ディレクターを目指したりするのも良いでしょう。

以上のように、Webライターのお仕事は、記事の執筆だけに留まらず、さまざまな種類のお仕事ができるようになります。

②Webライターに必要なスキル

Webライターは、誰が読んでも分かるように記事を書くスキルが求められます。

加えて、画像挿入やリンクの埋め込み、WordPressの操作スキルなども、クライアントによっては必要です。

もっとも重要なのは、コミュニケーションスキルです。

どんなに記事を書くスキルがあっても、クライアントとのコミュニケーションが取れていなければ良い仕事ができません。

③Webライターの文字単価

Webライターの文字単価とは、1文字あたりの金額のことです。

クラウドソーシングでは1円未満の募集が多いですが、クライアントが直接募集をかけているXでは、1円以上が多く見られています。

未経験だからといって、1円未満に応募する必要はなく、むしろ1円以上に応募した方がしっかりとしたWebライターとして成長も見込めます。

④Webライターの年収

Webライターの年収は、文字単価によって大きく変わります。

というのは、1文字1円の5,000文字の記事なら5,000円です。これが1文字2円の5,000文字の記事なら10,000円になり2倍になるからです。

例えば、文字単価1円で月に30本の5,000文字の記事を納品したら、月に15万円になり年収にしたら180万円になります。

慣れてくれば、一日2~3本の記事を納品できるようになる人もいるため、頑張り次第で2~3倍も稼げるようになります。

⑤ディレクターの年収

ディレクターとは、複数人のWebライターを管理している人のことです。

具体的には、Webライターが書いた記事をチェックしたり、納期に間に合うように調整したりします。

そんなディレクターの年収は、Webライターの数倍以上と言われています。

実際に、ディレクターが執筆する機会はほぼないため、100記事以上の納品が可能です。

Webライターになるメリットとデメリット

Webライターになるメリットとデメリット

この章では、Webライターになったら、どんなメリットやデメリットがあるのか解説します。

Webライターになるメリットとデメリット
  1. Webライターになるメリット
  2. Webライターになるデメリット

Webライターになるメリット

Webライターになると、自分のペースでお仕事ができます。

一緒にお仕事をする相手を選べたり、好きな場所で記事を執筆したりできるのも、おおきなメリットです。

例えば、好きな場所なら喫茶店でコーヒーを飲みながら、執筆するのも魅力的ではないでしょうか。

上記以外にも、Webライターは頑張り次第で年収を増やせるところも、将来性を感じる部分でしょう。

Webライターになるデメリット

Webライターは、自分のペースでお仕事ができますが、それが逆に怠けてしまう要因にもなります。

次に納期ですが、クライアントから依頼されるお仕事には納期が設定されているため、時間に追われる場面も少なくありません。

他には、お仕事を受注するために、案件に応募する必要がありますが、最初の頃はなかなか受注できず苦労します。

お仕事を受注できたとしても、その契約が永遠に続くわけではないため、お仕事が切れないように別の案件に応募をすることが重要です。

まとめ.未経験からWebライターにチャレンジしよう

今日の記事では、未経験からWebライターを目指す方に、3つのポイントと成功するための3つのルールなども解説しました。

Webライターになると、案件の応募から記事納品までのスケジュール管理が必要です。クライアントから依頼される記事には納期があるため、間に合うように調整するのも重要です。

一番大切なのは、クライアントとのコミュニケーションで、定期的に取れるように報連相を意識して取り組みましょう。

探したい内容公式サイト(PR)
Webライターのスクールを探したいwebライターを目指す方や起業を目指す方の「web+ Media School」資料請求
未経験でも頑張れるスクールを探したいあなたのライターキャリア講座
未経験からWebライターの仕事を探したいクラウドワークス
Webライターでもっと仕事を探したい日本最大級クラウドソーシング クラウディア
Webライターで高単価の仕事を探したいTVCMで話題のココナラ
この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
Webライター転職
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました