記事内にプロモーションが含まれます

転職活動であっさり内定は逆に不安、内定保留のリスクも解説

転職活動であっさり内定は逆に不安、内定保留のリスクも解説

「あっさり内定取れたけど逆に不安」

「一応、他の企業も探したい」

このように考えている方で、どうするべきか悩んでいませんか?

転職であっさり内定が決まると、逆に不安になりますよね。私もそれが不安で、さらに企業を調べたり他を探したりしていた経験があります。

ただし、内定後のやり方次第で内定が取り消されるケースもあるため、慎重に行動した方が良いでしょう。

本記事では、転職活動であっさり内定を獲得した方に向けて、入社する前にやることと内定しても活動を続ける注意点などを解説していきます。

「プロモーション」

入社する?転職活動であっさり内定を獲得したらやること・再調査

入社する?転職活動であっさり内定を獲得したらやること・再調査

転職活動を始めてみたら、あっさり「内定を獲得できた」というケースもよくある話です。

転職活動中、面接直後に即内定。あっさりしすぎていて少し不安…。転職活動でとある会社に面接に行ったら、履歴書を見て5分程度の面接をした後に即内定。あとは1時間程度社内を見学させてもらった後待遇などについての話がありました。大変嬉しかったのですが、あまりにもあっさりしすぎていて少し不安です。でも個人的にもその会社を気に入っており直感を信じてみようかなと思っています。やっぱりこういう会社は怪しいですか?

しごとのお悩みQ&A

そこで、そのまま入社して大丈夫なのかを、ここで詳しく解説します。

転職活動であっさり内定を獲得したらやること・再調査
  1. 自分に合っている仕事なのか調べる
  2. 企業情報などをもっと詳しく調べる
  3. 企業の評判・口コミを調べる

①自分に合っている仕事なのか調べる

あっさり内定したことで、逆に不安になっている方もいるでしょう。

その理由は、ほんとうに自分に合っている仕事なのか分からなくなっているからです。もちろん企業に対しての不安もあるかもしれません。

そういうときは、自己分析をして自分が一番やりたいことや合っている仕事を考えてみましょう。

そうすれば、内定を承諾し入社するべきか見えてきます。あとは企業に対しての不安は直接聞くのが一番です。

②企業情報などをもっと詳しく調べる

転職活動する方で、面接時にいろいろ聞く人はあまりいません。

なぜかというと、面接では限られた時間の中でやりとりをするため、いろいろ聞くことが難しいからです。

しかし、内定をもらったあとなら入社するまでの期間があるため、気になる点を詳しく聞けます。

以上のように、企業情報を詳しく調べることでミスマッチ防止につながります。

③企業の評判・口コミを調べる

転職で、あっさり内定を獲得してしまうと、自分が選んだ企業に対して不安になりますよね。

というのは、入社して自分のイメージと違ったら困るからです。

そういったミスマッチを防ぐために、企業の評判や口コミを調べますが、なかなか検索しても見つからないことが多いでしょう。

そこで、よく使われている「転職会議」なら、企業内の口コミが見つかるかもしれません。

転職会議は、国内最大級300万件以上の転職口コミ情報があり、会員数700万人以上の方が利用されています。加えて国内最大級17万件以上の求人情報も掲載しているためおすすめできます。

企業分析をする時、色々な手段があり迷う。ポジティブ情報は企業Webサイトや求人票,面接,転職サイト、ネガティブ情報はOpenWorkや転職会議などの口コミサイトを使うといい。良い情報も悪い情報もバランス良く収集。気になる点はエージェントへ確認し分析を進め、求人応募や意思決定に役立てよう。

まつひろ|京大卒 元リクルート(@mocash1211)Sep 20, 2022

転職活動であっさり内定が決まった状況にも注意

転職活動であっさり内定が決まった状況にも注意

転職活動であっさり内定が決まった方は、状況によっては注意が必要です。

続いては、内定が決まった状況別に解説していきます。

転職活動であっさり内定が決まった状況にも注意が必要!
  1. 転職エージェントであっさり内定した場合
  2. 面接中にあっさり内定が確定した場合
  3. 転職1社目であっさり内定を獲得した場合

①転職エージェントであっさり内定した場合

転職で困ったときは、転職エージェントなら内定率も高いため利用する方が多いです。

内定率が高い理由は、シンプルに内定しやすい企業を紹介しているからです。

同時に、そのような企業はすぐに応募者が辞めてしまう可能性もあります。

とはいえ、中には良い企業もあるため、しっかり調べておきましょう。

②面接中にあっさり内定が確定した場合

企業が求める人材であれば、面接中でも内定が確定するケースがあります。

その背景には、面接を通してあなたの人柄やスキルだけでなく、入社したときのポジションが合致している可能性を感じ期待しているからです。

逆に、企業側がとにかく誰でもいいから人材が欲しいケースもあります。

これらを踏まえて、もし面接中で内定が確定したときは、あなたのどこを評価されたのか、どんなやり取りでそうなったのかを考え判断しましょう。ちなみに直接聞いてみるのも有効です。

当たってます。

今の会社の面接中(面接時間20分弱)その場で内定でました。

今年に入って5人退社してます。

私も絶賛就活中です。

もっち(@moeseriSep 17, 2022)

③転職1社目であっさり内定を獲得した場合

転職活動を始めてから、転職1社目であっさり内定をもらう人も少なくありません。

というのは、即戦力が欲しい企業なら即採用もあるからです。

他にも、応募者は面接対策をしてきたり、緊張していたりします。いくら面接しても、実際に働かせて様子を見ないと判断できないからです。

以上のことから、不安を感じて辞退してしまうとチャンスを逃す可能性もあるため、不安に思うことを採用担当者に聞くなどして解消しましょう。

内定もらったら、なんで内定くれたか理由聞くといいと思う。自分の場合は人柄を評価してくれる事が多かったです。既に他に内定者が確定してたのに、自分に内定くれた会社があって、しかも未経験の事務職。能力あっても雰囲気が会社と合って無ければ落ちると思うから自己アピールって大事。

ŧ‹”ŧ‹”(@mogumoguyasero)Feb 16, 2020)

2回の就職で懲りたので、次回は内定後の返事前に職場見学、訪問て自分の上司やメンバーを下見してから判断予定です。逆に今までが安易過ぎました。

一度もあったことない人達とこの後実際に長い時間をともにするわけですから。

職場の雰囲気や人柄、いくつか上司予定に対して質問して見極めます。

.(@senopenFeb 12, 2018)

あっさり内定後に転職活動を続ける3つのポイント・注意点

あっさり内定後に転職活動を続ける3つのポイント・注意点

転職活動では、あっさり内定が決まることもありますが、もっと良い企業を探すために、そのまま活動を続ける方も多いでしょう。

次は、内定後に転職活動を続ける3つのポイントや注意点を解説していきます。

あっさり内定後に転職活動を続ける3つのポイントや注意点
  1. 企業に内定保留を伝えるべき?リスクもある
  2. さらに良い企業を探す
  3. 転職エージェントに相談し計画を立てる

①企業に内定保留を伝えるべき?リスクもある

まずは、他の選考が残っていても、内定を確保することが大切です。

なぜかというと、内定を告げた企業に「他の選考があるから保留したい」と言ってしまうと、せっかくもらった内定が取り消される可能性が高いからです。

それがもし、第一候補だったら取返しがつかないことになります。実際に第一候補を逃してしまい、他の会社に入社した方も少なくありません。

たしかに、中には保留しても問題ない企業があるのも事実です。ただ会話の流れ次第で内定が取り消されるケースもあるため注意が必要です。

まじだー。

内定後に返事保留で待ってもらってたら、待てなかったらしい。

他の人雇ったよ。って言われたー(-。-;

Fumi(@fumimeeAug 27, 2012)

他の内定先にお断りの連絡して、就職活動完全に終わった。

内定貰ったまま、ずっと粘ってて本当に良かった。

東京勤務も確定したので、愛知離れるけど、念願のシティボーイになれる。

ちょー(@5263090_3Nov 14, 2016)

②さらに良い企業を探す

今の内定よりも、さらに良い企業を探したい気持ちもありますよね。

一般的に、内定通知をもらったら約一週間以内に返事をするのが礼儀です。

なぜなら、企業は選考段階から時間を割いて、その中からあなたを選んで内定まで出している状況だからです。

実際に、内定通知をもらってから約一週間以内に他の企業を探すか、内定を保留したうえでもう少し探すか選択することになります。

③転職エージェントに相談し計画を立てる

はじめから、複数の企業に応募して内定を考えている方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントなら、同時期に内定が出るように調整が可能なため、企業側に悪い印象を与えずに済みます。さらに内定保留の対応も任せられるため安心です。

転職エージェントの利用を考えている方は、「ビズリーチ」「リクルート」、この辺りが取り扱っている求人数が多くておすすめです。

ちなみに、転職エージェントはすべて無料で利用できるため、自分に合ったサービスを選べます。

既卒ニートの時アルバイト応募したけど、5社も落ちたて自信喪失

その後書類選考なしで就活できるエージェント利用したら2週間で内定一気に3つ貰えた

バイト探すより正直ハードル低くて早かったので最初から正社員目指して就活した方が吉

利用したのエージェントはプロフでまとめてます

おーたん(@O32LbSep 19, 2022)

Q&A.転職であっさり内定が決まった方からのよくある質問

ここでは、転職であっさり内定が決まった方からの、よくある質問をまとめています。

転職で内定が決まってから入社までの期間は?

一般的に、転職の入社時期は内定後1~3ヶ月以内と言われています。

双方の都合や条件次第では、見送りになるケースも少なくありません。

しっかり、企業側と入社時期を話し合っておくことが大切です。

転職で内定後にやることありますか?

転職で内定をもらったら、遅くても一週間以内には返事をしましょう。

内定に対しては、承諾・辞退・保留のいずれか選択することになります。

ちなみに、承諾するのなら現職の退職日や転職先の入社日を決めることです。

あとは、転職先の企業と雇用契約書を交わし、入社手続きを進めていきます。現職では退職届を提出し、退職する準備をしましょう。

転職の内定後に確認することありますか?

内定後は、ミスマッチを防ぐために、企業の雇用条件や仕事内容を再確認しましょう。

ミスマッチを防ぐために確認する内容
  • 給与額 賞与 各手当て(残業・資格・退職金など)・交通費 など
  • ポジション(役職など) 業務内容 勤務地 勤務形態 勤務時間 有給 など
  • 社会保険 組合加入の有無 など

上記の項目は必ず再確認してください。

上記の項目以外にも、もしあれば確認しておいた方が良いでしょう。

まとめ.転職であっさり内定したら、もっと詳しく企業を調べよう

本記事では、転職であっさり内定を獲得したときにやることや、状況にも注意することを紹介し、内定後に活動を続けるときの注意点も解説しました。

転職であっさり内定を獲得したら、まずは企業情報などを詳しく調べることです。また内定が決まった状況にも注意しましょう。

あっさり内定で不安になっている方は、企業に聞いて不安を解消することも大切です。他の企業も探したい方は、内定を出した企業への返事は、よく考えておかなければなりません。

企業に迷惑をかけずに複数社から内定が欲しい方は、計画的に進めて内定調整ができる転職エージェントの利用がおすすめです。まずは無料相談してみるのも良いでしょう。

関連記事転職1社目で内定が貰えた後に転職活動を続ける理由と確認すること

関連記事転職活動で現職に残る3つの理由や失敗した経験談を詳しく解説

関連記事転職活動で甘い言葉に惑わされやすいポイントとその対処法を解説!

関連記事【初心者必見】転職活動を始めるときの4つのポイントを紹介

関連記事転職活動中につなぎバイトを選ぶ3つのポイントと口コミ情報を紹介

この記事の監修者
yon

現役の介護事業所の管理者兼施設長。介護歴10年以上。経歴はデイサービス兼有料老人ホームで約3年、ケアハウスで約3年、グループホーム約3年半、何もない状態から事業所とシェアハウスを運営。片手間に記事の監修。転職系・介護系の記事も執筆。掲載している記事の一部に筆者の主観や経験が含まれている。

yonをフォローする
「プロモーション」
転職転職活動
yonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました